優良な解体業者を比較し最安値を実現!福岡市の
おすすめ解体業者一覧!
費用相場と補助金情報も解説

【見積無料】工事会社からの営業電話なし

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

福岡市のおすすめ解体業者一覧

福岡市で解体工事を検討している方に向けて、福岡市のおすすめの解体業者、解体費用相場、補助金情報をまとめています。クラッソーネでは、工事会社の比較、工事金額の交渉、工事中の疑問、といった内容でお悩みの際には、無料コンサルティングサービスを利用できるので、気軽にご相談ください。

福岡市の解体業者
1件〜10件/499

株式会社オクイチ

口コミ評価
4.7
株式会社オクイチのイメージ
株式会社オクイチのイメージ
株式会社オクイチのイメージ
所在地福岡県福岡市南区野多目5丁目9-17
営業日月~土曜日・8:30~17:30
電話番号092-551-8262

この解体業者の特徴

  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 従業員10人以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 翌営業日までに連絡

株式会社丸井

口コミ評価
4.6
株式会社丸井のイメージ
所在地福岡県福岡市南区西長住2-16-5
営業日月~土曜日 8:00~
電話番号0924049837

この解体業者の特徴

  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 創業10年以上
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 10年以上無事故
  • 10年以上無違反

金泰商事株式会社

口コミ評価
3.8
金泰商事株式会社のイメージ
金泰商事株式会社のイメージ
金泰商事株式会社のイメージ
所在地福岡県福岡市博多区博多駅南6-10-21-1F
営業日月~土曜 9:00~18:00
電話番号092-516-3660

この解体業者の特徴

  • 工事前の近隣挨拶
  • クレジットカードOK
  • ローン対応
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 5年以上無事故
  • 翌営業日までに連絡

株式会社こうへい重機解体

口コミ評価
3.5
株式会社こうへい重機解体のイメージ
株式会社こうへい重機解体のイメージ
所在地福岡県福岡市早良区田村6丁目16番34-201号
営業日月~金 9時~19時
電話番号090-6634-8005

この解体業者の特徴

  • 工事前の近隣挨拶
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 翌営業日までに連絡

株式会社IABOLE(福岡支店)

口コミ評価
3.1
株式会社IABOLE(福岡支店)のイメージ
株式会社IABOLE(福岡支店)のイメージ
所在地福岡県福岡市中央区渡辺通1-1-1-213
営業日月~日曜日 8:00~18:00
電話番号0958434205

この解体業者の特徴

  • 5,000万円以上の工事経験
  • 5階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 従業員10人以上
  • 創業10年以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 10年以上無事故
  • 10年以上無違反
  • 翌営業日までに連絡

有限会社エムケイ・コーポレーション

口コミ評価
3.3
有限会社エムケイ・コーポレーションのイメージ
有限会社エムケイ・コーポレーションのイメージ
所在地福岡県福岡市城南区東油山6-19-7
営業日月~土曜日 9:00~18:00
電話番号0928748890

この解体業者の特徴

  • 5階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 創業10年以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 10年以上無事故
  • 10年以上無違反
  • 翌営業日までに連絡

株式会社西興

口コミ評価
-
株式会社西興のイメージ
株式会社西興のイメージ
株式会社西興のイメージ
所在地福岡県福岡市博多区奈良屋町14-3
営業日月~土 8時~17時半
電話番号092-291-4842

この解体業者の特徴

  • 1億円以上の工事経験
  • 10階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 中間処理場保有
  • 従業員30人以上
  • 創業30年以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 10年以上無違反
  • 翌営業日までに連絡

株式会社JR九州エンジニアリング

口コミ評価
-
株式会社JR九州エンジニアリングのイメージ
所在地福岡県福岡市博多区冷泉町4-17
電話番号092-472-2726

株式会社正興

口コミ評価
-
株式会社正興のイメージ
所在地福岡県福岡市博多区立花寺大浦263-3
電話番号092-504-8878

Y.G.Yライフマネージメント

口コミ評価
-
Y.G.Yライフマネージメントのイメージ
所在地福岡県福岡市博多区美野島2-11-22
電話番号092-210-0044
※工事会社のリストデータは行政から開示された許可情報等を元に作成しています。一括見積サービスに登録していない会社も掲載しています。

福岡市の解体費用相場

福岡市の解体費用相場を市区町村ごとに坪数別、構造別の坪単価という形で過去クラッソーネで提出された見積書総額の平均相場を基に記載しています。
地域によって価格に差があるため、同一エリアの相場と比較することが大切です。
延床面積木造鉄骨鉄筋コンクリートその他
10坪未満6.1万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪4.6万円 / 坪
10坪台5.8万円 / 坪5.9万円 / 坪-万円 / 坪5.9万円 / 坪
20坪台5.4万円 / 坪6.2万円 / 坪-万円 / 坪5.4万円 / 坪
30坪台4.9万円 / 坪5.3万円 / 坪-万円 / 坪5.6万円 / 坪
40坪台4.7万円 / 坪5.1万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
50坪台4.7万円 / 坪4.2万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
60坪台4.7万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
70坪以上3.7万円 / 坪3.7万円 / 坪-万円 / 坪3.3万円 / 坪

