内装解体・原状回復の解体工費用相場

追加工事

  • 養生シート 約800円/㎡ 30坪木造 約15万円
  • ブロック塀 約5万円~10万円(外周境界部分 5段×15M程度)
  • 重機回送費用 約5万円
  • 諸経費 約10万円
  • 土間コンクリート斫 約5万円~10万円(車2台及び玄関アプローチ・犬走部分)
  • 樹木 約5万円~10万円(敷地内数本)
  • 浄化槽・井戸撤去 各約5万円
  • カーポート撤去 約5万円

※上記は立地環境により大きく異なりますので、あくまでも目安金額でございます。

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

内装解体・原状回復費用の内訳

解体業者各社によって見積書の書式は異なりますが、解体費用の内訳は下記の通りに分類できます。ここでは、飲食店やオフィスの内装解体費用の内訳を、順を追って見ていきたいと思います。

内装の解体費用

内装材を取り壊す費用のことを指します。

延床面積で計上され、解体する範囲が大きければ大きいほど金額は上がります。

単価は各解体業者(解体工事会社)によって表記の違いはありますが、平米数(㎡)か坪数で金額が記載されています。単位が違うので、見比べる際は注意しましょう。

廃棄物処理費用

産業廃棄物の処分にかかる費用を指します。家の解体によって出た大量の木くず・金属くず・石膏ボード・瓦礫などの廃棄物を中間処理施設で処分するためのコストで、解体費用のうち4割程度を占める項目です。

付帯工事費用

解体に付随する様々な工事費用です。看板や外部照明の撤去も付帯工事に含まれます。入居時に天井を抜いて空間を作っていた場合には、入居前のように天井を貼る工事も必要になります。

什器・家具・備品の処分費

店舗の場合、ショーケースや製麺機といった什器や、机やいすなどの家具を処分する費用が発生します。

リサイクル家電の処分費

家電製品の内、家電リサイクル法で定められた下記4品目の処分で発生する費用を指します。それぞれのリサイクル料と運搬費用で金額が異なります。

エアコン

テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)

冷蔵庫・冷凍庫

洗濯機・衣類乾燥機

諸費用

解体費用、付帯工事費用以外で発生する費用を指します。書類作成などの事務費用や、重機回送費、工事中車両を止めるための借地料、諸経費など様々です。

申請費用(届出費用)

解体工事に必要な届け出の書類を準備する書類作成の費用のことを指します。

道路にダンプカーを駐車する場合の道路使用許可申請や、アスベスト除去の届出が挙げられます。

物件別の解体費用相場と坪単価

同じ内装解体であっても、物件の種類によって相場は異なります。ここでは物件別の相場金額を見ていきましょう。

飲食店(居酒屋、レストラン、ラーメン店)の内装解体費用相場

1坪当たり15,000円〜40,000円が相場です。

内装材の撤去に加え、排気ダクトや厨房機器の撤去が発生します。個室、小上がり、造作家具、といった撤去物が多いと、その分割高になります。

美容院やエステの内装解体費用相場

1坪当たり15,000円〜30,000円が相場です。

内装材の撤去に加え、ショーケースや洗面台などの撤去も必要です。間仕切りや造作が多いと割高になるのは共通です。

オフィスビルや雑居ビルの内装解体費用相場

1坪当たり15,000円〜30,000円が相場です。

高層階に位置する物件で、エレベーターが無く搬出が難しい場合には、更に費用は割高になります。また、天井を抜いて開放的な空間を作っていた場合には、別途原状復帰の費用が必要です。

マンションのスケルトン解体の相場

1坪当たり15,000円〜30,000円程度が相場です。

部屋の階数やエレベーターの有無によって廃棄物の搬出のしやすさで、費用は変動します。また、コンクリートの躯体を多少でも削る場合には、マンション管理組合の同意が必要な場合が有ります。

内装解体・原状回復費用の見積もり実例

相場は先ほど紹介しましたが、実際の見積金額もいくつかご紹介します。

飲食店の原状回復工事の見積もり実例

12.6坪の飲食店(居酒屋)の原状回復工事です。

内装材の撤去や造作物の撤去に加え、家具の処分等も発生しています。

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
建物種類飲食店の原状回復工事
坪数12.6坪
階層0階建

解体費用:324,074円(税抜)

