千葉県千葉市の
解体業者が見つかる!
解体業者一覧と補助金情報

千葉市のおすすめ解体業者一覧

千葉市で解体工事を検討している方に向けて、千葉市のおすすめの解体業者、解体費用相場、補助金情報をまとめています。
クラッソーネでは、工事会社の比較、工事金額の交渉、工事中の疑問、といった内容でお悩みの際には、無料コンサルティングサービスを利用できるので、気軽にご相談ください。

千葉市の解体業者
1件〜10件/311

コウナン興業株式会社

4.9
コウナン興業株式会社のイメージ
コウナン興業株式会社のイメージ
コウナン興業株式会社のイメージ
社名コウナン興業株式会社
所在地千葉県千葉市稲毛区柏台1-5-104
代表者名胡 光男
営業日・時間月~土曜 8:00~17:00
資本金1,000万円
設立年月日2015年03月25日
従業員数20名

クラッソーネからのコメント

年間400件の施工実績があり、依頼も絶えない人気の工事会社さんです。豊富な実績だけでなく、自社の車両や解体機械を使った迅速な工事を行っています。早いからといって適当な工事は決して行わず、これまで工事を行ったお施主様からの口コミ評価も高く「説明も詳かった」「細かい所までみてくださった」と丁寧な対応でご好評いただいております。解体は建設の第一歩なので、丁寧に妥協せず行うというこだわりをもっている工事会社さんです。また、解体後の提案も積極的に行っていますので、一度ご相談されてはいかがでしょうか?

この解体業者の特徴

  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 従業員10人以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 5年以上無事故
  • 5年以上無違反

株式会社井澤興業

4.8
株式会社井澤興業のイメージ
株式会社井澤興業のイメージ
社名株式会社井澤興業
所在地千葉県千葉市緑区大椎町444
代表者名井澤 一夫
営業日・時間月~土曜日 8:00~17:00
設立年月日1990年11月16日
従業員数10名

この解体業者の特徴

  • 工事前の近隣挨拶
  • 従業員10人以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • ブロック塀撤去対応

株式会社ビルド・ワン

3.2
株式会社ビルド・ワンのイメージ
株式会社ビルド・ワンのイメージ
株式会社ビルド・ワンのイメージ
社名株式会社ビルド・ワン
所在地千葉県千葉市稲毛区長沼原町777-3
代表者名児玉 源一
営業日・時間月~土曜 9:00~18:00
資本金1,000万円
設立年月日2007年08月06日
従業員数90名

この解体業者の特徴

  • 5,000万円以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 従業員30人以上
  • 創業10年以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応

株式会社富士総業

3.0
株式会社富士総業のイメージ
社名株式会社富士総業
所在地千葉県千葉市中央区都町八丁目5番62号・2階
代表者名吉野 栄里子
営業日・時間月~土曜日 8:00~18:00
資本金500万円
設立年月日2019年03月08日
従業員数18名

この解体業者の特徴

  • 5階建て以上の工事経験
  • 工事前の近隣挨拶
  • 法定以上のガードマン
  • 従業員10人以上
  • クレジットカードOK
  • ローン対応
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 翌営業日までに連絡

株式会社心和

-
株式会社心和のイメージ
株式会社心和のイメージ
株式会社心和のイメージ
社名株式会社心和
所在地千葉県千葉市稲毛区穴川1-8-43
代表者名田中 洪義
営業日・時間月~土曜 9:00~18:00
資本金300万円
設立年月日2018年06月01日
従業員数10名

この解体業者の特徴

  • 工事前の近隣挨拶
  • 従業員10人以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 不用品撤去対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • ブロック塀撤去対応

小澤 憲一

-
小澤 憲一のイメージ
社名小澤 憲一
所在地千葉県千葉市緑区誉田町1丁目131番地14
※工事会社のリストデータは行政から開示された許可情報等を元に作成しています。一括見積サービスに登録していない会社も掲載しています。