福岡市の解体工事事情

総務省発表(2018年:5年更新)の住宅・土地統計調査によると、全住宅ストックに占める「その他空き家」(長期不在・取り壊し予定などの住宅)の数は、
福岡県内で126,000戸、その他空き家率は4.9%(全国平均5.6%)となっています。
今後も増加の一途を辿る傾向にあり、解体工事全体の需要も高まると予想されます。

なお、市町村別の内訳として数の多い市町村は、北九州市(26,200戸)・福岡市(24,800戸)・大牟田市(5,530戸)・久留米市(5,530戸)・飯塚市(4,920戸)で、
率の高い市町村は、築上郡築上町(16.4%)・嘉麻市(15.1%)・京都郡みやこ町(14.5%)・鞍手郡鞍手町(14.1%)・豊前市(13.1%)となっています。

福岡市の近隣の解体相場を調べる

福岡市の解体補助金情報

ブロック塀等除却費補助事業

福岡市は道路に面している危険なブロック塀等の除却費用の一部を助成する事業を実施しています。
※事前に必ず下記の問い合わせ先までご相談ください。

対象となるブロック塀等

下記1~3の、道路に面して設けられているブロック塀等が対象です。
1.高さが2.2mを超えるコンクリートブロック塀
2.高さが1.2mを超えるコンクリートブロック塀で、控え壁が有効に設けられていないもの
3.概ね高さ1m以上のブロック塀で、調査により著しいひび割れ又は傾きが認められ、特に危険な状態にあるもの
なお、ブロック塀等とは、コンクリートブロック造、石造、れんが造その他組積造による塀(フェンスなどとの混用の場合も含む)です。

補助内容

除却するブロック塀等の長さに5,000円を乗じた額と、除却に要する費用(見積もり)の2分の1に相当する額を比較し、どちらか低い額を助成します。ただし、1件あたり15万円が上限となります。
※補助金交付前に着工された工事は対象外となりますのでご注意ください。

対象者

ブロック塀等の所有者または管理者で除却工事を行う者

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。
自治体ホームページはこちら

木造戸建住宅の耐震建替費補助事業

概要

耐震診断の結果「倒壊する可能性が高い」と判定された木造戸建住宅の耐震改修工事に代わり建替工事を行う方に対し、その建替費用の一部を助成します。
※事前に必ず下記の問い合わせ先までご相談下さい。

対象となる住宅

補助対象住宅は、対象の住宅が次のすべての条件を満たす必要があります。
(1・2は既存建物、3は新築建物、4は共通)
1.昭和56年5月31日以前に建築確認を得て着工した、2階建て以下の木造戸建住宅
2.耐震診断の結果「倒壊する可能性が高い」と判定された(上部構造評点0.7未満)もの
3.「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(改正含む)」に規定する基準を満たすこと。
4.「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(改正含む)」に規定する「土砂災害特別警戒区域」内に存しないこと。

※令和4年度より「対象の住宅」について要件が追加されています。
※補助金の申請を行うためには,既存の住宅の耐震診断を実施する必要があります。事前にご相談下さい。
※既に工事を開始・完了した場合や、耐震診断の内容が不充分な場合は、この事業の対象となりませんのでご注意下さい。

補助内容

助成金額は、1戸につき20万円です。(ただし、一定の要件を満たす場合、30万円を上限として加算有り。)

対象者

既存の住宅1棟すべてを解体し、当該地において新築を行う者。

申請期日

解体工事着工の概ね1ヶ月前まで
※予算には限りがあります。工程を決定する前に必ずご相談ください。

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。
自治体ホームページはこちら

福岡市民間建築物吹付けアスベスト除去等対策事業のご案内

アスベストが原因と見られる健康被害が大きな社会問題になっていることから、福岡市では、アスベストの飛散による市民の健康被害を予防し、良好な生活環境の保全を図ることを目的に、民間建築物の所有者等が行うアスベストの分析調査及び除去等工事にかかる費用を補助するものです。

補助対象建築物

・当該建築物の除却の予定のないこと。
・建築基準法が適用される増改築等の予定のないこと。

除去等事業

・多数の人が利用する建築物(多数の人が共同で利用する部分で、附属の機械室等を含む)
※例えば、店舗、事務所、共同住宅(共用部分に限る)、駐車場などの建物です。

補助対象者

・補助対象建築物の所有者又は共同住宅(分譲マンション等)の管理組合などの代表者
・分析調査事業及びアスベスト除去等事業に関し、他の補助金等を受けていないこと。
・市税の滞納がないこと。
・大規模の事業者でないこと。(中小企業基本法第2条第1項第1号から第4号に定められている、資本金の額又は出資の総額及び常時使用する従業員の数を超えてその事業を営むものとする。)

