国内最大級

  • 月間利用者数17万人以上
  • 登録解体工事会社800社以上

瞬時に最安値10社の口コミが分かる!那賀郡那賀町の
解体工事業者から
無料一括見積もり

多数のメディアで紹介されています!

  • 読売テレビ放送
  • 日本BS放送(BS11)
  • 中京テレビ放送
  • 中日新聞
  • 読売新聞
  • 全国賃貸住宅新聞
  • Tech Crunch

ご自身の解体費用を
調べてみませんか?

くらそうねなら、オンラインで
各社の予想工事金額を
調べることができます。

50,000件以上のお申し込みが殺到した3つの理由

速い!

その場で瞬時に最大10社の
口コミと予想金額が分かる

工事の内容を入力すれば、その場で最大10社の口コミとAI予想金額を見ることができます。内容を見た上で一括見積依頼ができるので、効率良く工事会社を絞り込むことができます。

その場で最大10社の口コミと予想金額が分かる
安い!

解体専業の会社を比較してコストダウンできる

くらそうねには、解体専業の会社が800社も登録しています。ハウスメーカー、ゼネコン、工務店を挟まないため、無駄なマージンを省くことが可能です。

専門工事業者が直接契約することで建設会社のマージンをカット。
安心!

困った時はサポート窓口で
アドバイスを受けられる

工事会社の比較、工事金額の交渉、工事中の疑問、といった内容でお悩みの際には、無料コンサルティングサービスを利用できるので、いつでも安心です。

困った時はサポート窓口でアドバイスを受けられる

国内最大級

  • 月間利用者数17万人以上
  • 登録解体工事会社800社以上
顧客満足度91.2%
工事取扱い高40億円
ご相談件数50,000件以上
※1 ユニークブラウザー数※2 くらそうねサービス全体の利用者数

「手間を掛けずにコストを削減したい」
という方はお気軽にご活用ください!

構造別の坪単価の推移

延床面積木造鉄骨鉄筋コンクリートその他
10坪未満3.5万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
10坪台3.4万円 / 坪2.9万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
20坪台3.1万円 / 坪2.9万円 / 坪2.7万円 / 坪-万円 / 坪
30坪台2.9万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
40坪台2.9万円 / 坪-万円 / 坪3.0万円 / 坪-万円 / 坪
50坪台2.6万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
60坪台1.9万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
70坪以上1.8万円 / 坪2.9万円 / 坪3.6万円 / 坪-万円 / 坪

解体費用は面積が大きいほど割安になり、面積が小さいほど割高になります。坪単価を参考にする場合には、同じ規模の建物を参考にすることが大切です。

解体費用を見る上で知っておきたいポイント

①解体費用の内訳は、人件費・廃棄物処分費・諸経費
人件費が4割と廃棄物処分費が3割というように、2つの項目でほとんどの割合を占めています。

②工事会社によって内容が大きく異なる可能性がある
同じ建物の解体工事であっても、工事会社によって金額が3割以上異なる場合が有ります。
理由その1
工事の段取りが良く、短工期で効率的に工事を終わらせることで、人件費を抑えている
理由その2
廃棄物処理場との条件交渉したり、自社で処理場を持つことによって、処分費を抑えている
最初から1社に絞るのではなく、3社以上相見積もりを取っていただくことをお薦めします。また、金額差があった場合には、担当者にその理由も確認してみましょう。

③安すぎる解体工事はトラブルになる可能性も
安さだけで工事会社を選ぶと、後々トラブルに発展する可能性もあります。
例1)安いと思っていたら、後に不法投棄をしている解体工事会社であることが判明した
例2)圧倒的に安い見積りで工事を発注したものの、工事中に高圧的な態度で追加費用を請求された
このような事態に巻き込まれないためにも、冷静に比較することが大切です。

那賀郡那賀町の解体工事事情

総務省発表(2018年:5年更新)の住宅・土地統計調査によると、全住宅ストックに占める「その他空き家」(長期不在・取り壊し予定などの住宅)の数は、
徳島県内で39,300戸、その他空き家率は10.3%(全国平均5.6%)となっています。
今後も増加の一途を辿る傾向にあり、解体工事全体の需要も高まると予想されます。

なお、市町村別の内訳として数の多い市町村は、徳島市(7,970戸)・阿南市(3,220戸)・三好市(2,970戸)・美馬市(2,940戸)・鳴門市(2,880戸)で、
率の高い市町村は、三好市(19.4%)・美馬市(18.9%)・阿波市(13.0%)・吉野川市(11.9%)・阿南市(10.1%)となっています。

