目黒区の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

目黒区の解体費用相場

  • 4.5万円
  • (価格幅: 4.2万円から5.2万円)
木造住宅4.0万円 / 坪
鉄骨造住宅4.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

目黒区-の構造別工事の見積例(7件中1-7件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都目黒区
建物種類木造住宅
坪数44.8坪
階層2階建

建物価格:1,926,400円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造2階建て44.843,0001,926,400
養生 架け払い255.0700178,500
ベランダ1.045,00045,000
コンクリート土間13.82,50034,500
門扉1.010,00010,000
植込 伐採伐根1.035,00035,000
庭石・コンクリート板1.040,00040,000
重機回送費1.060,00060,000
値引き1.0--14,585-14,585
総合計金額: 2,314,815(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都目黒区
建物種類その他の建物
坪数0.0坪
階層0階建

建物価格:332,200円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
敷地内土間解体工事110.01,200132,000
同上発生材運搬処理28.67,000200,200
重機回送費1.016,00016,000
値引き1.0-200-200
総合計金額: 348,000(税抜)

備考: 土間撤去費用

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都目黒区
建物種類木造住宅
坪数60.0坪
階層2階建

建物価格:2,525,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
仮設養生工事260.0800208,000
建物解体工事60.015,000900,000
同上発生材運搬処理125.013,0001,625,000
地下駐車場解体処分65.04,500292,500
同上解体後埋め戻し54.03,000162,000
ブロック塀解体処分32.04,000128,000
正面門 玄関石解体処理1.0200,000200,000
重機回送費2.022,00044,000
諸官庁届出1.018,00018,000
現場諸経費1.060,00060,000
出精値引き1.0-37,500-37,500
総合計金額: 3,600,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都目黒区
建物種類木造住宅
坪数48.5坪
階層2階建

建物価格:2,347,500円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
家屋解体48.535,0001,697,500
足場シート養生1.0120,000120,000
発生材運搬・処分1.0150,000150,000
発生材運搬・処分1.0300,000300,000
発生材運搬・処分1.0200,000200,000
総合計金額: 2,467,500(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都目黒区
建物種類鉄骨造住宅
坪数38.1坪
階層3階建

建物価格:1,752,600円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
軽鉄造3階建て38.146,0001,752,600
養生 架け払い315.9750236,925
ベランダ13.52,50033,750
コンクリート土間32.92,50082,250
CB塀11.52,50028,750
フェンス1.012,00012,000
門扉1.012,00012,000
アルミ下屋8.52,50021,250
井戸埋め戻し1.035,00035,000
重機回送費1.070,00070,000
ガードマン5.013,50067,500
値引き1.0-173-173
総合計金額: 2,351,852(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都目黒区
建物種類鉄骨造住宅
坪数36.5坪
階層3階建

建物価格:1,567,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
解体工事 軽量鉄骨造解体工事36.538,0001,387,000
解体工事 基礎撤去工事~整地迄60.03,000180,000
足場シート養生1.0160,000160,000
発生材運搬・処分 外壁、内壁、トイレ、浴槽などの混合廃棄物処分費1.0400,000400,000
発生材運搬・処分 木材廃棄物処分費1.050,00050,000
発生材運搬・処分 基礎等のコンクリート破片処分費1.0240,000240,000
重機回送費2.030,00060,000
総合計金額: 2,477,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都目黒区
建物種類鉄骨造住宅
坪数36.0坪
階層3階建

建物価格:1,885,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
架設養生工事350.01,300455,000
既存建物重機解体工事36.020,000720,000
同上発生材運搬処理70.013,000910,000
基礎部分撤去処理17.015,000255,000
庭部撤去処分15.520,000310,000
重機回送費2.023,00046,000
諸官庁届出1.020,00020,000
現場諸経費1.060,00060,000
出精値引き1.0-6,000-6,000
総合計金額: 2,770,000(税抜)

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

目黒区の解体工事補助金

木造住宅等除却工事助成制度

建て替えを前提とした、住宅の除却工事費用の一部を助成。

対象 要件

以下の要件をすべて満たしていることが必要。

・昭和56年5月31日までに着工した木造住宅で、所有者自ら居住し、建て替え後も住み続ける
・住民税・固定資産税を滞納していない
・簡易診断による耐震性が不足している

補助金の額

除却工事に要する費用の50パーセント以内。(上限50万円)

※申し込み方法等、詳しくは目黒区ホームページをご覧ください。
https://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/sumai/taishinka/jokyaku.html

注意事項

・事前申請となる為、除却工事契約前に申し込むこと。
・まずは仮受付が必要となる為、問い合わせること。

木造住宅密集地域における建替え助成

古くなった建物を良質な賃貸住宅等に建替える場合に、建設資金の一部を助成。

対象区域

【目黒本町五丁目地区】
区域は、目黒本町五丁目の全域
期間は、平成32年度まで
【目黒本町六丁目・原町地区】
区域は、目黒本町六丁目と原町一丁目の全域及び、原町二丁目1から4番と7から13番、洗足一丁目1から4番と10から24番、碑文谷一丁目4から9番まで。
期間は、平成32年度まで

