豊島区の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

豊島区の解体費用相場

  • 5.2万円
  • (価格幅: 3.0万円から7.9万円)
木造住宅4.0万円 / 坪
鉄骨造住宅4.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

豊島区-の構造別工事の見積例(5件中1-5件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都豊島区
建物種類鉄骨造住宅
坪数33.6坪
階層2階建

建物価格:2,657,580円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
養生シート 架け払い210.0700147,000
鉄骨造2階建上屋 解体片付運搬処分111.1518,0002,000,700
鉄骨造2階建基礎 斫り解体運搬処分54.7412,000656,880
立木・植込 伐採伐根運搬処分1.060,00060,000
土間コンクリート 斫り解体運搬処分1.055,00055,000
現場経費 建設リサイクル法届出含む1.0160,000160,000
値引き1.0--25,946-25,946
総合計金額: 3,053,634(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都豊島区
建物種類木造住宅
坪数19.7坪
階層1階建

建物価格:637,500円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
火災現場 天井・壁・床・玄関・サッシ・水回りスケルトン65.06,500422,500
土間斫り工事 玄関・浴室1.048,00048,000
玄関開口部 鍵付き簡易扉設置1.032,00032,000
窓サッシ撤去後 ベニヤ塞ぎ養生 掃き出し・腰上・浴室1.035,00035,000
搬出・積込1.0100,000100,000
現場発生材運搬費 2t車10.015,000150,000
交通・諸経費1.012,00012,000
手数料 6%1.051,80851,808
総合計金額: 851,308(税抜)

備考: 火災案件

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都豊島区
建物種類木造住宅
坪数10.7坪
階層2階建

建物価格:342,900円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
足場養生102.380081,840
木造家屋2階1部手解体3.045,000135,000
木造家屋機械解体7.727,000207,900
土間コンクリート撤去処分(基礎部分含む)1.070,00070,000
重機回送費2.035,00070,000
諸経費1.0100,000100,000
値引処理1.0-16,592-16,592
総合計金額: 648,148(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都豊島区
建物種類木造住宅
坪数12.6坪
階層2階建

建物価格:567,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造二階建物解体処分 1F7.045,000315,000
木造二階建物解体処分 2F5.645,000252,000
足場シート掛けバラシ154.08800123,264
諸経費1.060,00060,000
総合計金額: 750,264(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都豊島区
建物種類木造住宅
坪数11.0坪
階層2階建

建物価格:330,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
建物解体11.030,000330,000
シート養生150.0800120,000
便槽、土間、フロ場1.0120,000120,000
値引1.0-600-600
総合計金額: 569,400(税抜)

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

豊島区の解体工事補助金

不燃化特区:老朽建築物除却助成

不燃化特区に指定されている地区では、建替え等を行う方に対する助成。

対象地区

・東池袋四・五丁目地区 ・池袋本町・上池袋地区 ・補助26・172号線沿道(長崎・南長崎・千早地区) ・補助81号線沿道(巣鴨・駒込地区) ・雑司が谷・南池袋地区

対象 建築物

昭和56年以前の建築物又は区が認定する危険な建築物

対象者

※対象となる建築物を所有する、以下のいずれかの者。

・個人
・中小企業(宅建業者を除く)
・公益社団法人又は公益財団法人

補助金の額

上限1,000万円
「除却等に要した額」又は「区が別に定める単価を用いて算出した額」のいずれか低い方の額

※申し込み方法等、詳しくは豊島区ホームページをご覧ください。
https://www.city.toshima.lg.jp/386/machizukuri/1510011739.html

注意事項

・建物を取り壊す前に区の審査・認定が必要となるので、事前に相談すること。
・要件を満たす場合、最長5年間の税制優遇を受けることができる。

特定緊急輸送道路等沿道建築物の耐震改修工事等補助事業

豊島区内の特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震改修工事等について助成。

対象 建築物

・昭和56年5月31日以前に建築された建築確認を受けた特定緊急輸送道路沿道の建築物で、建築物の高さが接する特定緊急輸送道路の中心からその部分までの距離を越えるもの
・原則として、建築基準法及び関係法令に適合していること
・耐火建築物又は準耐火建築物であること
・耐震診断の結果、倒壊の危険があると判断されたもの
・耐震改修の場合は地震に対して安全な構造となるもの

対象者

建築物の所有者、共有の場合は代表者、区分所有者の場合は管理組合の代表者

補助金の額

【改修】
最大で助成対象経費の2分の1
分譲マンションは、最大で助成対象経費の6分の5
【除却・建替え】
最大で助成対象経費の3分の1
分譲マンションは、最大で助成対象経費の3分の1

※延べ面積、用途、工法による助成金基準単価がある。
※診断の結果、Is値が0.3未満の建築物の耐震改修については加算がある。
※助成対象経費については担当課問い合わせること。

※申し込み方法等、詳しくは豊島区ホームページをご覧ください。
https://www.city.toshima.lg.jp/315/bosai/taisaku/kunotaisaku/bosai/026646.html

注意事項

・事前相談が必要。

特別措置既設塀等改善工事助成事業

豊島区内の道路等に面する危険な既設塀等(擁壁を含む)の改善工事費用の一部を助成。

対象要件

・既設塀等は、コンクリートブロック造、石造、レンガ造その他これらに類する構造。
・既設塀等は、道路又は地表面から対象物の上端部までの垂直距離が1.2m超である。ただし、特に改善の必要があると区長が認めるものについては、この限りでない。
・既設塀等は、避難路に面している、又は一般の交通の用に供している通路に面している。
・国土交通省において作成した別紙1のチェックポイントに一以上の不適合がある。
・既設塀等の部分除却については、道路又は地表面から対象物の上端部までの垂直距離を1.2m以下とする。
※ただし、既設の擁壁の高さが1.2mを超え、かつ、擁壁の除却が困難な場合は、敷地地盤面上に存する既存塀を除却する。
・新たに築造する塀等については、敷地地盤面から1.2mを超える部分を、風圧を受け難いフェンス等とすること。
※ただし、敷地の形状及び構造上やむを得ないものについては、この限りではない。
・新たに築造するものについては、既存の擁壁を含め、建築基準法の道路に突出せず、豊島区狭あい道路拡幅整備に協力すること。

対象者

※既設塀等の所有者で次の各号以外の者。ただし、区長が特に必要があると認める者については、この限りでない。

(1)国、地方公共団体その他これらに準じる団体。
(2)既設塀等改善工事について、他に助成金交付の決定を受けている者。
(3)建築物の販売事業者。
(4)中小企業基本法第2条第1項各号の規定による中小企業者以外の会社。
(5)建替え等で狭あい道路拡幅整備の事前協議が必要となるもの。

補助金の額

※次の各号に掲げる額の合計とする。ただし、200万円を限度とする。

(1)既設塀等除却部分の見付け面積に6,000円/平方メートルを乗じた(1,000円未満切り捨て)額。
(2)新たな塀等の築造に係る経費(消費税を除く)の3分の2(1,000円未満切り捨て)以内の額。

※申し込み方法等、詳しくは豊島区ホームページをご覧ください。
https://www.city.toshima.lg.jp/315/taisin30/1807310825.html

注意事項

・助成金の申請は工事着手前、工事完了は年度内のものが対象となる。
・令和元年度末(2020年3月31日)までの補助制度。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00