国内最大級

  • 月間サイト訪問者数20万ユーザー
  • 登録解体工事会社1,500社以上

優良な解体業者を比較し最安値を実現!喜多方市の
解体工事業者から
無料一括見積もり

【見積もり無料】工事会社からの営業電話なし

お申し込みが殺到した理由

安い!

解体専業の会社を比較してコストダウンできる

クラッソーネには、解体専業の会社が1000社も登録しています。ハウスメーカー、ゼネコン、工務店を挟まないため、無駄なマージンを省くことが可能です。

専門工事業者が直接契約することで建設会社のマージンをカット。
安心!

困った時はサポート窓口で
アドバイスを受けられる

工事会社の比較、工事金額の交渉、工事中の疑問、といった内容でお悩みの際には、無料コンサルティングサービスを利用できるので、いつでも安心です。

困った時はサポート窓口でアドバイスを受けられる

国内最大級

  • 月間サイト訪問者数20万ユーザー
  • 登録解体工事会社1,500社以上
顧客満足度96.7%
平均費用削減率18.4%
工事契約実績10,000件

「手間を掛けずにコストを削減したい」
という方はお気軽にご活用ください!

各数値等の定義について

月間サイト訪問者数20万ユーザー

当ウェブサイトの2020年7月の月間ユニークブラウザー数

顧客満足度96.7%

自社アンケート調査結果(2020年4月~7月)にて、アンケート内容の【「クラッソーネ」を利用した満足度はいかがでしたか?】が「満足」及び「やや満足」の割合

平均費用削減率18.4%

クラッソーネで2件以上見積もりを取得し税込100万円以上の契約をした方の提出された見積もりの平均額との差分

工事契約実績

「クラッソーネ」及び前身となる解体一括見積サービスの合計

登録工事会社1,500社

2021年9月末時点の値

国交省分科会にて紹介

2020年6月26日開催の国土交通省社会資本整備審議会住宅宅地分科会にて、AIを活用したマッチングサービスとして分科会資料に掲載

構造別の坪単価の推移

延床面積木造鉄骨鉄筋コンクリートその他
10坪未満-万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪2.4万円 / 坪
10坪台3.1万円 / 坪4.5万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
20坪台3.0万円 / 坪-万円 / 坪3.3万円 / 坪3.2万円 / 坪
30坪台2.7万円 / 坪2.4万円 / 坪-万円 / 坪2.0万円 / 坪
40坪台2.6万円 / 坪3.0万円 / 坪3.1万円 / 坪2.5万円 / 坪
50坪台2.6万円 / 坪2.9万円 / 坪-万円 / 坪3.2万円 / 坪
60坪台2.4万円 / 坪2.5万円 / 坪2.9万円 / 坪1.4万円 / 坪
70坪以上2.7万円 / 坪2.6万円 / 坪2.7万円 / 坪2.6万円 / 坪

解体費用は面積が大きいほど割安になり、面積が小さいほど割高になります。坪単価を参考にする場合には、同じ規模の建物を参考にすることが大切です。

解体費用を見る上で知っておきたいポイント

①解体費用の内訳は、人件費・廃棄物処分費・諸経費
人件費が4割と廃棄物処分費が3割というように、2つの項目でほとんどの割合を占めています。

②工事会社によって内容が大きく異なる可能性がある
同じ建物の解体工事であっても、工事会社によって金額が3割以上異なる場合が有ります。
理由その1
工事の段取りが良く、短工期で効率的に工事を終わらせることで、人件費を抑えている
理由その2
廃棄物処理場との条件交渉したり、自社で処理場を持つことによって、処分費を抑えている
最初から1社に絞るのではなく、3社以上相見積もりを取っていただくことをお薦めします。また、金額差があった場合には、担当者にその理由も確認してみましょう。

③安すぎる解体工事はトラブルになる可能性も
安さだけで工事会社を選ぶと、後々トラブルに発展する可能性もあります。
例1)安いと思っていたら、後に不法投棄をしている解体工事会社であることが判明した
例2)圧倒的に安い見積もりで工事を発注したものの、工事中に高圧的な態度で追加費用を請求された
このような事態に巻き込まれないためにも、冷静に比較することが大切です。

喜多方市の解体工事事情

総務省発表(2018年:5年更新)の住宅・土地統計調査によると、全住宅ストックに占める「その他空き家」(長期不在・取り壊し予定などの住宅)の数は、
福島県内で58,900戸、その他空き家率は6.8%(全国平均5.6%)となっています。
今後も増加の一途を辿る傾向にあり、解体工事全体の需要も高まると予想されます。

