武蔵野市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

武蔵野市の解体費用相場

  • 7.5万円
  • (価格幅: 2.8万円から8.6万円)
木造住宅4.0万円 / 坪
鉄骨造住宅4.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋8.1万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体2.8万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

武蔵野市-の構造別工事の見積例(5件中1-5件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都武蔵野市
建物種類アパート・長屋
坪数56.8坪
階層3階建

建物価格:4,894,300円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
養生費 単管足場+防炎シート養生270.01,000270,000
本体解体 鉄骨造3階建集合住宅 一部手壊し56.875,0004,260,000
耐火被覆材撤去 吹付けロックウール(非アスベスト含有材)56.88,000454,400
アスベスト含有建材撤去 屋根材(コロニアル)51.43,500179,900
廊下撤去 北側1.0160,000160,000
外階段撤去 東側1.0130,000130,000
庇撤去 東側1.025,00025,000
塀撤去 東側3.93,50013,650
樹木伐採、抜根 東側1.210,00012,000
浄化槽撤去 汲取りは別途1.075,00075,000
諸経費 重機、回送、一般経費等1.0446,406446,406
値引1.0--26,478-26,478
総合計金額: 5,999,878(税抜)

備考: アスベスト撤去費用含む

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都武蔵野市
建物種類その他の建物
坪数0.0坪
階層0階建

建物価格:67,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
撤去工事 パーゴラ撤去1.040,00040,000
運搬・処分 木くず処分3.04,00012,000
運搬・処分 天井材処分1.02,0002,000
運搬・処分 収集運搬1.013,00013,000
その他 諸経費1.03,0003,000
値引き1.0-93-93
総合計金額: 69,907(税抜)

備考: パーゴラ撤去費用

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都武蔵野市
建物種類その他の建物
坪数5.0坪
階層1階建

建物価格:141,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
パーゴラ1.0141,000141,000
値引き1.0-2,280-2,280
総合計金額: 138,720(税抜)

備考: パーゴラ撤去工事

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都武蔵野市
建物種類その他の建物
坪数5.0坪
階層1階建

建物価格:140,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
パーゴラ解体1.0140,000140,000
値引1.0-200-200
総合計金額: 139,800(税抜)

備考: パーゴラ撤去工事

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都武蔵野市
建物種類アパート・長屋
坪数22.0坪
階層2階建

建物価格:1,450,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
仮設養生工事196.0900176,400
既存建物解体工事22.025,000550,000
同上発生材運搬処理60.015,000900,000
建物外部解体工事1.050,00050,000
樹木撤去処分1.030,00030,000
正面ブロック塀及び土間撤去処分23.09,000207,000
有価物買取費5.01050
重機回送費2.025,00050,000
諸官庁届出1.020,00020,000
現場諸経費1.060,00060,000
出精値引き1.0-3,400-3,400
総合計金額: 2,040,050(税抜)

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

武蔵野市の解体工事補助金

特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化に関する助成制度

特定緊急輸送道路の沿道で、一定の要件を満たした建物について、補強設計・耐震改修の費用の一部を助成。

対象 建築物

※以下のすべてに該当すること。

・敷地が特定緊急輸送道路に接する建築物
・昭和56年5月以前に新築された建築物(旧耐震基準)
・道路幅員のおおむね2分の1以上の高さの建築物

対象者

助成を受けることができる者は、特定緊急輸送道路に敷地が接する特定沿道建築物の所有者となる。
※ただし、次の場合には、代表者とすることができる。
・分譲マンション:管理組合又は区分所有者の代表者
・共同で所有する建築物等:共有者のうち、共有者全員の合意により選出された代表者

補助金の額

【耐震改修、除去又は建替え工事】
~助成額~ ※次のうちのいずれか低い額×助成率

・実際に耐震改修工事に要する費用
( 除却、建替えの場合には、耐震改修相当額と除却等費用のいずれか低い額)
・助成対象基準額(延べ面積×助成基準単価)
・棟当たり 5億1200万円 (用途の過半が住宅以外)
・棟当たり 5億200万円 (用途の過半が住宅)

~助成基準単価(1平方メートルあたりの上限額)~
・一般的な耐震改修工事の場合(用途の過半が住宅以外):51,200円
・一般的な耐震改修工事の場合(用途の過半が住宅):50,200円
・免震工法等の特殊工法の場合:83,800円

