国立市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

国立市の解体費用相場

  • 3.9万円
  • (価格幅: 3.2万円から4.3万円)
木造住宅4.0万円 / 坪
鉄骨造住宅4.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

国立市-の構造別工事の見積例(3件中1-3件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都国立市
建物種類木造住宅
坪数41.5坪
階層2階建

建物価格:1,324,680円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
仮設工事 足場養生 単管、防炎シート327.6550180,180
解体工事 母屋解体41.58,000332,000
解体工事 基礎解体41.52,500103,750
解体工事 樹木撤去6.02,00012,000
解体工事 暖炉撤去1.010,00010,000
解体工事 CB撤去6.22,00012,400
解体工事 土間撤去18.02,50045,000
解体工事 敷石撤去1.08,0008,000
運搬・処分 母屋処分41.58,000332,000
運搬・処分 基礎処分41.52,500103,750
運搬・処分 植木処分6.04,00024,000
運搬・処分 CB処分0.963,0002,880
運搬・処分 土間処分3.52,5008,750
運搬・処分 敷石処分1.05,0005,000
運搬・処分 暖炉、屋根材、壁材処理・処分41.511,000456,500
運搬・処分 収集運搬21.013,000273,000
運搬・処分 重機回送1.0往復40,00040,000
その他 官庁届出(リサイクル法・通行許可等)1.030,00030,000
その他 諸経費1.030,00030,000
値引き1.0--9,210-9,210
総合計金額: 2,000,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都国立市
建物種類木造住宅
坪数40.8坪
階層2階建

建物価格:1,755,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造2階建て(アスベスト屋根・外壁)解体135.013,0001,755,000
土間撤去12.52,00025,000
CB正面全撤去6.02,00012,000
樹木伐根8.03,00024,000
仮囲い防音シート4.025,000100,000
重機回送2.021,00042,000
値引き1.0--593-593
総合計金額: 1,957,407(税抜)

備考: アスベスト屋根材撤去費用含む

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都国立市
建物種類木造住宅
坪数41.0坪
階層2階建

建物価格:1,676,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造2階建て解体工事41.036,0001,476,000
足場シート養生482.0750361,500
屋根材石綿撤去 処理代5.040,000200,000
植栽撤去 7本撤去1.070,00070,000
整地工事284.0800227,200
諸経費1.0255,890255,890
総合計金額: 2,590,590(税抜)

備考: アスベスト屋根材撤去費用含む

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

国立市の解体工事補助金

ブロック塀等の改善工事助成制度

地震などによるブロック塀等の倒壊から歩行者等の安全を確保するため、道路等に面する十分な安全性が確認できないブロック塀等の改善工事を行う場合、工事費用の一部を助成します。

助成対象となる方

・区内にあるブロック塀等を所有または管理する個人または中小企業者。
ただし、下記に該当する方を除きます。
・業として改善工事を行う方。
・同一敷地内で同様の助成を受けた方または今後受ける予定の方。
(注意) 塀および土地の所有者が複数いる場合、すべての所有者の同意が必要になります。

助成対象となるブロック塀等

道路などに面する高さ1メートル以上のブロック塀等(コンクリートブロック塀、万年塀、石積塀その他これらに類する塀または門柱)で十分な安全性が確認できないもの。

助成対象となる工事

[撤去工事]
道路等に面するブロック塀等を原則すべて撤去(基礎を含む)する工事
[設置工事]
ブロック塀等の撤去後に行う「軽量フェンス」等を設置する工事
「軽量フェンス」の構造は、原則以下のとおりとします。
・高さ:2メートル以下
・材質:スチールまたはアルミ製
・形状:網状で見通しが可能なもの
・基礎:軽量フェンスの設置に必要な高さで40センチメートル以下
(注意1) 設置工事には、原則、建築基準法に基づく確認申請が必要になります。建築物に付属する門・塀の確認申請の手続きについては「建築物に附属する門・塀の確認申請手続きについて(PDF:1,197KB)」をご覧ください。
(注意2) 撤去するブロック塀が幅員4メートル未満の道路に面する場合、新たに設置する軽量フェンス等は道路の中心から2メートル後退して設置しなければならない場合があります。

助成金の額

撤去工事・設置工事に要した費用(税抜き)について、下記の条件により算出される金額とします。
設置工事まで行う場合は、「撤去工事」と「撤去後の設置工事」の合計額となります。
・撤去工事・・・補助率10分の10(限度額40万円)
・撤去後の設置工事・・・補助率2分の1(限度額30万円)
※申し込み方法等、詳しくは千代田区ホームページをご覧ください。

https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/machizukuri/kenchiku/taishin/block-josei.html

 

注意事項

・平成30年12月10日から令和2年12月28日まで。
ただし、令和3年1月29日までに完了実績を提出できるものまでとします。
下記の場合は助成対象になりません。
・ブロック塀等を既に撤去している場合
・助成申請を行い区から助成決定通知を受ける前に、工事の契約を行った場合

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00