千葉市の解体費用相場

千葉市の解体費用相場を市区町村ごとに坪数別、構造別の坪単価という形で過去クラッソーネで提出された見積書総額の平均相場を基に記載しています。
地域によって価格に差があるため、同一エリアの相場と比較することが大切です。
延床面積木造鉄骨鉄筋コンクリートその他
10坪未満6.6万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪4.9万円 / 坪
10坪台6.4万円 / 坪5.4万円 / 坪-万円 / 坪5.7万円 / 坪
20坪台5.9万円 / 坪6.5万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
30坪台5.7万円 / 坪6.0万円 / 坪8.0万円 / 坪6.5万円 / 坪
40坪台5.4万円 / 坪6.0万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
50坪台4.9万円 / 坪5.7万円 / 坪-万円 / 坪5.9万円 / 坪
60坪台4.8万円 / 坪5.2万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
70坪以上4.7万円 / 坪5.4万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪

千葉市の解体工事事情

総務省発表(2018年:5年更新)の住宅・土地統計調査によると、全住宅ストックに占める「その他空き家」(長期不在・取り壊し予定などの住宅)の数は、
千葉県内で144,400戸、その他空き家率は4.8%(全国平均5.6%)となっています。
今後も増加の一途を辿る傾向にあり、解体工事全体の需要も高まると予想されます。

なお、市町村別の内訳として数の多い市町村は、市川市(15,920戸)・千葉市(15,800戸)・船橋市(15,390戸)・松戸市(7,410戸)・市原市(6,820戸)で、
率の高い市町村は、いすみ市(13.1%)・山武郡横芝光町(13.1%)・館山市(12.6%)・勝浦市(12.5%)・南房総市(11.8%)となっています。

千葉市の近隣の解体相場を調べる

千葉市の解体補助金情報

千葉市危険ブロック塀等改善補助事業


千葉市では、平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震により、コンクリートブロック塀が倒壊し、尊い命が失われたことを受け、個人の所有者などを対象として、危険なブロック塀等の撤去や軽量フェンス等の設置にかかる費用の一部を補助します。

補助事業の概要


(1)補助の対象となるブロック塀等(危険ブロック塀等)


・本市の区域内にあり、次のすべてに該当するもの

ア 個人等(個人・町内自治会・マンション管理組合)が所有するもの

イ 通学路等に面し、高さ1.2メートルを超え、かつ、高さがブロック塀等と道路境界までの水平距離より高いもの

ウ 倒壊の危険性が高く、早急に撤去する必要があるブロック塀等であると千葉市住宅供給公社職員の調査により判定されたもの

※すべてに該当した場合でも建築基準法に明らかに違反しているブロック塀等については補助の対象となりません。

(2)補助の対象となる工事


・千葉市内に本店、支店又は営業所等の所在地を有する業者が施工するもので次のいずれかに該当するもの

ア 危険ブロック塀等の全てを撤去又は高さ0.4メートル以下に減じる工事

イ 危険ブロック塀等を撤去した後に、その代替として必要となる軽量フェンス等を設置する工事

※工事内容については、要件がありますので工事着手前に別途ご相談ください。

(3)補助対象地区と補助金の交付額


・市内小中学校(特別支援学校を含む)の敷地から概ね1,500メートル以内の地域を対象地区とし、そのうち概ね500メートル以内の地域を重点地区として補助を手厚くし、危険ブロック塀等の改善を推進します。

※金額や申請方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。

自治体ホームページはこちら

住宅の除却費補助制度


安全で災害に強いまちづくりに向け、住宅除却工事の費用の一部を補助します。

除却工事とは、昭和56年5月31日以前に設計・建設された住宅で、耐震診断の結果「倒壊する危険性が高いもの」について、住宅をすべて解体し除却する工事をいいます。

申請前に工事に着手した場合は、補助対象になりませんのでご注意ください。

補助概要


補助額 工事費の23%。ただし、20万円が限度。

(密集住宅市街地※の場合は30万円が限度。※パンフレット(pdf">自治体ホームページはこちら:686KB)の密集市街地一覧をご参照ください。)