~助成率~
6分の5
※延べ面積が5,000平方メートルを超える建築物(分譲マンションを除く)の場合には、助成内容が変わるので、別途相談すること。
※耐震診断の結果、Is値が0.3未満の場合には、自己負担軽減措置があるので、別途相談すること。

※申し込み方法等、詳しくは武蔵野市ホームページをご覧ください。
http://www.city.musashino.lg.jp/kurashi_guide/sumai_doro_suido/sumai/taishin_josei/1005430.html

注意事項

・改修:令和4年度末までに補強設計に着手するもの
・除却:令和4年度末までに除却工事に着手するもの
・建替え:令和4年度末までに除却工事又は新築の設計に着手するのもの
・着手とは、住宅対策課窓口へ助成金の交付申請をし、市から交付決定通知を受けた後に、工事業者と契約することをいう。
・耐震改修にあたっては、建築基準法に定める工事監理者による監理がなされたことが必要となる。
・対象となる建築物が建築基準法及び関係法令の規定に重大な不適合がある場合は、その是正をする改修を同時に行うことが必要となる。
・重大な不適合に該当するかどうかは、事前に住宅対策課に相談すること。
※是正工事に要する費用は助成の対象とはならない。

ブロック塀の改善補助金交付

市が危険と判定したブロック塀等を改善する場合、その必要経費の一部を補助。

対象 ブロック塀等

・一般公衆の通行に使われている市内の道路に面していること。
・高さが1.2メートル以上のブロック塀等であること。
・市の調査により危険と判定されたものであること。

補助金の額

【撤去工事のみ】1メートルあたり8,000円(上限64万円)

【補強工事】1メートルあたり8,000円(上限32万円)

【改修工事(撤去+新設)】1メートルあたり16,000円(上限128万円)

※1メートル未満の端数がある場合、1メートルに切り上げて計算

※申し込み方法等、詳しくは武蔵野市ホームページをご覧ください。
http://www.city.musashino.lg.jp/kurashi_guide/anzen_anshin/bosai/1005973.html

注意事項

・工事の着手前に防災課へ相談すること。
・市の指定する金融機関からブロック塀改善のための資金を借り入れた場合、その借入金に係る利子の一部を補給する制度もある。(利子補給制度)事前に相談すること。

生垣等補助金(接道部緑化に対する助成)

目に触れるみどりを増やし、快適で安全な生活環境をつくるため新たな接道部緑化費用の一部を助成。

対象要件

・建築基準法で規定する道路に面した、または面していると認められる場所に連続延長3メートル以上の新たに植栽(地被を除く)したものがあり、 接道面より容易に見通せる奥行き5メートル以内の新たな植栽。
・上記緑化に伴う接道面のブロック塀等の取壊し費用。

補助金の額

~種類ごとの助成上限単価について~

・生垣:上限単価1メートル12,000円
高さ0.6メートル以上の樹木を四つ目垣、または同等のものと組み合わせて3メートル以上列植したもの。お互いの葉が触れ合う程度、もしくは1メートルあたり3本以上植栽してあるもの。

・高木:上限単価1本15,000円
植栽時の高さが3メートル以上で成木時の高さが5メートル以上に育つもの。

・中木:上限単価1本4,000円
植栽時の高さが1.5メートル以上で成木時の高さが3メートル以上に育つもの。

・低木:上限単価1本2,000円
高木、中木以外の樹木と竹類等。

・地被:上限単価1平方メートル1,000円
芝・シダ・ツル・草本・コケ類植物等。

・ブロック塀等取壊し:上限単価1平方メートル4,000円
接道部緑化助成区域内で、建築基準法で規定する道路に面したブロック塀等の取壊し。(処分費、運搬費は対象外)

※申し込み方法等、詳しくは武蔵野市ホームページをご覧ください。
http://www.city.musashino.lg.jp/kurashi_guide/midori_kouen/1005007/1005019.html

注意事項

・助成を希望されるかたは、工事着手前に申請が必要。また、必ず工事着手前に計画平面図を持参のうえ、緑のまち推進課緑化係窓口で相談すること。