通話・相談無料 | 平日9:00-18:00
フリーダイヤルマーク
0120-479-033

神奈川県横浜市の
解体業者が見つかる!
解体業者一覧と補助金情報

利用者累計、登録工事会社数、自治体連携数No1

クラッソーネは、横浜市協定を締結して空き家対策に取り組んでいます。

クラッソーネは、全国の空き家対策を加速させることを目的として、地方公共団体と専門家(NPO、法務、不動産、金融等)が連携し、空き家に関する相談窓口の整備等を行う取組と、民間事業者が空き家の発生防止や除却(解体)を推進する新たなビジネスモデル構築等の取組に対して支援を行っております。

横浜市のおすすめ解体業者一覧

横浜市で解体工事を検討している方に向けて、横浜市のおすすめ解体業者、解体費用相場、補助金情報をまとめています。
クラッソーネでは、工事会社の比較、工事金額の交渉、工事中の疑問、といった内容でお悩みの際には、無料コンサルティングサービスを利用できるので、気軽にご相談ください。

横浜市の解体業者
1件〜10件/732

株式会社グローリー

4.5
株式会社グローリーのイメージ
株式会社グローリーのイメージ
株式会社グローリーのイメージ
社名株式会社グローリー
所在地神奈川県横浜市港南区港南五丁目13番4号 
営業日・時間月曜日, 火曜日, 水曜日, 木曜日, 金曜日, 土曜日 8時-20時
資本金30万円
設立年月日2009年03月10日
従業員数16名

クラッソーネからのコメント

日頃から丁寧な接客・対応を心掛け、レスポンスも早く誠実な印象を受けられるお客様が多くいらっしゃいます。また、お客様とのコミュニケーションも密にとられ、ご不明点・ご要望もしっかり伺い「わかりやすい。不安が解消でき、安心できた。」というお声をよく耳にします。価格面でも、お客様のご納得いく金額・内容をご提供されていますので、安心して解体工事をお任せできる会社様です。

この解体業者の特徴

  • 5,000万円以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • ローン対応
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 10年以上無違反
  • 翌営業日までに連絡

シアル解体株式会社

4.6
シアル解体株式会社のイメージ
シアル解体株式会社のイメージ
シアル解体株式会社のイメージ
社名シアル解体株式会社
所在地神奈川県横浜市戸塚区川上町862ー1
営業日・時間月曜日, 火曜日, 水曜日, 木曜日, 金曜日, 土曜日 9時-18時
資本金500万円
設立年月日2021年01月07日
従業員数15名

クラッソーネからのコメント

クラッソーネの登録工事会社の中でも、このエリアで最も多くのお客様から選ばれている工事会社様です。人気の理由は、丁寧かつ迅速な対応です。経験豊富な営業が、初めて解体工事を行うお客様にわかりやすくご納得いただけるまでご説明し、お客様に寄り添った対応で解体工事前のご不安を全て解消いたします。お客様の満足度も非常に高いシアル解体株式会社様へ、ご相談されてみてはいかがでしょうか。

この解体業者の特徴

  • 5階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 翌営業日までに連絡

株式会社イースター

4.7
株式会社イースターのイメージ
株式会社イースターのイメージ
株式会社イースターのイメージ
社名株式会社イースター
所在地神奈川県横浜市鶴見区梶山2-28-8
営業日・時間月~土曜日 8:00~18:00
資本金1,110万円
設立年月日2004年09月01日
従業員数10名

クラッソーネからのコメント

お客様への対応や工事の実施ともに非常に評価の高い会社です。また、一言に解体工事といっても家屋解体から、産業廃棄物、残置ゴミの処分、不用品回収、遺品整理まで手広く対応しており、「こんな些細なことで相談しても良いのだろうか 」というご心配は不要です。完全自社施工で営業担当が不動産会社を経験していることもおすすめ出来るポイントです。

この解体業者の特徴

  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 従業員10人以上
  • 創業10年以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 10年以上無事故
  • 10年以上無違反
  • 翌営業日までに連絡

株式会社ウィーゴ

4.5
株式会社ウィーゴのイメージ
株式会社ウィーゴのイメージ
株式会社ウィーゴのイメージ
社名株式会社ウィーゴ
所在地神奈川県横浜市瀬谷区上瀬谷町34-5
営業日・時間月~土曜 9:00~18:00
資本金100万円
設立年月日2017年07月01日
従業員数7名

