岡山県高梁市の
解体業者が見つかる!
解体業者一覧と補助金情報

秋のWキャンペーン

詳しくみる

本キャンペーンは㈱クラッソーネによる提供です。本キャンペーンについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。㈱クラッソーネキャンペーン事務局(フリーダイヤル:0120-479-033)までお願いいたします。Amazon、Amazon.co.jpおよびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

アマゾンギフトカードと失敗しない解体工事完全ガイドブック、年末Wプレゼントキャンペーン!!

本キャンペーンは㈱クラッソーネによる提供です。本キャンペーンについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。㈱クラッソーネキャンペーン事務局(フリーダイヤル:0120-479-033)までお願いいたします。Amazon、Amazon.co.jpおよびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

高梁市のおすすめ解体業者一覧

高梁市で解体工事を検討している方に向けて、高梁市のおすすめ解体業者、解体費用相場、補助金情報をまとめています。
クラッソーネでは、工事会社の比較、工事金額の交渉、工事中の疑問、といった内容でお悩みの際には、無料コンサルティングサービスを利用できるので、気軽にご相談ください。

高梁市の解体業者
1件〜10件/39

興成開発株式会社

3.1
興成開発株式会社のイメージ
興成開発株式会社のイメージ
興成開発株式会社のイメージ
社名興成開発株式会社
所在地岡山県高梁市備中町東油野1225
代表者名谷本 照道
営業日・時間月~土曜 8:00~17:00
資本金3,300万円
設立年月日1971年05月12日
従業員数8名

この解体業者の特徴

  • 工事前の近隣挨拶
  • 創業30年以上
  • 保険加入
  • 木造対応
  • 鉄骨造対応
  • RC造対応
  • 火災物件対応
  • アスベスト含有建材撤去対応
  • 吹付アスベスト撤去対応
  • ブロック塀撤去対応
  • 造成工事対応
  • 10年以上無事故
  • 10年以上無違反

野田コンストラクション株式会社

-
野田コンストラクション株式会社のイメージ
社名野田コンストラクション株式会社
所在地岡山県高梁市落合町近似30-1
※工事会社のリストデータは行政から開示された許可情報等を元に作成しています。一括見積サービスに登録していない会社も掲載しています。また情報が最新でない場合もございます。株式会社クラッソーネはこの情報に基づいて生じた損害についての責任を負いません。

高梁市の解体費用相場

高梁市の解体費用相場を市区町村ごとに坪数別、構造別の坪単価という形で過去クラッソーネで提出された見積書総額の平均相場を基に記載しています。
地域によって価格に差があるため、同一エリアの相場と比較することが大切です。
延床面積木造鉄骨鉄筋コンクリートその他
10坪未満6.1万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
10坪台6.4万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
20坪台5.9万円 / 坪5.6万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
30坪台5.4万円 / 坪5.8万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
40坪台5.2万円 / 坪5.2万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
50坪台4.9万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
60坪台4.4万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪
70坪以上4.2万円 / 坪4.6万円 / 坪-万円 / 坪-万円 / 坪

時系列別の坪単価の推移

坪単価
20204.9万円
20215.3万円
20225.8万円

解体費用は「建物本体の解体費用+廃材処分費+諸経費」の3つの費用で構成されます。リサイクルコストの高まりの影響で、近年は廃材処分費が増加傾向です。

高梁市の解体工事事情

総務省発表(2018年:5年更新)の住宅・土地統計調査によると、全住宅ストックに占める「その他空き家」(長期不在・取り壊し予定などの住宅)の数は、
岡山県内で73,400戸、その他空き家率は8.0%(全国平均5.6%)となっています。
今後も増加の一途を辿る傾向にあり、解体工事全体の需要も高まると予想されます。

なお、市町村別の内訳として数の多い市町村は、岡山市(19,100戸)・倉敷市(12,120戸)・津山市(5,760戸)・笠岡市(3,790戸)・玉野市(3,070戸)で、
率の高い市町村は、美作市(18.5%)・備前市(16.6%)・笠岡市(15.9%)・新見市(15.5%)・高梁市(14.5%)となっています。

