田辺市の解体費用相場と坪単価

【見積無料】工事会社からの営業電話なし

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

田辺市の最安値が分かる!解体費用相場と坪単価

  • -万円
木造住宅-万円 / 坪
鉄骨造住宅-万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

【見積無料】工事会社からの営業電話なし

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

田辺市の解体工事補助金

田辺市不良空家等除却

田辺市では、住宅等の空家で、倒壊等の恐れのある危険な建物を解体する所有者等に対して、補助金制度を設けています。
補助金を受けるためには、まず不良空家等認定申請を行っていただく必要があります。

対象

概ね 1 年以上空家となっており、「田辺市不良空家等除却補助金交付要綱」に掲げる評定項目の評点が 60 以上となる建物。
具体的には、「屋根が抜け落ちた状態のもの」、「基礎が 下し、柱やはりが変形しているもの」 など、倒壊の恐れのある危険な状態にある建物が対象となります。

対象者

空家の所有者、空家の所有者の相続人又は空家の所有者の同意が得られている場合の土地所有者、が申請できます。

補助金の額

空家の除却費用※の3分の2(上限50万円)

※申し込み方法等、詳しくは田辺市ホームページをご覧ください。
自治体ホームページはこちら

注意事項

・市税等の滞納がある場合、申請できません。
・建物に共有の他の所有者等がいる場合、その方の同意を必要とします。

ブロック塀等耐震対策事業について

令和4年度から令和6年度まで期間限定で補助の拡充を行います!
3年間限定で補助の上限額・補助率・単価の拡充を行います。この機会にぜひ、地震による倒壊の危険性の高いブロック塀等の撤去をご検討ください。

補助制度の概要

地震発生時におけるブロック塀、石塀、レンガ塀その他これらに類する塀の倒壊等による被害の軽減及び避難路の寸断を防ぐことを目的とし、ブロック塀等の耐震対策事業を実施する方に対し、要する費用の一部を補助します。

補助対象

高さ0.6m以上、延長2m以上のブロック塀で、道路(不特定多数の者が利用する避難路)に面した部分のみ対象。

補助内容

撤去事業

地震による倒壊の危険性の高いブロック塀等を撤去するもの。
当事業に要する費用(実費)と撤去するブロック塀等の延長1mにつき13,500円を乗じた金額とを比較して、いずれか少ない金額の3分の2以内。
一敷地につき20万円を限度とします。(20万円に満たない場合で1,000円未満の端数を生じた場合は、これを切り捨てます。)

改善事業

地震による倒壊の危険性の高いブロック塀等を撤去した後に、引き続きフェンス等他の塀へ転換するもの。
当事業に要する費用(実費)と改善するフェンス等の延長1mにつき19,000円を乗じた金額とを比較して、いずれか少ない金額の3分の2以内。
一敷地につき17万円を限度とします。(17万円に満たない場合で1,000円未満の端数を生じた場合は、これを切り捨てます。)

注意事項

・ブロック塀からブロック塀への改善は不可。
・交付決定前に着工した場合は対象外。
・フェンス等を設置する場合、基礎の高さは道路面から0.6m未満であること。
・建築基準法第2条第2項に規定する道路にフェンス等を設置する場合は、セットバックした位置に設置すること。

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。
自治体ホームページはこちら

住宅の土砂災害対策改修工事・がけ地近接等危険住宅移転について

事業概要

田辺市では土砂災害から命や財産を守るため、土砂災害特別警戒区域内に建つ住宅の改修・移転支援を行っています。

補助内容

土砂災害対策改修工事

土砂災害特別警戒区域内に建つ住宅を土砂などから守るための外壁改修や塀の設置に対して、必要な費用を補助します。
補助額:最大77万2千円(補助対象工事費の23%)

対象範囲について、詳しくはわかやま土砂災害マップをご覧ください。
※わかやま土砂災害マップ
自治体ホームページはこちら