有田郡広川町の解体費用相場と坪単価

【見積無料】工事会社からの営業電話なし

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

有田郡広川町の最安値が分かる!解体費用相場と坪単価

  • -万円
木造住宅-万円 / 坪
鉄骨造住宅-万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

【見積無料】工事会社からの営業電話なし

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

有田郡広川町の解体工事補助金

広川町空き家解体処理費補助金制度

この度広川町では、町内で増加し問題となっている空き家対策のひとつとして、空き家を解体及び撤去をしようとする方に対して、予算の範囲内で補助金を交付する、「広川町空き家解体処理費補助金制度」を設けました。

補助を受けられる方(補助金交付対象者)

町税及び使用料等を滞納していない方で町内の空き家の所有者。ただし、当該空き家の所有者が死亡している場合は、法定相続人の代表者が申請できる。

補助対象の空き家(以下の条件のいずれにも該当するもの)

1.個人の所有物件であり、借地に建設されている場合は土地所有者の同意を得ているもの。
2.公共補償費対象となっていない空き家で、かつ、関連又は重複する補助を受けていないもの。
3.アパート等事業の用に供したものでないもの。 
4.補助金申請時におおむね5年以上居住していないもの。 
5.建築後40年以上経過しているもの。

補助対象費用

補助金交付の対象となるのは、広川町内の解体撤去業者に依頼する当該空き家のすべての解体および撤去に係る費用とする。

補助金の額

1.補助金の額は、上記の補助対象費用とし、500,000円を上限とする。
2.前項の規定により算出した補助額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額とする。
3.補助金の交付は、第3条に規定する補助金交付対象者1人につき1回を限度とする。

その他

申請に際しては、事前に直接、広川町企画政策課までお越しください。

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。
自治体ホームページはこちら

広川町ブロック塀等撤去改善事業

補助制度概要

対象となる町内のブロック塀等を撤去・改善しようとする個人又は法人等に対して補助

【補助金額及び補助割合】
・撤去事業
撤去に要する費用【上限10万円】
・改善事業
ブロック塀等の補強に要する費用【上限10万円】
フェンス等の設置事業に要する費用【上限10万円】(※ただし、2は撤去事業と同時に行う事)

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。
自治体ホームページはこちら