高梁市の近隣の解体相場を調べる

高梁市の解体補助金情報

空き家の除却(高梁市老朽危険建物除却促進事業補助金)について


暮らしの安全・安心の確保や住環境の向上を図ることを目的に、老朽化した危険な空き家で、近隣民家や道路に被害を与えるおそれがある「老朽危険建物」の除却工事費の一部を助成します。

※補助金交付申請の前に、老朽危険建物認定申請が必要です。

申請書配布


高梁市役所環境課の窓口及び各地域局の窓口にて配布します。

高梁市のホームページからもダウンロード可能です。

対象建築物(次のいずれにも該当すること)


(1)高梁市に存在する不良住宅で空き家になっている建築物

(2)近隣民家や道路に被害を与えるおそれがある建築物

(3)「住宅の不良度判定基準」かつ「周辺への危険度判定」の基準を満たした建築物危険建物

補助対象経費


交付対象者が行う除却工事費で、解体業者に支払う請負代金

補助金の額は、交付対象経費の額に3分の1を乗じて得た額(1,000円未満の端数は切り捨て)または30万円の

いずれか少ない額とする。                                                                 

解体業者


高梁市内に事業所があり、建築工事業、土木工事業、とび・土工工事業のいずれかの許可を有する業者

または解体工事業の届出をしている業者

注意事項


(1)補助金交付決定前に工事着手された場合は、補助の対象になりません。

ご注意ください。

(2)補助金交付決定後はすみやかに除却工事を行って頂き、除却工事が完了した日から30日以内。

または当該年度の3月31日のいずれか早い日までに事業実績報告書を提出して下さい。

※申し込み方法等、詳しくは各自治体のホームページをご覧ください。

自治体ホームページはこちら

危険なブロック塀等を撤去しましょう-ブロック塀等撤去事業

高梁市ブロック塀等撤去事業について


近年発生している大規模な地震では、危険なブロック塀等が倒壊したことにより大きな被害が発生しています。

ブロック塀等の倒壊は、通行人や車両への被害や避難や救助活動妨げになります。また、余震等により二次被害が発生する恐れもあります。

高梁市では、こうした被害を未然に防ぎ、災害に強い安心安全なまちづくりを推進するため、危険なブロック塀等について、その撤去費用の一部を補助します。

なお、申請される際は、事前に都市整備課へご相談ください。

※ブロック塀等とは、補強コンクリートブロック、レンガ、石積み等の組積造の塀などを指します。ただし、土塀や万年塀は除きます。

◆ 補助の内容


危険なブロック塀等を、原則、全部撤去する工事費のうち、次のどちらか少ない額の3分の2以内の額(千円未満切り捨てます。)ただし、上限は15万円とします。

(1) 対象となるブロック塀等の撤去に要する費用(見積額)

(2) 対象となるブロック塀等の長さに1mあたり9千円を乗じた額

◆ 対象となるブロック塀等


対象となるブロック塀は次の条件をすべて満たすものです。 

(1) 市内に存するもの

(2) 避難路※1に面しているもの※2(建築物に付属しない単体のブロック塀等も含みます。)

(3) ブロック塀等の高さが、道路面から80cm以上あるもの

(4) 道路境界線からの距離が、ブロック塀等の高さ以下のもの

(5) 「既存ブロック塀等点検チェックリスト」のいずれかの項目に不適合な項目がある危険なブロック塀等であるもの

※1 避難路とは以下の道路を指します。

ア)緊急輸送道路   イ)住宅や事業所等から避難所や避難場所へいたる経路   ウ)各小中学校へ報告されている通学路

※2 同一敷地内にあるブロック塀等であっても避難路に面していない部分は対象になりません。(宅地と宅地の境にあるものや私道に面しているもの など)

※3 ブロック塀等が面している道路の幅員が4m未満の場合で、撤去後に新しくフェンス等を設置する場合は、建築基準法(昭和25年法律第201号)の規定に基づき、セットバックする必要があります。

また、撤去する際も、セットバックが必要なところに、通行の支障となるようなもの(ブロック塀等の残りや基礎等)を残さないように撤去してください。

◆ 補助の対象者(申請できる人)


(1) 対象となるブロック塀等の所有者(法人や区分所有建築物の管理組合も含む)

(2) 市税を完納している人

(3) 暴力団関係でない人(暴力団員及び暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者)