この解体業者の特徴

  • 5階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 翌営業日までに連絡

株式会社Torus

4.6
株式会社Torusのイメージ
株式会社Torusのイメージ
株式会社Torusのイメージ
社名株式会社Torus
所在地神奈川県横浜市中区長者町2-5-14セントラルビル402
営業日・時間月曜日, 火曜日, 水曜日, 木曜日, 金曜日, 土曜日 8時-19時
資本金500万円
設立年月日2020年09月02日
従業員数15名

クラッソーネからのコメント

解体経験が長い従業員が現地調査・作業時の指示を行うことで工期を短くし、人件費削減に努めていることや、廃棄物の積み込み方を工夫し、一度に運搬できる量を増やすことで運搬費を削減するなど、工事の随所に価格低減の努力が見られる優良会社です。手壊しの経験が多いため、立地条件が悪い場所でも安全に工事が出来るところもおすすめです。また、役所への申請書類の内、代行できないものは書類を準備し「役所にこの書類を持って行ってこのように伝えてください」と細かく案内するなど、お客様への対応も素晴らしい会社です。

この解体業者の特徴

  • 10階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 従業員10人以上
  • クレジットカードOK
  • ローン対応
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 5年以上無事故
  • 翌営業日までに連絡

株式会社勝プロ

4.6
株式会社勝プロのイメージ
株式会社勝プロのイメージ
社名株式会社勝プロ
所在地神奈川県横浜市金沢区洲崎町12-8
営業日・時間月曜日~土曜日 9:00~19:00
従業員数6名

クラッソーネからのコメント

「工事の仕上がりが丁寧」という口コミも多く、社長の迅速対応、アフターフォローはこちらの会社の最大の魅力といえます。工事の着工前に現場のお隣やお向いなどへご挨拶回りをし、近隣の方達の工事トラブルへの不安を払拭できるようにしています。リフォームや外構工事の対応も可能で、解体ではなくリノベーションの相談にも乗れるマルチな点もおすすめ出来るポイントです。

この解体業者の特徴

  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 10年以上無事故
  • 10年以上無違反

株式会社プレサポ

4.6
株式会社プレサポのイメージ
株式会社プレサポのイメージ
株式会社プレサポのイメージ
社名株式会社プレサポ
所在地神奈川県横浜市中区千歳町1-2 横浜THビル 814
営業日・時間月~土 8:00~18:00
資本金100万円
設立年月日2022年01月21日
従業員数10名

この解体業者の特徴

  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応

株式会社リアルランド

4.0
株式会社リアルランドのイメージ
株式会社リアルランドのイメージ
株式会社リアルランドのイメージ
社名株式会社リアルランド
所在地神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-3CIMA関内ビル5階
営業日・時間月曜日, 火曜日, 水曜日, 木曜日, 金曜日 8時-17時
資本金3,000万円
設立年月日1990年02月06日
従業員数8名

この解体業者の特徴

  • 工事前の近隣挨拶
  • 従業員10人以上
  • 創業30年以上
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応

宗恵興業株式会社

3.5
宗恵興業株式会社のイメージ
社名宗恵興業株式会社
所在地神奈川県横浜市都筑区川和町2214-6
営業日・時間月曜日, 火曜日, 水曜日, 木曜日, 金曜日, 土曜日, 日曜日 9時-18時
資本金300万円
設立年月日2022年03月18日
従業員数2名

この解体業者の特徴

  • 10階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 翌営業日までに連絡

株式会社サンライズ

3.4
株式会社サンライズのイメージ
株式会社サンライズのイメージ
株式会社サンライズのイメージ
社名株式会社サンライズ
所在地神奈川県横浜市都筑区中川3-22-4
営業日・時間月~土曜 9:00~18:00
資本金300万円
設立年月日2008年01月11日
従業員数6名

この解体業者の特徴

  • 5,000万円以上の工事経験
  • 5階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 創業10年以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 10年以上無事故
  • 翌営業日までに連絡
※工事会社のリストデータは行政から開示された許可情報等を元に作成しています。一括見積サービスに登録していない会社も掲載しています。また情報が最新でない場合もございます。株式会社クラッソーネはこの情報に基づいて生じた損害についての責任を負いません。

