千曲市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

千曲市の解体費用相場

  • -万円
  • (価格幅: -万円から-万円)
木造住宅3.1万円 / 坪
鉄骨造住宅3.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

千曲市の解体工事補助金

災害危険住宅の移転に対する補助制度

土石流・がけ崩れなどの恐れのある土砂災害特別警戒区域内(レッドゾーン)にお住いの人が、安全な場所に住宅移転する際に、移転に伴う費用を補助します。

補助事業対象

次の3つのすべての要件を満たす住宅(以下、「危険住宅という」)。
1.土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年法律第57号)第9条の規定により指定された「土砂災害特別警戒区域」内に存する住宅であること。
2.現に居住している住宅であること。
3.土砂災害特別警戒区域の指定前から存する住宅であること。
※土砂災害特別警戒区域内に入っているかは信州くらしのマップをご覧ください。

補助額

対象経費に10分の10を乗じて得た額(その額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)。ただし、その額が1戸当たり80万2,000円を超える場合は、80万2,000円とする。
※申し込み方法等、詳しくはホームページをご覧ください。
https://www.city.chikuma.lg.jp/docs/2019020400026/

ブロック塀等安全対策促進事業

千曲市では地震での被害を未然に防止するため、これから工事を行う「道路に面した」危険なブロック塀等の除去や、除去後引き続き生け垣やフェンス等の軽量な塀を設置する費用の一部を助成します。
注意:工事を行う前に、補助金交付申請書を提出していただき、市から補助交付決定の通知を受けてください。工事に着手していたり、工事が終了している場合は補助が出ません。

補助対象物

国道、県道及び市が管理する道路に面していて、道路面からの高さが50センチメートルを超えるブロック塀等※1です。
(隣地間のブロック塀等※1は補助対象外。)

補助対象者

 土地の所有者又はその敷地内に居住している方(土地所有者の承諾を得ている方)で、申請者及び同一世帯員に市税の滞納がないことが条件となります。

補助対象工事

 A :ブロック塀等※1の除去(基礎も除去するもの)
 B :ブロック塀等※1の除去(基礎を残すもの)
 C :ブロック塀等の除去後引き続き新たな塀等※2を設置する工事
※1ブロック塀等とは・・・コンクリートブロック造の塀・石造及びレンガ造その他の組積造による塀
※2新たな塀等とは・・・・ブロック塀、コンクリート塀等以外の軽量の塀(フェンス、生け垣等)

補助額

A の「工事の費用」 と「塀の長さ×15,000円」を比較し、低い金額の1/2(限度額10万円)
B の「工事の費用」 と「塀の長さ× 8,000円」を比較し、低い金額の1/2(限度額 6万円)
C の「工事の費用」 と「塀の長さ×10,000円」を比較し、低い金額の1/3(限度額 5万円)
※申し込み方法等、詳しくはホームページをご覧ください。
https://www.city.chikuma.lg.jp/docs/2018092100018/

吹き付けアスベスト等除去事業(令和2年度末まで)

大気中に飛散したアスベストによる市民の健康被害を防止するため、国や県と連携して、建物所有者等が行うアスベストの分析調査費用、除去費用の一部を補助する制度を設けています。
※詳細、申し込み方法等、詳しくはホームページをご覧ください。
https://www.city.chikuma.lg.jp/docs/2013071800460/