なお、市町村別の内訳として数の多い市町村は、いわき市(8,810戸)・郡山市(7,430戸)・南相馬市(5,750戸)・福島市(5,680戸)・会津若松市(3,640戸)で、
率の高い市町村は、南相馬市(18.9%)・南会津郡南会津町(13.5%)・喜多方市(13.1%)・耶麻郡猪苗代町(11.2%)・西白河郡矢吹町(9.9%)となっています。

喜多方市の解体工事補助金

老朽危険空き家等解体撤去補助金

市が危険と判断した空き家等の解体撤去費用を補助。

対象要件

・喜多方市空家等対策計画の規定により、市長が危険な空き家と判断したもの、または、市から指導、勧告または命令の対象となったもの
・市内に存し、1年以上使用されていないもの
・個人が所有するもの

対象者

・登記事項証明書に記載されている者、またはその相続人
・未登記の場合は固定資産税家屋台帳または固定資産税納税通知書に記載されている者、またはその相続人

補助金の額

・補助対象経費(消費税および地方消費税を除く。)に相当する額に3分の1を乗じて得た額(1,000円未満は切り捨て)
・上限は50万円

※申し込み方法等、詳しくは喜多方市ホームページをご覧ください。
https://www.city.kitakata.fukushima.jp/soshiki/toshiseibi/16510.html

注意事項

・当該空き家がある同一の敷地または一団の土地に使用している建築物等がある場合は、当該空き家は補助対象とはならない。

空き家再生推進事業補助金

安心安全なまちづくりおよび居住環境の改善を図るための空き家等の再生または解体撤去費用を補助。

対象要件

・本事業による空き家の跡地は、計画的に公共施設用地等の用途に10年以上活用すること
・本事業により改修した空き家等は、地域コミュニティー維持や再生の用途に10年以上活用すること

対象者

・市内の行政区
市内で活動する団体

補助金の額

【行政区】
・空き家等の解体撤去:事業費の10分の9以内(上限150万円)
・空き建築物の活用:事業費の10分の9以内(上限150万円)

【市内で活動する団体】
・空き家等の解体撤去:事業費の5分の4以内(上限150万円)
・空き建築物の活用:事業費の3分の2以内(上限150万円)

※申し込み方法等、詳しくは喜多方市ホームページをご覧ください。
https://www.city.kitakata.fukushima.jp/soshiki/toshiseibi/16510.html

注意事項

・当該空き家がある同一の敷地または一団の土地に使用している建築物等がある場合は、当該空き家は補助対象とはならない。

空き家等解体撤去促進補助金

利用目的のない空き家等の解体撤去費用を補助。

対象要件

・市内に存し、1年以上使用されていないもの
・個人が所有しているもの
・喜多方市空家等対策計画に基づく特定空家等の判定において、現地確認の結果がB判定となった空き家等

対象者

・登記事項証明書に記載されている者、またはその相続人
・未登記の場合は固定資産税家屋台帳または固定資産税納税通知書に記載されている者、またはその相続人

補助金の額

・補助対象経費(消費税および地方消費税を除く。)に相当する額に10分の1を乗じて得た額(1,000円未満は切り捨て)
・上限は15万円

※申し込み方法等、詳しくは喜多方市ホームページをご覧ください。
https://www.city.kitakata.fukushima.jp/soshiki/toshiseibi/16510.html

注意事項

・当該空き家がある同一の敷地または一団の土地に使用している建築物等がある場合は、当該空き家は補助対象とはならない。

被災者生活再建支援制度(東日本大震災)

東日本大震災(地震・津波)によりその生活基盤に目立つ被害を受けた世帯に対し、都道府県が相互扶助の観点から拠出した基金を活用して支援金を支給。

対象世帯

(1)住宅が「全壊」した世帯
(2)住宅が「大規模半壊」した世帯
(3)住宅が「半壊」、または敷地に被害が生じ、その住宅をやむを得ず解体した世帯(「半壊解体」)

補助金の額

支給額は、以下の2つの支援金の合計額。(世帯数が1人の場合は、各該当欄の金額の3/4の額)
(1)基礎支援金(住宅の被害程度に応じて支給する支援金)
・「全壊」、「半壊解体」の場合:100万円
・「大規模半壊」の場合:50万円

(2)加算支援金(住宅の再建方法に応じて支給する支援金)
・「建設購入」する場合:200万円
・「補修」する場合:100万円
・「賃貸(公営住宅を除く)」する場合:50万円

※申し込み方法等、詳しくは福島県ホームページをご覧ください。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/36-1.html

注意事項

・申請期間
(1)基礎支援金:令和3年4月10日まで
(2)加算支援金:令和3年4月10日まで

被災者生活再建支援制度(令和元年台風第19号)