◆ 補助金の申請に必要な書類


高梁市ブロック塀等撤去事業補助金交付申請書(様式第1号)に次の書類を添えて申請して下さい。

なお、申請をされる前には、必ず都市整備課へご相談ください。

(1) ブロック塀等の所有者であることを示す書類(家屋等に係る登記事項証明書もしくは固定資産税評価証明書の写し)

(2) 申請者が法人の場合は、その法人に係る登記事項証明書の写し

(3) 区分所有建築物の場合は、管理組合の規約及び撤去事業実施に係る決議書の写し

(4) 付近見取図

(5) 配置図(ブロック塀等の位置、高さ、長さ、道路境界線からブロック塀等までの距離がわかるもの)

(6) 既存ブロック塀等撤去事業調書(別記様式第1号)

(7) 既存ブロック塀等点検チェックリスト(別記様式第2号)

(8) ブロック塀等の現況写真(点検チェックリストのチェック項目がわかるもの)

(9) 補助対象工事に係る見積書及び見積内訳書の写し

(10) 市税を滞納していないことを証明する書類

(11) 誓約書(別記様式第3号)

◆補助事業の流れ

(1)事前相談


申請される前に都市計画課建築係へ必ずご相談ください。

事前相談の際に、現況がわかる写真をお持ちください。

(2)補助金交付申請~着手まで


補助金交付申請書に必要書類を添えて都市計画課へ提出してください。補助要件を審査した後、交付決定を通知します。

なお、工事業者との契約や工事については、交付決定通知書を受け取った後に行ってください。それより前に契約や工事を行った場合は補助が受けられなくなります。

(3) 撤去工事~補助金振込みまで


契約後、既存ブロック塀等の撤去工事を行い、撤去完了後に実績報告書に必要書類を添えて提出してください。提出された書類を審査の後、市から補助金を指定された口座へ振込みます。

なお、補助金の振込みには、請求書をいただいてから、多少時間を要しますので、あらかじめご了承ください。

詳しい補助制度の流れについてはこちらから ⇒⇒⇒ ブロック塀等撤去事業補助金の交付までの流れ [pdf">自治体ホームページはこちらファイル/9KB]

◆ブロック塀等の点検チェック項目


構造別に点検し、1つでも点検結果に不適合項目があれば補助の対象となります。

◆申請書受け付け期間


申請書受け付け:令和4年5月6日~令和5年1月31日 ※令和5年2月中に事業が完了するもの

※申請される前に都市整備課住宅係へ必ずご相談ください。(相談は4月からお受けします。)

※申し込み方法等、詳しくは各自治体のホームページをご覧ください。

自治体ホームページはこちら

※上記情報は、最新情報でない場合があります。最新情報は、自治体ホームページか各補助金の担当課にお問い合わせください。
クラッソーネ 安心保証パック

国内最大級

サービス利用者10万名以上
登録解体業者1500以上
顧客満足度95.8%, 平均費用削減率16.7%, 工事契約実績12,000件

※各数値等の定義についてはをご覧ください。

各数値等の定義について

登録工事会社:1,500社

2022年9月末時点

契約工事実績:12,000件

2022年9月末時点

サービス利用者:100,000名以上

2022年9月末時点

満足度:95.8%

完工お客様満足度アンケート(自社調べ)2022年1Q回答実績データより

平均費用削減額:16.7%

クラッソーネで2件以上見積もりを取得し税込100万円以上の契約をした方の提出された見積もりの平均額との差分

2022年9月末時点

その他

空き家対策モデル事業採択実績、自治体締結実績豊富

よくある質問
解体工事でよくあるQ&Aをまとめています。是非参考にしてください。
高梁市でおすすめの解体業者はどこですか?

高梁市のおすすめ解体業者をクラッソーネ独自の基準で順番に掲載していますので、こちらから解体業者一覧をご確認ください。から解体業者一覧をご確認ください。

高梁市の解体費用の相場はどれぐらいですか?

高梁市の解体費用相場を坪数別、構造別の坪単価という形で過去クラッソーネで提出された見積書総額の平均相場を基に記載しています。から解体費用相場をご確認ください。

高梁市の解体工事で補助金は使えますか?

高梁市での解体工事の際に利用できる補助金情報をまとめていますので、から補助金情報をご確認ください。

クラッソーネ 安心保証パック

岡山県内の市区町村を選択