横浜市の解体費用相場

横浜市の解体費用相場を市区町村ごとに坪数別、構造別の坪単価という形で過去クラッソーネで提出された見積書総額の平均相場を基に記載しています。
地域によって価格に差があるため、同一エリアの相場と比較することが大切です。
延床面積木造鉄骨鉄筋コンクリートその他
10坪未満6.8万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪4.6万円 / 坪
10坪台7.1万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
20坪台6.5万円 / 坪7.5万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
30坪台6.1万円 / 坪6.8万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
40坪台5.7万円 / 坪6.3万円 / 坪-万円 / 坪6.5万円 / 坪
50坪台5.6万円 / 坪6.1万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
60坪台5.0万円 / 坪7.3万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
70坪以上5.3万円 / 坪6.7万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪

時系列別の坪単価の推移

坪単価
20206.4万円
20216.2万円
20226.3万円

解体費用は「建物本体の解体費用+廃材処分費+諸経費」の3つの費用で構成されます。リサイクルコストの高まりの影響で、近年は廃材処分費が増加傾向です。

横浜市の解体費用地域平均相場をシミュレーション

株式会社クラッソーネは、その場で建物の解体費用が計算できる解体費用シミュレーターを提供しています。カーポートやブロック塀などの付帯物の撤去費用も併せて知ることができます。
解体を検討している建物情報を選択すると、解体費用の横浜市の地域平均相場がその場でスグにわかります。

2022年国土交通省モデル事業採択

解体費用シミュレーターを使って

【無料】横浜市の解体費用相場を調べる

時期未定でも、今後の計画のために解体費用シミュレーターを利用されるお客様が多くいらっしゃいます。

横浜市の解体工事事情

横浜市で解体工事をする場合の注意点


解体工事に関してのルールは都道府県、市区町村毎に異なる場合があり、これから解体工事をする方は注意が必要です。


以下では横浜市で解体工事をする際の注意点について解説しています。

横浜市は工事7日前までに建築物の解体工事に係る指導要綱の届け出が必要

横浜市では、


  • 解体工事で発生する特定の資材の分別と、再資源化の促進

  • アスベストの適正な撤去

を目的に「建築物の解体工事に係る指導要綱」を定めています。


  • 解体予定の物件に特定の建設資材を用いている

  • 物件の床面積の合計が80㎡未満の解体工事を施工する

上記2つの条件に当てはまる場合は工事着手の7日前までに指導要綱に基づく届け出が必要になります。


また、床面積が80㎡以上の物件の解体工事を予定されている場合は「建設リサイクル法に基づく届出」も必要となります。

届出に必要な書類としては、解体工事届出書、届出書の副本、分別解体工事の計画等、委任状、案内図、工程表、建築物の現状写真(カラーで建物全体を映したものを2枚程度)が必要となりますが、こちらは依頼する解体業者と連携して用意していくのがおすすめです。


解体を依頼する解体業者と連携しながら、必ず工事着手7日前までに必要書類を横浜市長宛に、資源循環産業廃棄物対策課建設リサイクル担当まで届けるようにしましょう。

横浜市内の解体工事は必ず近隣へ事前説明をすること


横浜市では、一定規模以上の解体工事(建築・造成を含む)については、近隣の方や土地の所有者に事前説明を義務化しています(「横浜市中高層建築物等の建築及び開発事業に係る住環境に関する条例」及び「横浜市開発事業の調整等に関する条例」)


条例上では「一定以上の規模」とありますが、条例に関係なく後々のトラブル回避のため、近隣の方への事前説明は最低でも工事着手7日前までに徹底して実施することをおすすめします。説明方法の定めは特にありませんが、以下を参考にしてください。

説明内容の例

建築・築造主、施工者、設計者、連絡先、工期、工事内容に関すること(用途・規模・配置・高さ・構造 等)

説明方法の例

個別訪問、説明会、資料の投函 等

横浜市の近隣の解体相場を調べる

横浜市の解体補助金情報

老朽空き家に関する補助金

横浜市の老朽空き家に関する補助金情報をまとめています。

住宅除却補助制度

横浜市住宅除却補助事業は、耐震性が不足する木造住宅等の除却工事費用を市が補助する制度です。

対象の建築物

1.昭和56年5月末日以前に建築確認を得て着工された建築物

ただし、長屋、共同住宅の「空家・貸家」については2.(2)に該当する場合を除き補助対象外になります。

2.次のいずれかに該当するもの

(1)市の耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満と判定された2階建て以下の木造住宅(在来軸組構法)

