解体工事から始まる豊かな暮らし クラッソーネ

優良な解体業者を比較し最安値を実現!横浜市の
おすすめ解体業者一覧!
費用相場と補助金情報も解説

横浜市のおすすめ解体業者一覧

横浜市で解体工事を検討している方に向けて、横浜市のおすすめの解体業者、解体費用相場、補助金情報をまとめています。クラッソーネでは、工事会社の比較、工事金額の交渉、工事中の疑問、といった内容でお悩みの際には、無料コンサルティングサービスを利用できるので、気軽にご相談ください。

横浜市の解体工事会社
1件〜10件/747

シアル解体株式会社

口コミ評価
4.6
シアル解体株式会社のイメージ
シアル解体株式会社のイメージ
シアル解体株式会社のイメージ
所在地神奈川県横浜市戸塚区川上町862ー1
営業日月~土 9:00~18:00
電話番号045-299-6737

クラッソーネからのコメント

クラッソーネの登録工事会社の中でも、このエリアで最も多くのお客様から選ばれている工事会社様です。人気の理由は、丁寧かつ迅速な対応です。経験豊富な営業が、初めて解体工事を行うお客様にわかりやすくご納得いただけるまでご説明し、お客様に寄り添った対応で解体工事前のご不安を全て解消いたします。お客様の満足度も非常に高いシアル解体株式会社様へ、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

この解体工事会社の特徴

  • 5階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 翌営業日までに連絡

三共工業有限会社

口コミ評価
4.7
三共工業有限会社のイメージ
三共工業有限会社のイメージ
三共工業有限会社のイメージ
所在地神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境21大岡ビル306
営業日月~土曜日 09:00~19:00
電話番号045-461-9851

この解体工事会社の特徴

  • 5階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 従業員10人以上
  • 創業10年以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 10年以上無事故
  • 10年以上無違反
  • 翌営業日までに連絡

株式会社イースター

口コミ評価
4.7
株式会社イースターのイメージ
株式会社イースターのイメージ
株式会社イースターのイメージ
所在地神奈川県横浜市鶴見区梶山2-28-8
営業日月~土曜日 8:00~18:00
電話番号0455847712

この解体工事会社の特徴

  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 従業員10人以上
  • 創業30年以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 10年以上無事故
  • 10年以上無違反
  • 翌営業日までに連絡

株式会社ウィーゴ

口コミ評価
4.5
株式会社ウィーゴのイメージ
株式会社ウィーゴのイメージ
株式会社ウィーゴのイメージ
所在地神奈川県横浜市瀬谷区上瀬谷町34-5
営業日月~土曜 9:00~18:00
電話番号045-922-1115

この解体工事会社の特徴

  • 5階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 翌営業日までに連絡

株式会社ウッドアップ

口コミ評価
4.3
株式会社ウッドアップのイメージ
所在地神奈川県横浜市旭区三反田町字長谷戸86番地1
営業日月~土曜日 08:00~17:00
電話番号045-459-5179

この解体工事会社の特徴

  • 5階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 従業員10人以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 不用品撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 翌営業日までに連絡

株式会社勝プロ

口コミ評価
4.6
株式会社勝プロのイメージ
株式会社勝プロのイメージ
所在地神奈川県横浜市金沢区洲崎町12-8
営業日月曜日~土曜日 9:00~19:00
電話番号0457873787

この解体工事会社の特徴

  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 10年以上無事故
  • 10年以上無違反

サンソニック株式会社

口コミ評価
4.5
サンソニック株式会社のイメージ
サンソニック株式会社のイメージ
サンソニック株式会社のイメージ
所在地神奈川県横浜市青葉区市ケ尾町1168-1-401
営業日月~土曜日・10~17時
電話番号045-900-2019

この解体工事会社の特徴

  • 5階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 従業員10人以上
  • 創業10年以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 10年以上無事故
  • 10年以上無違反
  • 翌営業日までに連絡

株式会社Torus

口コミ評価
4.8
株式会社Torusのイメージ
株式会社Torusのイメージ
株式会社Torusのイメージ
所在地神奈川県横浜市中区長者町2-5-14セントラルビル402
営業日月~土曜日 8:00~19:00
電話番号08044111817

この解体工事会社の特徴

  • 10階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 従業員30人以上
  • クレジットカードOK
  • ローン対応
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 5年以上無事故
  • 翌営業日までに連絡