那賀郡那賀町の解体工事補助金

老朽危険空き家等除却支援事業

老朽危険空き家住宅及び老朽危険空き建築物を対象に、老朽危険空き家等の除却に要する費用について国事業を活用して当該老朽危険空き家等の所有者に対して補助。

対象要件

※次の要件のすべてを満たすもの。

・空き家判定士が空き家判定業務(除却タイプの2次調査)を行ったもの
・老朽空き家除却支援事業を併用しない
・町内に存するもので、木造住宅の耐震化(耐震診断を除く。)に係る那賀町の補助金の交付を受けていないものに限る
・公共事業等による移転、建替え等の補償対象となっていないもの
・所有者又は申請者が那賀町暴力団排除条例第2号第1号に規定する暴力団又は同条第2号に規定する暴力団でないこと
・所有者及び申請者が、町税、使用料、手数料その他これに類するものについて滞納がないこと。

対象経費

※次に掲げる経費(ただし、町内の解体業者が施工するものに限る。)

・老朽危険空き家等の除却に要する経費
・老朽危険空き家等の除却を行う民間事業者に対する除却工事等に要する経費について補助する費用

補助金の額

国事業の補助対象である老朽危険空き家等の除却工事費及び除却により通常生ずる損失の補償費の合計額の5分の4以内かつ上限80万円以内

※申し込み方法等、詳しくは那賀町ホームページをご覧ください。
http://www.town.tokushima-naka.lg.jp/gyosei/reiki/reiki_honbun/r093RG00000825.html

老朽空き家除却支援事業

老朽空き家を対象に、老朽空き家の除却に要する費用について国事業を活用して当該老朽空き家の所有者に対して補助。

対象要件

※次の要件のすべてを満たすもの。

・空き家判定士が空き家判定業務(除却タイプの2次調査)を行ったもの
・老朽危険空き家等除却支援事業を併用しない
・町内に存するもので、木造住宅の耐震化(耐震診断を除く。)に係る那賀町の補助金の交付を受けていないものに限る
・公共事業等による移転、建替え等の補償対象となっていないもの
・所有者又は申請者が那賀町暴力団排除条例第2号第1号に規定する暴力団又は同条第2号に規定する暴力団でないこと
・所有者及び申請者が、町税、使用料、手数料その他これに類するものについて滞納がないこと。

対象経費

※次に掲げる経費(ただし、町内の解体業者が施工するものに限る。)

・老朽空き家の除却に要する経費
・老朽空き家の除却を行う民間事業者に対する除却工事等に要する経費について補助する費用

補助金の額

国事業の補助対象である老朽空き家の除却工事費及び除却により通常生ずる損失の補償費の合計額の5分の4以内かつ上限40万円以内

※申し込み方法等、詳しくは那賀町ホームページをご覧ください。
http://www.town.tokushima-naka.lg.jp/gyosei/reiki/reiki_honbun/r093RG00000825.html

住宅の住替え支援事業

必要な耐震性を有しない木造住宅からの建替え・住替えに伴う除却工事に対して助成。

対象住宅

町内に存し、昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅で、評点が0.7未満と判定されたもの。

対象者

※次のいずれかに該当する者。

(1)現に居住している木造住宅(改修後居住する予定の木造住宅も含む。)を所有する者
(2)町長が移住推進に資するものと認める木造住宅に移住する者

補助要件

※次の要件のすべてを満たすもの。

(1)住宅を除却する工事
(2)地震時に倒壊の危険があるコンクリートブロック塀の撤去等に必要な工事

補助金の額

・補助率:5分の2以内
・補助限度額:1棟あたり300,000円

※申し込み方法等、詳しくは那賀町ホームページをご覧ください。
http://www.town.tokushima-naka.lg.jp/gyosei/reiki/reiki_honbun/r093RG00000815.html

・解体業者:建設業法第3条第1項の許可を受けた建設業者又は建設工事に係る資材の再資源化に関する法律第21条第1項の登録を受けた解体工事業者で県内に本店又は営業所を有する者(個人事業者を含む。)をいう。
・補助対象住宅は、県内に存するもので、過去に耐震改修等に係る県又は那賀町の補助金の交付を受けていないものに限る。

耐震改修支援事業

木造住宅の耐震改修工事に対して助成。

対象住宅

町内に存し、平成12年5月31日以前に着工された木造住宅で、評点が1.0未満と判定されたもの。

補助要件

・改修後の評点を1.0以上とするもの
・高さ1.5メートル以上の家具を固定
・耐震改修施工者等が施工
・那賀町が別に定める啓発活動への協力及びエシカル消費(県産材利用や廃棄物の削減など)への取組
・感震ブレーカー(分電盤タイプに限る。以下同じ。)を設置

補助工事

・改修後の評点を向上させる耐震改修
・評点に反映しない部分的な欠陥を改善する工事
・地震時に倒壊の危険があるコンクリートブロック塀の撤去等に必要な工事
・家具を固定する工事
・町長が減災に寄与すると認めた耐震改修関連工事

対象者

※次のいずれかに該当する者。

(1)現に居住している木造住宅(改修後居住する予定の木造住宅も含む。)を所有する者
(2)町長が移住推進に資するものと認める木造住宅に移住する者

補助金の額

・補助率:5分の4以内
・補助限度額:1棟あたり1,000,000円

※申し込み方法等、詳しくは那賀町ホームページをご覧ください。
http://www.town.tokushima-naka.lg.jp/gyosei/reiki/reiki_honbun/r093RG00000815.html