対象 建築物

助成対象となる建替え前の建物は、以下の要件を満たす必要がある。

・耐用年限の3分の2を経過している建築物であること。(たとえば、木造は15年以上、鉄骨造は23年以上、鉄筋コンクリート造は32年以上が経過した建物となる。)
・建て主は、個人又は中小企業(中小企業法に基づく、不動産業以外の中小企業)の方で、2年以上継続して土地や建物を所有していること。

建替えの種別と敷地の条件

建替えの種別は以下のものがある。
また、それぞれの建替えの種別により、敷地面積の条件がある。

【個別建替】
・従来からの1つの敷地に、1つの建物を建てる建替え。
・敷地面積は100平方メートル以上。
【協調建替】
・複数の隣り合う敷地で、外観意匠や構造などを一体性に配慮した設計に基づいて、各個の敷地で行う建替え。
・各敷地面積は60平方メートル以上、合計で150平方メートル以上の敷地が必要。
【共同建替】
・複数の隣り合う敷地をまとめて1つの敷地にして、1つの建物を建てる建替え。
・複数の敷地面積の合計が100平方メートル以上必要。ただし、不燃化特区内においてはこの限りではない。

※建替後の建物の条件の詳細は、HPを参照すること。

補助金の額

助成金は以下の項目に対して助成。

【除却費】
現在建っている建物の取り壊し、整地にかかる費用のうち、3分の2以内を助成。

【設計費(工事監理費も含む)】
設計費用のうち、3分の2以内を助成。

【共同施設整備費】
共同住宅の共同利用部分(廊下・階段等)にかかる費用のうち、3分の2以内を助成。

※申し込み方法等、詳しくは目黒区ホームページをご覧ください。
https://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/sumai/enjo/tatesoku.html

注意事項

・申請の前には、事前相談が必ず必要。

住宅除却費補助制度

特に高い公共性を有する特定緊急輸送道路の沿道建築物について、耐震診断を義務化するなど耐震化を促進するとともに、費用に対して助成。

対象 建築物

以下全てに該当する建築物。

・敷地が特定緊急輸送道路に接する建築物
・昭和56年6月1日施行の耐震基準改正前(旧耐震基準)に建築されたもの
・道路幅員のおおむね1/2以上の高さの建築物

※区内で指定されているのは以下の道路が対象。
・目黒通り
・環状七号線
・玉川通り
・駒沢通り(目黒区役所から山手通りまでの区間)
・山手通り(駒沢通りから目黒通りまでの区間)

対象者

・建築物の所有者(共有の場合は代表者)
・分譲マンション管理組合等

補助金の額

除却・建替え:約1/3助成

助成基準単価
・下記以外の場合・・50,300 円/㎡
・マンションの場合・・49,300 円/㎡
・住宅の場合・・33,500 円/㎡

上限額は以下の通り。

【延べ床面積5,000㎡以下の部分】
助成対象事業費は、 以下のうち最も低い金額を採用。
《助成対象事業費》×1/3
A:延床面積×助成基準単価
B:工事費用
C:D・E以外5億300万円
D:マンション4億9,300万円
E:住宅3億3,500万円

【延べ床面積5,000㎡を超える部分】
・助成対象費×1/6(面積按分により計算すること)

【国直接補助分】
以下のうち低い方の金額を採用。
《区助成分》×1/10
《助成対象事業費》×1/15
※国から直接補助金が出る。申請は区で行う。

※申し込み方法等、詳しくは目黒区ホームページをご覧ください。
https://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/sumai/taishinka/tokutei.html

注意事項

・除却・建替え以外の補助内容については、HPを参照すること。
・除却・建替えについては、令和4年度末までに着手したものが対象。
・診断の結果に基づいた改修見積額(耐震改修 工事費相当分)をもとに、助成額が決定がされる。

ブロック塀等除却工事助成

倒壊の危険性のあるブロック塀等の除却工事費用の一部について助成。

対象 ブロック塀等

ブロック塀等とは次のものを指し、フェンスは含まない。
・補強コンクリートブロック塀
・組積造の塀(石塀等)
・鉄筋コンクリート組立塀(万年塀、万代塀)

対象ブロック塀等は、次のすべてを満たすもの。

・ブロック塀等で道路に面しているものおよび道路内に倒壊する恐れのあるもの
・安全性が確認できないもの(国土交通省「ブロック塀等の点検のチェックポイント」による)
・道路面からの高さが80センチメートルを超えるもの
・道路に面する部分をすべて撤去するもの
※建築物の解体工事と一緒に行うものは対象外。

対象者

※下記のすべてを満たすこと。
・ブロック塀等の所有者(個人または法人。共有の場合は代表者。区分所有の場合は管理組合等の理事長。)
・住民税(法人にあっては法人税)
・固定資産税を滞納していないこと

補助金の額

除却工事費用の50パーセント以内(上限20万円) 塀等の延長1メートルあたり上限9千円 ※申請者が法人の場合は、申請額に消費税を含められない。

※申し込み方法等、詳しくは目黒区ホームページをご覧ください。
http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/sumai/taishinka/burokku.html

注意事項

・まずは、仮受付が必要。詳しくは問い合わせること。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00