株式会社ホットライフ

口コミ評価
4.4
株式会社ホットライフのイメージ
所在地神奈川県横浜市瀬谷区宮沢1-40-14
営業日月~日曜日 8~20時
電話番号045-744-7133

この解体工事会社の特徴

  • 5階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 10年以上無事故
  • 10年以上無違反

株式会社ウィーキャン

口コミ評価
4.5
株式会社ウィーキャンのイメージ
株式会社ウィーキャンのイメージ
株式会社ウィーキャンのイメージ
所在地神奈川県横浜市旭区桐が作1881-18
営業日月~土曜 9:00~18:00
電話番号045-435-5498

この解体工事会社の特徴

  • 工事前の近隣挨拶
  • 従業員10人以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 5年以上無事故
※工事会社のリストデータは行政から開示された許可情報等を元に作成しています。一括見積サービスに登録していない会社も掲載しています。

横浜市の解体費用相場

横浜市の解体費用相場を市区町村ごとに坪数別、構造別の坪単価という形で過去クラッソーネで提出された見積書総額の平均相場を基に記載しています。
地域によって価格に差があるため、同一エリアの相場と比較することが大切です。
延床面積木造鉄骨鉄筋コンクリートその他
10坪未満6.8万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪4.6万円 / 坪
10坪台7.1万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
20坪台6.5万円 / 坪7.5万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
30坪台6.1万円 / 坪6.8万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
40坪台5.7万円 / 坪6.3万円 / 坪-万円 / 坪6.5万円 / 坪
50坪台5.6万円 / 坪6.1万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
60坪台5.0万円 / 坪7.3万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
70坪以上5.3万円 / 坪6.7万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪

横浜市の解体工事事情

総務省発表(2018年:5年更新)の住宅・土地統計調査によると、全住宅ストックに占める「その他空き家」(長期不在・取り壊し予定などの住宅)の数は、
神奈川県内で147,700戸、その他空き家率は3.3%(全国平均5.6%)となっています。
今後も増加の一途を辿る傾向にあり、解体工事全体の需要も高まると予想されます。

なお、市町村別の内訳として数の多い市町村は、横浜市(51,700戸)・川崎市(23,800戸)・横須賀市(11,110戸)・相模原市(10,400戸)・藤沢市(5,250戸)で、
率の高い市町村は、足柄下郡湯河原町(11.4%)・三浦市(8.8%)・中郡大磯町(7.2%)・三浦郡葉山町(6.1%)・逗子市(5.8%)となっています。

横浜市の近隣の解体相場を調べる

横浜市の解体補助金情報

住宅除却補助制度

耐震性が不足する木造住宅等の除却工事費用を市が補助。

対象住宅

・昭和56年5月末日以前に建築確認を得て着工された2階建以下の在来軸組構法の木造個人住宅(個人自己所有のもの)

・上記の住宅で、耐震診断の結果、点数(上部構造評点等)が1.0未満と判定された住宅

・所有者全員及びそれらの世帯員全員が過去2年間非課税世帯であるもの

・原則対象建築物を全て除却工事するもの

補助金の額

除却工事費用に対して、下記の費用のうち最も低い額を補助。

・400,000円

・対象建築物の延べ面積(㎡)×13,500円/㎡に1/3を乗じた額

・対象建築物の除却工事に要する費用に1/3を乗じた額

※申し込み方法等、詳しくは横浜市ホームページをご覧ください。

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/bunyabetsu/kenchiku/bosai/taishin/hojokinshienseido/mokutai/jyuutakujyokyaku.html

注意事項

・横浜市木造住宅耐震診断士派遣事業を利用し、上部構造評点が1.0以上と判定された住宅は対象外。

・住戸が複数ある住宅(建築物の一部が隣の建築物と接しているものを含む)の場合は、問い合わせること。

・混構造(木造以外の構造を含む建物)や、特殊な形状等の場合は、必ず申請の前に補助の対象となるか相談すること。

・空き家の発生を抑制するための特例措置(空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除)との併用は出来ない。

・除却工事を行うことができる事業者は、以下の要件を満たす必要がある。

市内事業者(市内に本社がある事業者)

建設工事に係る資材の再生資源化等に関する法律第2条第12項又は建設業法別表第一の下欄に掲げる土木工事業、建築工事業又は解体工事業に係る同法第三条第一項の許可を受けた者

建築物不燃化推進事業補助

火災による被害が特に大きいと想定される地域(重点対策地域)等において、古い建築物を除却する場合や、燃えにくい建築物を建てる際に、除却工事費や新築に係る工事費の一部を補助。

対象要件

【老朽建築物除却の場合】

・市内事業者への発注

・個人、自治会町内会、中小企業者 の所有

・地域まちづくりプラン認定地域等においては、その内容に適合したものであること

・市税の滞納がないこと

※「老朽建築物」とは、 昭和56年5月31日以前の建築物又は耐用年数(木造22年・鉄骨造34年・鉄筋コンクリート造47年)を経過した建築物 

(横浜市木造住宅耐震改修促進事業により耐震改修工事を実施したものを除く。)

