通話・相談無料 | 平日9:00-18:00
フリーダイヤルマーク
0120-479-033

福岡県中間市の
解体業者が見つかる!
解体業者一覧と補助金情報

利用者累計、登録工事会社数、自治体連携数No1

中間市のおすすめ解体業者一覧

中間市で解体工事を検討している方に向けて、中間市のおすすめ解体業者、解体費用相場、補助金情報をまとめています。
クラッソーネでは、工事会社の比較、工事金額の交渉、工事中の疑問、といった内容でお悩みの際には、無料コンサルティングサービスを利用できるので、気軽にご相談ください。

中間市の解体業者
1件〜10件/22

山一建設株式会社

-
山一建設株式会社のイメージ
山一建設株式会社のイメージ
社名山一建設株式会社
所在地福岡県中間市土手ノ内1-24-3
営業日・時間月~土曜日 09:00~18:00
資本金4,000万円
設立年月日2015年10月05日
従業員数6名

この解体業者の特徴

  • 5,000万円以上の工事経験
  • 5階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 創業30年以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 10年以上無事故
  • 10年以上無違反
  • 翌営業日までに連絡
※工事会社のリストデータは行政から開示された許可情報等を元に作成しています。一括見積サービスに登録していない会社も掲載しています。また情報が最新でない場合もございます。株式会社クラッソーネはこの情報に基づいて生じた損害についての責任を負いません。

中間市の解体費用相場

中間市の解体費用相場を市区町村ごとに坪数別、構造別の坪単価という形で過去クラッソーネで提出された見積書総額の平均相場を基に記載しています。
地域によって価格に差があるため、同一エリアの相場と比較することが大切です。
延床面積木造鉄骨鉄筋コンクリートその他
10坪未満6.1万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪4.6万円 / 坪
10坪台5.8万円 / 坪5.9万円 / 坪-万円 / 坪5.9万円 / 坪
20坪台5.4万円 / 坪6.2万円 / 坪-万円 / 坪5.4万円 / 坪
30坪台4.9万円 / 坪5.3万円 / 坪-万円 / 坪5.6万円 / 坪
40坪台4.7万円 / 坪5.1万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
50坪台4.7万円 / 坪4.2万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
60坪台4.7万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
70坪以上3.7万円 / 坪3.7万円 / 坪-万円 / 坪3.3万円 / 坪

時系列別の坪単価の推移

坪単価
20204.8万円
20214.9万円
20225.2万円

解体費用は「建物本体の解体費用+廃材処分費+諸経費」の3つの費用で構成されます。リサイクルコストの高まりの影響で、近年は廃材処分費が増加傾向です。

中間市の解体費用地域平均相場をシミュレーション

株式会社クラッソーネは、その場で建物の解体費用が計算できる解体費用シミュレーターを提供しています。カーポートやブロック塀などの付帯物の撤去費用も併せて知ることができます。
解体を検討している建物情報を選択すると、解体費用の中間市の地域平均相場がその場でスグにわかります。

2022年国土交通省モデル事業採択

解体費用シミュレーターを使って

【無料】中間市の解体費用相場を調べる

時期未定でも、今後の計画のために解体費用シミュレーターを利用されるお客様が多くいらっしゃいます。

中間市の解体工事事情

総務省発表(2018年:5年更新)の住宅・土地統計調査によると、全住宅ストックに占める「その他空き家」(長期不在・取り壊し予定などの住宅)の数は、
福岡県内で126,000戸、その他空き家率は4.9%(全国平均5.6%)となっています。
今後も増加の一途を辿る傾向にあり、解体工事全体の需要も高まると予想されます。

なお、市町村別の内訳として数の多い市町村は、北九州市(26,200戸)・福岡市(24,800戸)・大牟田市(5,530戸)・久留米市(5,530戸)・飯塚市(4,920戸)で、
率の高い市町村は、築上郡築上町(16.4%)・嘉麻市(15.1%)・京都郡みやこ町(14.5%)・鞍手郡鞍手町(14.1%)・豊前市(13.1%)となっています。