・解体業者:建設業法第3条第1項の許可を受けた建設業者又は建設工事に係る資材の再資源化に関する法律第21条第1項の登録を受けた解体工事業者で県内に本店又は営業所を有する者(個人事業者を含む。)をいう。
・補助対象住宅は、県内に存するもので、過去に耐震改修等に係る県又は那賀町の補助金の交付を受けていないものに限る。

住まいの安全・安心なリフォーム支援事業

木造住宅の耐震化工事若しくは耐震化工事と併せて行うリフォーム工事に対して助成する事業。

対象住宅

町内に存し、平成12年5月31日以前に着工された木造住宅で、評点が1.0未満と判定されたもの。

補助要件

・持屋にあっては、改修後の評点を向上させるもの(評点を0.7以上とするものに限る。)又は耐震シェルター若しくは耐震ベッドを設置するもの又はこれらに相当するものとして知事が認めるもの
・貸家にあっては、改修後の評点を向上させるもの(評点を1.0以上とするものに限る。)
・高さ1.5メートル以上の家具を固定 ・耐震改修施工者等が施工 ・那賀町が別に定める啓発活動への協力

補助工事

・改修後の評点を向上させる耐震改修工事又は耐震シェルター又は耐震ベッドを設置する工事又はこれらに相当するものとして知事が認める工事
・町長が省エネルギー性能の向上に資すると認める工事
・町長がバリアフリー化に資すると認める工事
・地震時に倒壊の危険があるコンクリートブロック塀の撤去等に必要な工事
・家具を固定する工事
・特に町長が認める工事

対象者

※次のいずれかに該当する者。

(1)現に居住している木造住宅(改修後居住する予定の木造住宅も含む。)を所有する者
(2)町長が移住推進に資するものと認める木造住宅に移住する者

補助金の額

・補助率:5分の4以内
・補助限度額:1棟あたり1,000,000円
※ただし、耐震改修と併せて感震ブレーカーを設置する場合及び感震ブレーカーを設置している場合は、補助割合に関係なく100,000円(町内に住所を有する建設業者等が施工する場合)を加算することができる。

※申し込み方法等、詳しくは那賀町ホームページをご覧ください。
http://www.town.tokushima-naka.lg.jp/gyosei/reiki/reiki_honbun/r093RG00000815.html

注意事項

・解体業者:建設業法第3条第1項の許可を受けた建設業者又は建設工事に係る資材の再資源化に関する法律第21条第1項の登録を受けた解体工事業者で県内に本店又は営業所を有する者(個人事業者を含む。)をいう。
・補助対象住宅は、県内に存するもので、過去に耐震改修等に係る県又は那賀町の補助金の交付を受けていないものに限る。

ブロック塀等撤去支援事業補助金

ブロック塀等の撤去を行う所有者に対し、その経費の一部について、町が予算の範囲内において補助。

対象要件

※次に掲げる事項の全てに該当するもの

(1)町職員が危険なブロック塀等としてHP内別表1又は別表2に従い点検した結果、安全対策が必要と判定されたもの
(2)倒壊した際、前面の道路等を閉塞し、通行を妨げるもの
(3)危険なブロック塀等の撤去後に道路等からの高さが40cmを超えるブロック塀を新たに設置しないこと

対象者

HP内別表第1又は別表第2の要件を満たす危険なブロック塀等を那賀町内に所有、若しくは管理する者であること。

※次のいずれかに該当する者は、前項にかかわらず補助対象外とする。
(1)国及び地方公共団体その他公共団体
(2)所有者及び申請者が、町税、使用料、手数料その他これに類するものについて滞納がある者
(3)補助対象に要する経費の全部又は一部について、この要綱以外に補助を受けようとする者又は受けた者
(4)その他町長が補助金の交付を不適当と認める者

補助金の額

補助率:一団の土地につき対象経費の5分の4以内かつ道路等に面する危険なブロック塀等の撤去する長さ(10cm未満切り捨て)に1m当たり1万円を乗じて得た額
(1,000円未満切り捨て)

補助限度額:一団の土地あたり80,000円

※申し込み方法等、詳しくは那賀町ホームページをご覧ください。
http://www.town.tokushima-naka.lg.jp/gyosei/mobile/reiki/reiki_honbun/r093RG00000946.html

注意事項

・過去に同補助金を受けていない一団の土地に限る。ただし、町長が補助対象者に特にやむを得ない事情があると認めるときはこの限りではない。

サービス利用者様の声

※こんなご相談の声が寄せられています
もっと見る

国内最大級

  • 月間利用者数17万人以上
  • 登録解体工事会社800社以上
顧客満足度91.2%
工事取扱い高40億円
ご相談件数50,000件以上
※1 ユニークブラウザー数※2 くらそうねサービス全体の利用者数

「手間を掛けずにコストを削減したい」
という方はお気軽にご活用ください!

お客様の個人情報はプライバシーマーク制度及びISMSに準拠して安全に管理されます。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00