補助金の額

【老朽建築物除却の場合】

・重点対策地域(不燃化推進地域)・・・補助率4分の3

・上記以外の補助対策地域・・・補助率3分の2

・補助上限額は150万円

※老朽建築物の除却費建・築物の「耐火性能強化」の工事費に対し、合計最大300万円を補助

※申し込み方法等、詳しくは横浜市ホームページをご覧ください。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/toshiseibi/bosai/hojoshinsei/hojo.html

注意事項

・耐火性能強化の補助内容については、HPを参照すること。

・計画承認通知前に工事契約を行うと、補助の対象になりません。

・申請前に事前相談を受け、補助対象になるか等について確認をしてください。

・地区別に担当が分かれています。事前相談や手続きでご来庁される際はあらかじめご連絡ください。

・連絡先:防災まちづくり推進課(045-671-3595)

・開庁時間:8時45分から12時まで、13時から17時15分まで(相談・手続きには概ね1時間程度かかります)

特定建築物耐震改修等事業制度

病院、学校、店舗、事務所等の多くの人が利用する建築物等や地震災害時に通行を確保すべき道路沿道の建築物の耐震診断、改修設計、耐震改修、除却に対して、費用の一部を補助。

対象 建築物

【除却工事の場合】

※対象となる建築物は以下の通り。

~耐震診断義務付け対象建築物~

A要緊急安全確認大規模建築物

・不特定多数の者が利用する建築物や避難確保上、特に配慮を要する者が利用する建築物。もしくは、危険物の貯蔵場または処理場のうち大規模な建築物

・原則、階数が3以上で、かつ延べ床面積5,000㎡以上

・危険物の貯蔵場または処理場のうち延べ床面積5,000㎡以上かつ危険物の貯蔵量が一定量以上のもので、敷地境界線からの離隔距離が一定範囲内のもの

B要安全確認計画記載建築物

・地震災害時に通行を確保すべき道路のうち、特に重要な道路に敷地が接する建築物で、一定の高さ以上のもの

対象要件

【除却工事の場合】

除却の補助については、耐震診断の結果、耐震性が不足していると判定されたものが対象。

補助金の額

【除却工事の場合】

以下の(1)と(2)のうち、低い金額が補助金額となる。

(1)除却に要する費用×2/3br /> ※除却に要する費用は、見積内訳の補助対象事業費と下記限度額のうちいずれか低い額br /> ・木造建築物:13,500円に建築物の延べ床面積を乗じた額br /> ・非木造建築物:29,000円に建築物の延べ床面積を乗じた額

(2)補助金の限度額

・2,500㎡未満:1,000万円br /> ・2,500㎡以上:2,000万円

※申し込み方法等、詳しくは横浜市ホームページをご覧ください。

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/bunyabetsu/kenchiku/bosai/taishin/hojokinshienseido/tokutaishin.html

注意事項

・除却以外の補助内容については、HPを参照すること。

・除却費補助事業に係る事業費用が100万円を超える場合、市内事業者3者以上からの見積書の取得又は入札を行うこと。

・各事業費の補助における消費税は補助の対象外となる場合がある。また、消費税を事業費に含める場合は申請の際に報告書等が必要となる。詳細につきましては問い合わせること。

民間建築物吹付けアスベスト対策事業

多数の方が利用する民間建築物(店舗、事務所、駐車場等)に施工されている吹付けアスベストについて、無料の含有調査や、除去等工事に要する費用の補助。

※詳細、申し込み方法等、詳しくは横浜市ホームページをご覧ください。

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/bunyabetsu/kenchiku/bosai/asbesto/asubesuto.html