品名数量単位単価金額
衛生器具撤去・処分1.04,0004,000
カウンター撤去・処分2.14,5009,450
天井ボード撤去・処分(下地共)41.61,60066,560
内張壁間仕切壁ボード撤去・処分(下地共)70.41,600112,640
出入口壁・ガラス扉撤去・処分10.33,80039,140
床クッションフロアー撤去・処分30.02,00060,000
諸経費1.010,00010,000
内部家財、ソファー、木製机、椅子処分1.030,00030,000
値引1.0--7,716-7,716
総合計金額:324,074(税抜)

衣料品店の内装解体工事の見積もり実例

101.2坪の衣料品店の内装解体工事です。

壁・床・造作など広範囲の解体工事ですが、間仕切りが少ない影響で、面積の割に安価になっています。

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
建物種類内装解体・原状回復
坪数101.2坪
階層1階建

解体費用:1,960,000円(税抜)

品名数量単位単価金額
仮設間仕切り W=65165.72,600430,820
化粧石膏ボード貼り t=9.5 目貼共165.72,100347,970
アルミ引違戸(鍵付き) 色:ホワイト W1800×18002.0ヶ所65,000130,000
天井穴埋め等補修1.030,00030,000
値引き1.0--78,790-78,790
床撤去工事 長尺シート・Pタイル撤去 運搬処分費共334.61,000334,600
床撤去工事 接着剤撤去 運搬処分費共334.6500167,300
壁撤去 クロス撤去 運搬処分費共155.8800124,640
壁造作物撤去 運搬処分費共1.0150,000150,000
柱クロス撤去(7本) 運搬処分費共110.680088,480
試着室撤去 運搬処分費共1.035,00035,000
内部残存物撤去 運搬処分費共18.02,00036,000
店内小運搬1.0100,000100,000
仮設間仕切り撤去 運搬処分費共1.0200,000200,000
諸経費1.040,00040,000
値引き1.0--176,020-176,020
総合計金額:1,960,000(税抜)

マンションのスケルトン解体の見積もり実例

専有面積が14.8坪のマンションの一室をスケルトン解体した際の見積もり実例です。

1坪当たり3万円強という単価になっています。

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
建物種類マンションスケルトン解体
坪数14.8坪
階層2階建

解体費用:495,000円(税抜)

品名数量単位単価金額
リビングルーム30.04,000120,000
ダイニングキッチン19.05,00095,000
階段1.070,00070,000
トイレ1.030,00030,000
浴室・洗面1.070,00070,000
玄関1.060,00060,000
諸経費1.050,00050,000
総合計金額:495,000(税抜)

備考:住宅内装解体

内装解体・原状回復の解体費用を抑えるポイント

高額な解体費用を少しでも抑えるためには、いくつかのポイントが有ります。ここでは、費用を安くするための秘訣をご紹介します。

什器や設備はなるべく買い取ってもらう

オフィスや飲食店の什器は、中古物品の買取再販をしている専門のリサイクルショップに依頼をすれば、買い取ってもらうことが可能です。解体工事会社に撤去を依頼すると廃棄物処理費用が発生する物であっても、買取によって資金の足しにすることが可能です。

内装解体が得意な工事会社に依頼する

解体工事会社と言っても、内装解体が得意な会社とそうでない会社が存在します。得意な会社であれば、段取りが良く、短工期で工事を終えることができ、コストダウンにもつながりやすいです。

複数の会社から相見積もりを取る

各社が価格競争をすることによって、安価な金額で見積もりが提出されることが期待できます。「くらそうね」では、会社情報や口コミを見ながら候補を比較し、最大10社まで相見積もりを取ることができます。「くらそうね」のフォームに工事情報を入力すると、価格予測AIが地域の工事会社全社の予想金額を瞬時に計算し、一覧表示を行います。お近くの工事会社の金額を知りたいだけという方でもお気軽にご利用ください。

くらそうねを利用しよう

解体費用を削減するために複数社の相見積もりが効果的だということはお伝えしましたが、相見積もりをスムーズに実現できる「くらそうね一括見積もりサービス」をご紹介します。

くらそうねとは?

くらそうねは、解体工事会社の見積もりを簡単に比較できるサービスです。その場で瞬時に地域最安値の会社や評判の良い会社が見つかり、最大10社に対して一括見積もり依頼を行うことができます。解体工事を本業とする会社の価格競争により、解体費用の削減が実現できます。

ご利用は完全無料!是非ご活用ください!

くらそうねのご利用は完全無料。工事会社に支払う工事費用以外にお金はかかりません。工事会社からいきなり営業電話がかかってくることもありませんので、ぜひ安心してサービスをご活用ください。

相場より安い費用で工事する3つのポイント

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

3つの条件を満たす
地元で最安値の業者を探す

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00