自然災害により住宅に被害があった世帯を対象に支援金を支給。

対象世帯

(1)住宅が「全壊」した世帯
(2)住宅が半壊、又は住宅の敷地に被害が生じ、その住宅をやむを得ず解体した世帯
(3)災害により危険な状態が継続し、住宅に居住不能な状態が長期間継続している世帯
(4)住宅が半壊し、大規模な補修を行わなければ居住することが困難な世帯(大規模半壊世帯)

補助金の額

支給額は、以下の2つの支援金の合計額。(世帯数が1人の場合は、各該当欄の金額の3/4の額)
【基礎支援金】
・全壊・解体・長期避難:100万円
・大規模半壊:50万円

【加算支援金】
・建築・購入:200万円
・補修:100万円
・賃借(公営住宅以外):50万円

※申し込み方法等、詳しくは福島県ホームページをご覧ください。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025b/shienhou.html

サービス利用者様の声

※こんなご相談の声が寄せられています

工事住所: 福島県喜多方市

道路側側壁の部分を木造モルタル仕上げにしてください。

工事住所: 福島県喜多方市

解体する予定ですが、親族間の話し合い中の為時期再検討しています。恐らく年明けの2〜3月頃になりそうです。敷地内に両親が住んでおり、住まいの隣にある建物を解体したいと思っています。

工事住所: 福島県喜多方市

家屋の解体工事をお願いします。宅内に家電、家具等、生活必需品一式が残置されておりますので、それらも含めて廃棄処分依頼希望です。

工事住所: 福島県喜多方市

解体工事の依頼です。家財道具の処分もお願いします。

工事住所: 福島県喜多方市

解体工事の依頼です。家財道具の処分はありません。

工事住所: 福島県喜多方市

古屋と小屋、シャッター付車庫の解体にどれくらいの費用がかかりますか?家財道具の処分は未定です。

工事住所: 福島県喜多方市

建坪28㎡、木造二階建の解体工事の依頼です。家財道具の処分はありません。新築後に駐車場をコンクリートにしたいと思ってます。車4台金額はどれくらいですか?

工事住所: 福島県喜多方市

解体工事の依頼です。木造二階建で、築75年以上です。平成10年から空き家になっています。敷地坪数は、27、8坪くらいです。家の中にはタンスなど不用品がありますが、それも一緒に処分していただきたいと考えていますが、可能でしょうか。

工事住所: 福島県喜多方市

市内で解体を含む土地の売買の話になりましたので、解体の見積もりを取りたいです。可能であればお見積もりお願い致します。家財道具の処分をお願いします。

工事住所: 福島県喜多方市

木造の小屋の解体見積をお願いします。家財道具の処分は未定です。

工事住所: 福島県喜多方市

解体工事の依頼です。坪単価及び安価におさえる方法を教えてください。

工事住所: 福島県喜多方市

現在空き家になっている木造の農家住宅60坪と土蔵10坪の解体を考えています。良心的な解体業者さんの紹介と見積もりをお願いします。

工事住所: 福島県喜多方市

一般的な更地売却レベルまでの解体見積もりをお願いします。

工事住所: 福島県喜多方市

更地引き渡しにした場合、おおよそおいくらの解体費用が掛かるのかと思い、ご連絡をさせていただきました。

もっと見る

喜多方市の解体工事会社一覧

※工事会社のリストデータは行政から開示された許可情報等を元に作成しています。一括見積サービスに登録していない会社も掲載しています。

国内最大級

  • 月間サイト訪問者数20万ユーザー
  • 登録解体工事会社1,500社以上
顧客満足度96.7%
平均費用削減率18.4%
工事契約実績10,000件

「手間を掛けずにコストを削減したい」
という方はお気軽にご活用ください!

お客様の個人情報はプライバシーマーク制度及びISMSに準拠して安全に管理されます。

各数値等の定義について

月間サイト訪問者数20万ユーザー

当ウェブサイトの2020年7月の月間ユニークブラウザー数

顧客満足度96.7%

自社アンケート調査結果(2020年4月~7月)にて、アンケート内容の【「クラッソーネ」を利用した満足度はいかがでしたか?】が「満足」及び「やや満足」の割合

平均費用削減率18.4%

クラッソーネで2件以上見積もりを取得し税込100万円以上の契約をした方の提出された見積もりの平均額との差分

工事契約実績

「クラッソーネ」及び前身となる解体一括見積サービスの合計

登録工事会社1,500社

2021年9月末時点の値

国交省分科会にて紹介

2020年6月26日開催の国土交通省社会資本整備審議会住宅宅地分科会にて、AIを活用したマッチングサービスとして分科会資料に掲載