ブロック塀等改善事業

地震発生時における歩行者への被害を防止する観点から、市内全域でコンクリートブロック塀等の改善工事費の一部を補助。

対象 ブロック塀等

※原則として、以下の全てを満たしているもの

・道路等に面していること。

・高さ1m以上のブロック塀等であること。

・地震時に倒壊するおそれのあるもの。 

※「道路等」とは、道路法の道路、建築基準法第42条に規定する道路又は第43条第2項の規定にかかる空地、その他これらに類するもので市長が認めるもの

※「ブロック塀等」とは、コンクリートブロック塀、コンクリート製の塀、石積塀、万年塀その他これらに類する塀

※事前相談を受けた後、市職員又は市が委託する専門家が現地を確認し判定。

対象者

ブロック塀等の所有者又は管理者

対象工事

・施工業者は、市内に本社のある事業者から選定すること。

・除却:道路等に面するブロック塀等を原則全て除却する工事

・新設:ブロック塀等の除却とセットで行う、軽量なフェンス等又は生垣の新設工事

※幅員が4m未満の道路等の場合、軽量なフェンス等の新設にあたり、道路等の中心から2m以上後退が必要なことがある。

※「軽量なフェンス等」とは、ネットフェンス、アルミフェンス、その他これらに類する塀

補助金の額

【ブロック塀等の除却工事】

補助対象となる工事費の9/10又は長さ×9,000円/mを乗じた額のいずれか低い額

【軽量なフェンス等の新設工事】

補助対象となる工事費の1/2

又は

基礎を新設する場合:長さに37,000円/mを乗じた額

既存基礎を使用する場合:長さに18,000円/mを乗じた額

生垣を設置する場合:長さに3,000円/mを乗じた額

のいずれか低い額

※上記の除却工事を軽量なフェンス等の新設工事を合わせた上限額は30万円。

※申し込み方法等、詳しくは横浜市ホームページをご覧ください。

https://www.city.yokohama.lg.jp/business/bunyabetsu/kenchiku/bosai/blockbei/blockbei.html

注意事項

・事業終了予定:令和3年度末

・補助金交付申請の前に事前相談を行い、回答を受ける必要がある。

・事前相談の申し込みから回答までには2か月程度かかる。

・身近なまちの防災施設整備事業」又は「狭あい道路拡幅整備事業」の対象となる場合は、「ブロック塀等改善事業」は利用できない。

・補助金交付申請を行った年度内に工事の完了及び市への完了報告書の提出が必要になる。(可能な限り、2月末までに工事の完了及び完了報告書の提出すること)

・年度内に工事の完了及び市への完了報告書の提出がない場合は、補助金の交付ができない。

 

国内最大級

月間サイト訪問者20万ユーザー
登録解体工事会社1500以上
顧客満足度96.7%, 平均費用削減率18.4%, 工事契約実績10000件

※各数値等の定義についてはをご覧ください。

各数値等の定義について

月間サイト訪問者数20万ユーザー

当ウェブサイトの2020年7月の月間ユニークブラウザー数

顧客満足度96.7%

自社アンケート調査結果(2020年4月~7月)にて、アンケート内容の【「クラッソーネ」を利用した満足度はいかがでしたか?】が「満足」及び「やや満足」の割合

平均費用削減率18.4%

クラッソーネで2件以上見積もりを取得し税込100万円以上の契約をした方の提出された見積もりの平均額との差分

工事契約実績

「クラッソーネ」及び前身となる解体一括見積サービスの合計

登録工事会社1,500社

2021年9月末時点の値

国交省分科会にて紹介

2020年6月26日開催の国土交通省社会資本整備審議会住宅宅地分科会にて、AIを活用したマッチングサービスとして分科会資料に掲載

よくある質問
解体工事でよくあるQ&Aをまとめています。是非参考にしてください。
一般的な解体費用の相場はどれぐらいですか?

解体費用は「建物の種類」や「建物の状態」「立地条件」などで大きく異なります。
実際に見積もりをしてみないと性格な解体費用は算出することが出来ません。
詳しくは「家の解体費用相場はどのくらいかかる?費用相場と実際の解体事例を徹底解説」を参照してください。

解体工事を行う際に補助金は受けられますか?

老朽化した建物により街の環境や生活環境に悪影響が出ないようにするため、解体工事を推進する目的で補助金の精度が設けられています。
そして、解体工事の補助金制度を運営しているのは国ではなく地上自治体です。
実際に自分の住んでいる地域の補助金の内容が気なる方は、「地域別の解体工事補助金情報を見る」を参照してください。

木造住宅の解体工事の費用はどれぐらいかかりますか?

一般的な木造住宅なら総額100万~130万程度の解体費用がかかります。
しかし、木造住宅においても解体費用は「建物の種類」や「建物の状態」「立地条件」などで大きく異なります。
実際に見積もりをしてみないと性格な解体費用は算出することが出来ません。
詳しくは「木造二階建ての解体費用を解説!内訳や安くするコツ、注意点など」を参照してください。

解体工事の流れを教えてください

解体工事会社の工事の空き状況のによってはすぐに工事に入れない可能性がありますので、解体工事を完了されたい3~4か月前には見積もり依頼を済ませるようにする事がベストです。
詳しくは「解体工事のプロセス」を参照してください

すぐわかる!クラッソーネ資料セット無料プレゼント解体工事のお悩み解決!無料!ウェビナー動画公開中!

神奈川県内の市区町村を選択