(2)市へ事前相談票を提出した結果、倒壊等のおそれがある空家と判断されたもの

(注意)原則対象建築物を全て除却工事するもの

※横浜市木造住宅耐震診断士派遣事業を利用し、上部構造評点が1.0以上と判定された住宅は、対象外です。

※住戸が複数ある住宅(建築物の一部が隣の建築物と接しているものを含む)の場合は、お問い合わせください。

※混構造(木造以外の構造を含む建物)や、特殊な形状等の場合は、必ず申請の前に補助の対象となるか相談してください。

※既に行った工事の補助申請はできません。

※空き家の発生を抑制するための特例措置(空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除)を適用する場合でも、本除却補助制度を申請することが出来ます。

※倒壊等のおそれのある空家の事前相談については、建築指導課建築安全担当(空家担当:045-671-4539)へお問い合わせください。

補助金額

除却工事費用に対して、下表の費用のうち最も低い額を補助します。

200,000円(課税世帯)・400,000円(非課税世帯)

対象建築物の延べ面積(㎡)×13,500円/㎡に1/3を乗じた額

対象建築物の除却工事に要する費用に1/3を乗じた額

<非課税世帯>補助対象建築物の所有者全員及びそれらの世帯員全員の住民税(道府県民税、都民税、市町村税及び特別区民税)が過去2年間非課税の世帯のこと

業者指定
業者指定 有り
詳細

除却工事を行うことができる事業者は、以下の要件を満たす必要があります。

市内事業者(市内に本社がある事業者)

建設工事に係る資材の再生資源化等に関する法律第2条第12項又は建設業法別表第一の下欄に掲げる土木工事業、建築工事業又は解体工事業に係る同法第三条第一項の許可を受けた者

見積金額が100万円以上となる場合は、2者以上の見積書の提出が必要となります。また、「補助金交付決定通知書」受領後、見積金額が低い方の事業者と契約となります。見積金額が高い方の事業者とは契約できませんのでご注意ください。

受付期間
令和5年度の受付は令和5年12月28日まで(予算が無くなり次第終了)
注意事項

住宅除却補助事業の申請受付は12月末までです。(市の耐震診断は10月末までにお申込みください。)

また、市から交付される「補助金交付決定通知書」受領後でなければ、契約・工事着手できませんのでご注意ください。

2月末までに工事を完了し、市へ完了報告書を提出してください。

お問合わせ情報
お問合わせ先 横浜市企画部建築防災課耐震事業担当
Eメール
電話番号 0456712943
FAX 0456633255
URL https://www.city.yokohama.lg.jp/business/bunyabetsu/kenchiku/bosai/taishin/hojokinshienseido/mokutai/jyuutakujyokyaku.html

建築物不燃化推進事業補助

火災による被害が特に大きいと想定される地域(重点対策地域)等において、古い建築物を除却(解体)する場合や、燃えにくい建築物を建てる際に、除却工事費や新築に係る工事費(耐火性能強化相当額)の一部を補助します。

また、「重点対策地域(不燃化推進地域)」においては、不燃化推進条例に基づき、建物を建てる際、原則として、全ての建物を準耐火建築物以上とすることを義務付けています。

対象地区
地区指定 有り
詳細 https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/toshiseibi/bosai/hojoshinsei/hojo.files/pannhu20230401.pdf
注意事項

★重要★建築物不燃化推進事業補助の改正のお知らせについて(令和5年4月1日更新)

令和5年4月1日に補助制度を改正しました。改正の概要は次の通りです。

重点対策地域(不燃化推進地域)以外の補助対象地区における老朽建築物の除却に対する補助対象建築物の変更

建替え(除却+新築)の補助申請の廃止

新築の補助申請における感震ブレーカーの設置義務化

完了報告書の提出期限の明確化

様式の変更

詳しくは通知文(ワード:42KB)をご確認ください。

事前相談は電話でも可能です。また申請は郵送でも可能です。

地区別に担当が分かれています。事前相談や手続きでご来庁される際はあらかじめご連絡ください。

連絡先:防災まちづくり推進課(045-671-3595)

開庁時間:8時45分から12時まで、13時から17時15分まで(相談・手続きには概ね1時間程度かかります)

お問合わせ情報
お問合わせ先 都市整備局防災まちづくり推進室防災まちづくり推進課
Eメール tb-funenka@city.yokohama.jp
電話番号 0456713595
FAX 0456635225
URL https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/machizukuri-kankyo/toshiseibi/bosai/hojoshinsei/hojo.html