助対象事業と補助金額

除去等事業

・アスベストを含む吹付け材(綿状で露出したもの)の除去、封じ込め、囲い込みの措置を行う工事であり、建築物石綿含有建材調査者が関与した作業計画に基づき実施する工事を補助対象とします。
・除去等工事に要する費用の3分の2以内の額で下表限度額以内。ただし、分析調査事業で補助金を受けた場合は、その金額を控除します。

補助限度額別対象一覧
【指定建築物】
・除去工事:300万円
・封じ込め工事、囲い込み工事:120万円

【上記以外の建築物】
・除去工事、封じ込め工事、囲い込み工事:120万円

※指定建築物とは、福岡市建築基準法施行条例第6条の2第1項別表第1の対象区域内(警固断層に着目した建築物の耐震対策)に存する延べ面積が1,000平米以上の建築物。
※アスベストを含む吹付け材とは、「吹付けアスベスト」又は「アスベスト含有ロックウール」でアスベスト含有率が0.1重量%を超えて含有しているものをいいます。
※除去とは、アスベストを含有した建築材料を除去することをいいます。
※封じ込めとは、飛散防止剤を用いてアスベストが含有した建築材料を被覆し、又は含有したアスベストを建築材料に固着させることをいいます。
※囲い込みとは、アスベストが含有した建築材料を板等のアスベストを透過しない材料で、囲い込むことをいいます。

申請期限

令和4年度事業:2022年11月25日(金曜日)まで
※申請期限に関わらず、予算がなくなり次第終了となります。
※申請期限以降も、翌年度事業に向けた事前相談は随時受付けています。

注意事項等

・補助申請にあたっては、補助対象要件等の確認のため事前相談を行っていただきます。
※ご相談の際は、竣工年、階数、構造、吹付け材の商品名などをお伝えください。
・補助金交付決定前に、調査や工事またはその契約を行ったものについては、補助の対象とはなりません。
・補助金交付申請は、「建築敷地」単位とし、同一敷地内での申請は、分析調査事業、除去等事業それぞれ1回のみとなります。
・除去等については、関係法令による届出や、耐火性能回復工事など関係法令は遵守してください。
・予算が無くなり次第、申請を締め切りいたします。

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。
自治体ホームページはこちら

国内最大級

月間サイト訪問者20万ユーザー
登録解体業者1500以上
顧客満足度96.7%, 平均費用削減率18.4%, 工事契約実績10000件

※各数値等の定義についてはをご覧ください。

各数値等の定義について

月間サイト訪問者数20万ユーザー

当ウェブサイトの2020年7月の月間ユニークブラウザー数

顧客満足度96.7%

自社アンケート調査結果(2020年4月~7月)にて、アンケート内容の【「クラッソーネ」を利用した満足度はいかがでしたか?】が「満足」及び「やや満足」の割合

平均費用削減率18.4%

クラッソーネで2件以上見積もりを取得し税込100万円以上の契約をした方の提出された見積もりの平均額との差分

工事契約実績

「クラッソーネ」及び前身となる解体一括見積サービスの合計

登録工事会社1,500社

2021年9月末時点の値

国交省分科会にて紹介

2020年6月26日開催の国土交通省社会資本整備審議会住宅宅地分科会にて、AIを活用したマッチングサービスとして分科会資料に掲載

よくある質問
解体工事でよくあるQ&Aをまとめています。是非参考にしてください。
一般的な解体費用の相場はどれぐらいですか?

解体費用は「建物の種類」や「建物の状態」「立地条件」などで大きく異なります。
実際に見積もりをしてみないと性格な解体費用は算出することが出来ません。
詳しくは「家の解体費用相場はどのくらいかかる?費用相場と実際の解体事例を徹底解説」を参照してください。

解体工事を行う際に補助金は受けられますか?

老朽化した建物により街の環境や生活環境に悪影響が出ないようにするため、解体工事を推進する目的で補助金の精度が設けられています。
そして、解体工事の補助金制度を運営しているのは国ではなく地上自治体です。
実際に自分の住んでいる地域の補助金の内容が気なる方は、「地域別の解体工事補助金情報を見る」を参照してください。

木造住宅の解体工事の費用はどれぐらいかかりますか?

一般的な木造住宅なら総額100万~130万程度の解体費用がかかります。
しかし、木造住宅においても解体費用は「建物の種類」や「建物の状態」「立地条件」などで大きく異なります。
実際に見積もりをしてみないと性格な解体費用は算出することが出来ません。
詳しくは「木造二階建ての解体費用を解説!内訳や安くするコツ、注意点など」を参照してください。

解体工事の流れを教えてください

解体業者の工事の空き状況のによってはすぐに工事に入れない可能性がありますので、解体工事を完了されたい3~4か月前には見積もり依頼を済ませるようにする事がベストです。
詳しくは「解体工事のプロセス」を参照してください

すぐわかる!クラッソーネ資料セット無料プレゼント解体工事のお悩み解決!無料!ウェビナー動画公開中!

福岡県内の市区町村を選択