受付期間及び募集予定戸数


令和4年5月2日~5月31日

6戸

補助要件


申請者及び住宅の要件


次のすべての要件に該当すること

・耐震診断の結果、木造住宅の場合は上部構造評点が0.7未満、非木造住宅の場合は構造耐震指標Is値が0.3未満であること

・申請者自らが所有していること

・昭和56年5月31日以前の耐震基準によって設計・建設された住宅であること

・市税の滞納がないこと

≪注意≫

・兼用住宅(住宅部分が過半のものに限る)も対象となります。

・補助金の交付は、1申請者あたり1回限りです。

・都市計画法又は建築基準法に違反している建築物は対象外です。

除却工事を行う者(施工者)の条件


次のいずれかに該当すること

・千葉市内に本店、支店、営業所等を開設している者で、建設業法の土木工事業、建築工事業又は解体工事業の許可を受けた者

・千葉市内に本店、支店、営業所等を開設している者で、建設工事に係る資材の再生資源化等に関する法律の解体工事業者の登録を受けた者

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。

自治体ホームページはこちら

緊急輸送道路沿道建築物耐震助成(耐震診断・耐震改修等)


千葉市では、震災時の救急活動、支援物資の輸送や広域的な避難を目的として指定された緊急輸送道路の通行を確保するため、緊急輸送道路沿道建築物の所有者に対して耐震診断及び耐震改修等に要する費用の一部を助成します。

※補助金の交付決定前に事業に着手した場合は、補助の対象となりませんのでご注意ください。

1.助成制度の概要


対象建築物


次の条件をすべて満たすもの。

1.千葉市が指定する緊急輸送道路に接する建築物

・千葉市域における緊急輸送道路一覧(pdf">自治体ホームページはこちら:120KB)

・千葉県内の緊急輸送道路(千葉県道路環境課ホームページ)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

2.倒壊した場合に道路を閉塞する恐れがある建築物(下図参照)

3.昭和56年5月31日以前の耐震基準で建築されたもの

4.建築基準法に違反していないもの

(耐震改修、建替え、除却の場合)耐震診断の結果が下記のもの

5.木造:Iw:1.0未満

6.鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造:Isが0.6未満又はqが1.0未満

(耐震改修の場合)耐震改修促進法第17条第3項の計画の認定を受けている建築物

申請者の要件など


・建築物の所有者であること

・建築物が共有である場合は他のすべての共有者から同意を得ていること

・建築物が区分所有の場合は、総会で耐震診断についての議決を得ていること

・市税の滞納がないこと

・当該建築物のこの助成制度対象事業に関する他の補助金の交付決定を受けていないこと

・この助成制度対象事業に着手していないこと

対象費用及び補助金額


【除却に要する費用】

次の(1)、(2)、(3)のうち、いずれか低い額(千円未満切り捨て)

ただし、下記の額を上限とし、当該年度の予算の範囲内で補助します。

(1)耐震改修、建替え、除却に要する費用(※1)の3分の2

(2)【補助対象床面積×25,600円】の3分の2(Is値が0.3未満の場合、28,150円)

(3)1,800万円

※その他の金額や申請方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。

自治体ホームページはこちら

吹付けアスベスト対策補助事業


市では、綿状のアスベスト吹付け材が施工されている建築物の所有者等を対象に、その分析調査及び除去等にかかる費用の一部を補助します。

※分析調査・除去等を実施する前に、必ず補助金の交付申請をする必要があります。交付決定前に着手した場合、補助の対象となりませんので、ご注意ください。

補助の要件


対象建築物


千葉市内にある建築物で、アスベスト吹付け材が施工されているもの(囲い込みの措置が行われた建築物を除く)