中間市の近隣の解体相場を調べる

中間市の解体補助金情報

中間市老朽危険家屋等解体補助金


市内にある老朽建築物の解体工事を行う場合に、その経費の一部を補助する制度です。

※先着順に受付し予算額に達した時点で受付を終了しますので、申請を希望する場合は必ず事前に相談してください。

補助金額


解体費用の2分の1以内(上限50万円)

対象


対象者


・所有者又は相続人の方

・事前相談をし交付決定を受けた方

・市内業者による解体工事を行う方

(対象にならない方)

・同一の敷地内で既に解体補助を受た方

・市税等に滞納がある方

・同一の建物について、国、県、市又は他団体からの助成等を受た方

・暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員の方

・空家対策の推進に関する特別措置法に基づく命令を受けた方

対象物件


・市が定める「家屋等の老朽度の判定基準」よる各評点の合計が100点を超えるもの

・昭和56年5月31日以前にしゅん工したものであるもの

(昭和56年6月1日以後に増築等を行ったものを含む。)

・木造又は軽量鉄骨造のもの

・共同住宅(アパート等)を除く居住用部分を含む(店舗、事務所、倉庫等が単独の建築物でない)もの

・個人所有のもの

(対象にならない物件)

・建物を故意に破損させたもの

・所有権以外の権利(抵当権等)が設定がなされているもの

・公共事業に伴う移転、建替えその他の補償の対象となっているもの

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。

自治体ホームページはこちら

中間市ブロック塀等撤去費補助金


地震による倒壊の危険性が高いブロック塀などの所有者及び管理者にその撤去費用の一部を補助することにより、災害時における歩行者への危害や緊急車両通行の妨げにならないように通学路や避難経路などの安全性を確保し、震災に強いまちづくりを推進することを目的とする制度です。

対象者


ブロック塀の所有者などで以下の3つの要件を全て満たしている者

1.同一敷地内において、この要綱に基づく補助金の交付を過去に受けたことがないこと

2.市税を滞納していないこと

3.中間市暴力団排除条例第2条第1号の暴力団若しくは同条第2号の暴力団員でない者又はこれらと密接な関係を有しない者であること

対象工事


市内にあるブロック塀など(補強コンクリートブロック造、組積造の塀)で、次の要件を全て満たすものであること(他の制度による補助金を受けるものを除く)

・道路に面するもの

・高さが1メートル以上のもの

・市の危険度診断を受け、ブロック塀等の診断カルテで40点未満のもの

ただし、ブロック塀などの一部を撤去する場合は、加えて次の3つの要件を満たす必要があります。

1.工事後に診断カルテで70点以上となるもの

2.工事後に高さが1.2メートル以下となるもの

3.建築基準法第42条に規定する道路内に存しないもの

補助金額


補助金の額は、補助対象経費の額の3分の2、または上限額16万円のいずれか低い額とする。ただし、補助金の額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てるものとします。

また、土留め部分、門柱、フェンスなどは補助対象外経費です。

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。

自治体ホームページはこちら

中古住宅購入後に解体し新築するための補助金制度


市外に居住する子育て世帯や若年世帯が移住・定住を目的に中間市空き家バンクに登録されている中古住宅(空き家バンク物件)購入後に解体し新築するための費用に対して助成する制度です。

