小矢部市の解体費用相場と坪単価

【見積無料】工事会社からの営業電話なし

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

小矢部市の最安値が分かる!解体費用相場と坪単価

  • 4.6万円
木造住宅4.6万円 / 坪
鉄骨造住宅-万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

小矢部市-の構造別工事の見積例(4件中1-4件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所富山県小矢部市
建物種類木造住宅
坪数24.2坪
階層2階建

建物価格:760,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造2階建て住宅解体80.09,500760,000
養生足場119.01,200142,800
土間、ポーチコンクリート撤去1.08,0008,000
内部残材処分 冷蔵庫1.08,0008,000
内部残材処分 テレビ1.08,0008,000
内部残材処分 洗濯機1.08,0008,000
内部残材処分 木類 2t車1.020,00020,000
内部残材処分 フトン類1.020,00020,000
内部残材処分 その他1.015,00015,000
重機運搬費1.050,00050,000
諸経費1.020,20020,200
総合計金額: 1,060,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所富山県小矢部市
建物種類木造住宅
坪数26.3坪
階層2階建

建物価格:591,600円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造2階建 瓦降処分55.01,60088,000
木造2階建 建物解体工事87.01,800156,600
木造2階建 同上廃材搬出処分26.012,000312,000
木造2階建 基礎解体7.05,00035,000
木造2階建 コンクリガラ搬出処分7.06,00042,000
その他 重機回送費1.050,00050,000
その他 諸経費1.030,00030,000
出精値引1.0--13,600-13,600
総合計金額: 700,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所富山県小矢部市
建物種類木造住宅
坪数27.2坪
階層2階建

建物価格:670,500円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造二階建て住宅解体工事 屋根葺き材取り外し撤去3.3t15,00049,500
木造二階建て住宅解体工事 内装材住宅上屋取り壊し90.02,000180,000
木造二階建て住宅解体工事 基礎コンクリート取り壊し10.03,00030,000
木造二階建て住宅解体工事 取り壊し発生材等運搬43.03,000129,000
木造二階建て住宅解体工事 木くず、混合廃材処理費33.08,000264,000
木造二階建て住宅解体工事 コンクリート殻処理費10.01,80018,000
木造二階建て住宅解体工事 重機運搬1.030,00030,000
諸経費 経費1.050,00050,000
端数値引1.0--500-500
総合計金額: 750,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所富山県小矢部市
建物種類その他の建物
坪数5.0坪
階層1階建

建物価格:250,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
解体一式1.0250,000250,000
諸経費1.015,00015,000
総合計金額: 265,000(税抜)

備考: 倉庫撤去工事一式

【見積無料】工事会社からの営業電話なし

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

小矢部市の解体工事補助金

老朽危険空き家除却支援事業費補助事業

市民の安心かつ安全な生活環境の確保、地域の良好な景観の保全及びまちづくりの推進を図るため、老朽危険空き家を解体し、及び除去する者に対し、予算の範囲内において補助金を交付するものとする。

補助対象

補助金の交付を受けることができる者(以下「補助対象者」という。)は、次の各号のいずれにも該当するものとする。ただし、市長が特に認めた場合は、この限りでない。
(1) 老朽危険空き家の所有者又は納税管理人若しくは相続関係人
(2) 固定資産税その他の市税を滞納していない者
(3) 建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第1条第1項第1号に規定する敷地において過去にこの補助金の交付を受けたことがない者
2 補助金交付の対象となる老朽危険空き家(以下「補助対象空き家」という。)は、次の各号の全てに該当するものとする。
(1) 一戸建て
(2) 建物や土地に所有権を除く物権又は賃借権が設定されていないもの
(3) 別表1に定める老朽度判定基準で100点以上の評点であるもの
(4) 別表2に定める周辺への危険度判定基準を満たすもの

補助金の額

補助金の額は、補助対象経費の2分の1とし、50万円を限度とする。この場合において、1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てる。

※申し込み方法等、詳しくはこちらをご覧ください。
自治体ホームページはこちら