ブロック塀に関する補助金

横浜市のブロック塀に関する補助金情報をまとめています。

ブロック塀等改善事業

平成30年6月の大阪府北部における地震では、ブロック塀の倒壊が原因で人命に関わる被害が発生しました。このことを受け、横浜市では、地震発生時における歩行者への被害を防止する観点から、市内全域でコンクリートブロック塀等の改善工事費の一部を補助しています。

補助金交付申請の前に事前相談を行い、現地調査等の上、回答を受ける必要があります。事前相談の申し込みから回答までには2か月程度要しますので、補助金の申請をお考えの方はご注意ください。

対象の建築物

原則として、以下のア~ウ全てを満たしているもの

ア道路等(※1)に面していること

イ高さ1m以上のブロック塀等(※2)であること。

ウ地震時に倒壊するおそれのあるもの。(※3)

※1「道路等」とは、道路法の道路、建築基準法第42条に規定する道路又は第43条第2項の規定にかかる空地、その他これらに類するもので市長が認めるもの

※2「ブロック塀等」とは、コンクリートブロック塀、コンクリート製の塀、石積塀、万年塀その他これらに類する塀

※3事前相談を受けた後、市職員又は市が委託する専門家が現地を確認し判定。

対象の申請者

ブロック塀等の所有者又は管理者

補助金額

ブロック塀等の除却工事軽量なフェンス等の新設工事

補助対象となる工事費の9/10又は長さ×13,000円/mを乗じた額のいずれか低い額

対象地区
地区指定 有り
詳細 横浜市全域 ※「狭あい道路拡幅整備事業」の対象となる場合は、「ブロック塀等改善事業」は原則利用できません。
注意事項

補助金交付申請の前に事前相談を行い、回答を受ける必要があります。

事前相談の申し込みから回答までには2か月程度要しますので、補助金の申請をお考えの方は注意してください。

お問合わせ情報
お問合わせ先 横浜市建築局企画部建築防災課
Eメール
電話番号 0456712930
FAX
URL https://www.city.yokohama.lg.jp/business/bunyabetsu/kenchiku/bosai/blockbei/blockbei.html
※上記情報は、最新情報でない場合があります。最新情報は、自治体ホームページか各補助金の担当課にお問い合わせください。
これから解体工事を検討している方必読!失敗しない解体工事完全ガイド無料プレゼント!
クラッソーネ 安心保証パック

国内最大級

サービス利用者14万名以上
登録解体業者2,000社以上
顧客満足度96.5%, 平均費用削減率18.6%, 工事契約実績15,000件

※各数値等の定義についてはをご覧ください。

各数値等の定義について

登録工事会社:2,000社

2024年5月1日時点

サービス利用者:140,000名以上

2024年5月1日時点

満足度:96.5%

完工お客様満足度アンケート(自社調べ)回答実績データより2023年9月末時点

平均費用削減額:18.6%

契約実績データより(自社調べ)2023年3月末時点

その他

空き家対策モデル事業採択実績、自治体締結実績豊富

よくある質問
解体工事でよくあるQ&Aをまとめています。是非参考にしてください。
横浜市でおすすめの解体業者はどこですか?

横浜市のおすすめ解体業者をクラッソーネ独自の基準で順番に掲載していますので、こちらから解体業者一覧をご確認ください。から解体業者一覧をご確認ください。

横浜市の解体費用の相場はどれぐらいですか?

横浜市の解体費用相場を坪数別、構造別の坪単価という形で過去クラッソーネで提出された見積書総額の平均相場を基に記載しています。から解体費用相場をご確認ください。

横浜市の解体工事で補助金は使えますか?

横浜市での解体工事の際に利用できる補助金情報をまとめていますので、から補助金情報をご確認ください。

過去9万件の実際の見積もりデータを元に、解体費用の相場を算出し、予想される建物本体の解体費用に加え、カーポートやブロック塀や浄化槽といった付帯物の撤去費用も併せて計算が可能です。個人情報不要!建物情報を選択すると横浜市の地域相場がわかります。解体費用の相場をその場でシミュレーション

国土交通省
空き家対策モデル事業採択

【無料】横浜市版
解体費用相場シミュレーター
これから解体工事を検討している方必読!失敗しない解体工事完全ガイド無料プレゼント!
クラッソーネ 安心保証パック

神奈川県内の市区町村を選択