※先着順に受付し予算額に達した時点で受付を終了しますので、申請を希望する場合は必ず事前に相談してください。

補助金額


空き家バンク物件購入後に解体し新築するための費用に対する補助金・・・150万円

※新築住宅に対し1回が限度です。

対象となる物件


・床面積が50平方メートル以上でその2分の1以上が居住用の新築住宅

対象とならない物件


・市内にすでに所有している住宅を買替えたとき。

・別荘などの取得であるとき。

・相続や贈与による住宅の取得であるとき。

・公共工事に伴う住宅移転補償による住宅や住宅用地の取得であるとき。

・市長が適当でないと認めたとき。

対象者の主な要件


・空き家バンク物件購入時において、中間市外に居住していること。

・自らが居住するために空き家バンク物件を購入後に解体及び新築し、購入後2年以内に新築住宅に居住すること。

・住民基本台帳上、転入日において中学生以下の子ども(2親等以内)が同居する世帯、または夫婦の合計年齢が80歳未満である世帯であること。

・前住所地、または住所地において市税の滞納がないこと。

・原則として、自治会に加入していること。

・国や県、市などから他の助成を受けていないこと。

・転入日から10年以上居住すること。

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。

自治体ホームページはこちら

中間市がけ地近接等危険住宅移転事業


がけ崩れなどの危険がある区域(がけ地近接等危険区域)内にある既存の住宅(危険住宅)を除去し、安全な場所へ移転(新築、購入等)する人に、国、県及び市が一体となって移転費用の補助を行う事業です。

補助対象となる「がけ地近接等危険区域」「危険住宅」


次のいずれかに該当する区域に建つ既存の住宅(危険住宅)等が補助対象となります。

※詳しくは自治体のホームページをご覧ください。

自治体ホームページはこちら

補助金交付対象者


補助金交付対象者は、次に掲げる全ての要件を満たすことが必要です。

1.市内に存する危険住宅の所有者等であること

2.代替住宅建設等事業にあっては、移転先が市内であること。

3.補助対象住宅の所有者等が、市税等を滞納していないこと

4.補助対象住宅の所有者等が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)でないこと。

5.補助対象住宅の所有者等が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団又は暴力団員と密接な関係を有する者でないこと。

6.危険住宅について複数の共有者又は相続人がいる場合、共有者又は相続人全員から補助金の交付の対象となる事業についての同意を得ていること。

補助対象事業


危険住宅除却等事業


・対象住宅:市内の居住者がいる危険住宅

・対象経費:危険住宅の除却に要する撤去費、動産移転費、仮住居費等に要する経費

・補助金額の上限:1戸当たり80万2,000円

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。

自治体ホームページはこちら

※上記情報は、最新情報でない場合があります。最新情報は、自治体ホームページか各補助金の担当課にお問い合わせください。
これから解体工事を検討している方必読!失敗しない解体工事完全ガイド無料プレゼント!
クラッソーネ 安心保証パック

国内最大級

サービス利用者14万名以上
登録解体業者2,000社以上
顧客満足度96.5%, 平均費用削減率18.6%, 工事契約実績15,000件

※各数値等の定義についてはをご覧ください。

各数値等の定義について

登録工事会社:2,000社

2024年6月1日時点

サービス利用者:140,000名以上

2024年6月1日時点

満足度:96.5%

完工お客様満足度アンケート(自社調べ)回答実績データより2023年9月末時点

平均費用削減額:18.6%

契約実績データより(自社調べ)2023年3月末時点

その他

空き家対策モデル事業採択実績、自治体締結実績豊富

よくある質問
解体工事でよくあるQ&Aをまとめています。是非参考にしてください。
中間市でおすすめの解体業者はどこですか?

中間市のおすすめ解体業者をクラッソーネ独自の基準で順番に掲載していますので、こちらから解体業者一覧をご確認ください。から解体業者一覧をご確認ください。

中間市の解体費用の相場はどれぐらいですか?

中間市の解体費用相場を坪数別、構造別の坪単価という形で過去クラッソーネで提出された見積書総額の平均相場を基に記載しています。から解体費用相場をご確認ください。

中間市の解体工事で補助金は使えますか?

中間市での解体工事の際に利用できる補助金情報をまとめていますので、から補助金情報をご確認ください。

これから解体工事を検討している方必読!失敗しない解体工事完全ガイド無料プレゼント!
クラッソーネ 安心保証パック

福岡県内の市区町村を選択