有田郡湯浅町の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

有田郡湯浅町の解体費用相場

  • -万円
  • (価格幅: -万円から-万円)
木造住宅3.2万円 / 坪
鉄骨造住宅3.5万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

有田郡湯浅町の解体工事補助金

老朽危険空家除却補助事業

倒壊などのおそれがある空家の除却を促進し、町民のみなさんの安全・安心で良好な住環境の向上を図るため、湯浅町では老朽危険空家の除却費用の一部を補助する制度を今年度から実施します。

対象 

以下の要件を全て満たす必要があります。
① 町内に現存する老朽危険空家であること。
② 本補助金以外に除却に係る他の助成金の交付を受けていない、または受ける予定がないこと。
③ 同一敷地内においてこの補助金を受けて老朽危険空家の除却を行っていないもの。
④ 個人が所有する住宅であること。
⑤ 所有権以外の権利(抵当権など)が設定されていない住宅であること。 ただし、所有権以外の権利が設定されていても所有権以外の権利者が住宅の除却に同意していれば可能です。

対象者

以下の要件を全て満たす必要があります。
① 以下のいずれかに該当する方
ア. 補助対象住宅の所有者として登記事項証明書(未登記の場合は固定資産課税台帳)に登録されている方(法人及び団体は除きます。)
イ. アに規定する方の相続人。
ウ. アまたはイに規定する方から補助対象住宅の除却について同意を得た方
② ①のアからウのいずれかに該当する方で、申請者本人及び申請者と同一世帯に属する方が 湯浅町の町税を滞納していないこと。
③ 暴力団及び暴力団員等でないこと。

対象工事

① 建設業法の許可又は建設リサイクル法の登録を受けている者が行う工事であること。
② 補助対象住宅とその敷地内にある工作物(門、塀など)の全てを除却する工事であること。
〔注意〕上記要件を満たしていても次のいずれかに該当する工事は補助対象工事とはなりません。
(1)補助金の交付を決定する前に着手した工事
(2)他の制度による助成金の交付を受けようとする工事
(3)補助対象住宅の一部を除却する工事
(4)補助対象住宅の建て替えを目的とした工事

補助金の額

補助対象工事に要する経費の10分の8(上限80万円)
 (ただし、補助対象工事に要する経費または、国土交通大臣が定める標準除却費のいずれか少ない方)

※申し込み方法等、詳しくは湯浅町ホームページをご覧ください。
http://www.town.yuasa.wakayama.jp/publics/index/178/

湯浅町ブロック塀等耐震対策事業

地震等によるブロック塀等の倒壊等による被害の軽減及 び避難路の寸断を防ぐことを目的として、ブロック塀等の撤去又は改善を実 施する者に対し、予算の範囲内において補助金を交付する

対象 

(1)ブロック塀等の撤去事業は、次に掲げる要件を満たしていること。
ア 撤去するブロック塀等の高さ(道路面からの高さをいう。)が60セ ンチメートル以上のもので、延長が1メートル以上であるものとする。
イ ブロック塀等の一部を撤去する場合は、一部撤去後のブロック塀等 が建築基準法の基準を満たしていること。
(2)ブロック塀等の改善事業は、ブロック塀等を撤去した後、安全な塀に改善する際には、原則として軽量なフェンス等に転換するものとし、ブロック塀等からブロック塀への転換は認めない。
(3)前号のフェンスを設置する場合は、次に掲げる要件を満たしていること。
ア フェンスの延長が1メートル以上であること。
イ フェンスの基礎は、地盤面からの高さが50センチメートル以下であること。
(4)ブロック塀等の改善事業において、生垣を設置する場合は、次に掲げる要件を満たしていること。
ア 樹木が列状に植え込まれ、延長1メートル以上の生垣を形成していること。
イ 樹木の本数が生垣の延長1メートルあたり2本以上であること。
ウ ブロック、コンクリート、石、レンガその他これらに類するもので基礎を設け、その上に生垣を設置する場合は、当該基礎の高さが、地盤面から50センチメートル以下であること。

対象者

町内に存するブロック塀等の所有者で、当該 ブロック塀等の撤去又は改善する者であって、町税を滞納していないこと。

対象工事

(1)ブロック塀等の撤去事業 避難路に面し、地震発生時における倒壊又は転 倒の危険性のあるブロック塀等を取り除くもの
(2)ブロック塀等の改善事業 避難路に面し、ブロック塀等の補強等もしくは、 ブロック塀等を撤去した後に、引き続きフェンス、生垣等に転換するもの

補助金の額

ブロック塀等撤去に要する費用 (実費)と撤去するブロック塀等の延長1メートルにつき10,000円 を乗じて得た額とを比較して、いずれか少ない金額の2分の1以内と し、かつ、100,000円を限度とする。

※申し込み方法等、詳しくは湯浅町ホームページをご覧ください。
http://www.town.yuasa.wakayama.jp/publics/index/1/