対象吹付け材


事前調査又は分析調査の結果、アスベスト吹付け材であることが確認されたもの

内容


・実施計画の策定等

建築物石綿含有建材調査者が行うとともに、計画等に基づく現場体制に基づき実施すること

・施工者

次のいずれかに該当する者

1.財団法人日本建築センターが審査証明した「吹付けアスベスト粉じん飛散防止処理技術」を有する者

2.石綿作業主任者の指導・監督のもと、建設業労働災害防止協会編集・発行の「建築物の解体等工事における石綿粉じんへのばく露防止マニュアル」又はこれと同等の方法により施工した十分な実績がある者

補助額


除去、封じ込め、囲い込み又はアスベスト吹付け材が施工された建築物の除却にかかる費用の3分の2以内

ただし、次の額を上限とし、当該年度の予算の範囲内で補助します。

上限額:1棟あたり100万円

※1事業者当たり1棟までとします。

※次のいずれかに該当する法人等が所有する建築物は除く。

・従業員が300人及び資本金3億円を超える企業

・独立行政法人

・学校、病院等で、国や県等の補助金の交付の対象となる者等

※解体予定の建築物も対象となります。

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。

自治体ホームページはこちら

クラッソーネ 安心保証パック

国内最大級

月間サイト訪問者20万ユーザー
登録解体業者1500以上
顧客満足度96.7%, 平均費用削減率18.4%, 工事契約実績10000件

※各数値等の定義についてはをご覧ください。

各数値等の定義について

月間サイト訪問者数20万ユーザー

当ウェブサイトの2020年7月の月間ユニークブラウザー数

顧客満足度96.7%

自社アンケート調査結果(2020年4月~7月)にて、アンケート内容の【「クラッソーネ」を利用した満足度はいかがでしたか?】が「満足」及び「やや満足」の割合

平均費用削減率18.4%

クラッソーネで2件以上見積もりを取得し税込100万円以上の契約をした方の提出された見積もりの平均額との差分

工事契約実績

「クラッソーネ」及び前身となる解体一括見積サービスの合計

登録工事会社1,500社

2021年9月末時点の値

国交省分科会にて紹介

2020年6月26日開催の国土交通省社会資本整備審議会住宅宅地分科会にて、AIを活用したマッチングサービスとして分科会資料に掲載

よくある質問
解体工事でよくあるQ&Aをまとめています。是非参考にしてください。
一般的な解体費用の相場はどれぐらいですか?

解体費用は「建物の種類」や「建物の状態」「立地条件」などで大きく異なります。
実際に見積もりをしてみないと性格な解体費用は算出することが出来ません。
詳しくは「家の解体費用相場はどのくらいかかる?費用相場と実際の解体事例を徹底解説」を参照してください。

解体工事を行う際に補助金は受けられますか?

老朽化した建物により街の環境や生活環境に悪影響が出ないようにするため、解体工事を推進する目的で補助金の精度が設けられています。
そして、解体工事の補助金制度を運営しているのは国ではなく地上自治体です。
実際に自分の住んでいる地域の補助金の内容が気なる方は、「地域別の解体工事補助金情報を見る」を参照してください。

木造住宅の解体工事の費用はどれぐらいかかりますか?

一般的な木造住宅なら総額100万~130万程度の解体費用がかかります。
しかし、木造住宅においても解体費用は「建物の種類」や「建物の状態」「立地条件」などで大きく異なります。
実際に見積もりをしてみないと性格な解体費用は算出することが出来ません。
詳しくは「木造二階建ての解体費用を解説!内訳や安くするコツ、注意点など」を参照してください。

解体工事の流れを教えてください

解体業者の工事の空き状況のによってはすぐに工事に入れない可能性がありますので、解体工事を完了されたい3~4か月前には見積もり依頼を済ませるようにする事がベストです。
詳しくは「解体工事のプロセス」を参照してください

すぐわかる!クラッソーネ資料セット無料プレゼント解体工事のお悩み解決!無料!ウェビナー動画公開中!
クラッソーネ 安心保証パック

千葉県内の市区町村を選択