国分寺市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

国分寺市の解体費用相場

  • 4.6万円
  • (価格幅: 3.7万円から5.1万円)
木造住宅4.0万円 / 坪
鉄骨造住宅4.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体5.1万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

国分寺市-の構造別工事の見積例(3件中1-3件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都国分寺市
建物種類木造住宅
坪数52.45坪
階層2階建

建物価格:2,423,600円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
解体工事 木造2階建て(手壊し、2棟含む)52.4532,0001,678,400
解体工事 木造2階建て(内装、2棟含む)173.43,000520,200
解体工事 整地工事(配管撤去、敷地内地中掘削作業含む)1.0100,000100,000
解体工事 地下駐車場、土間コンクリート撤去14.2112,000170,520
解体工事 植栽撤去1.012,00012,000
仮設工事 単管足場防音シート養生322.0800257,600
残土盛り付け作業(3tダンプ)12.09,000108,000
諸経費及び一般管理費1.0227,738227,738
スレート屋根材撤去(石綿撤去作業、処分費含む)5.045,000225,000
総合計金額: 3,299,458(税抜)

備考: アスベスト屋根材含む

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都国分寺市
建物種類その他の建物
坪数52.5坪
階層2階建

建物価格:2,675,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造2階建RC地下1階76.014,0001,064,000
木造3階建て97.4112,5001,217,625
仮囲い防音シート3.010,00030,000
重機回送費2.023,00046,000
残土30.03,00090,000
解体保険1.030,00030,000
値引き1.0--773-773
総合計金額: 2,476,852(税抜)

備考: 木造2階建RC地下1階 23坪
木造3階建て 29.5坪

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都国分寺市
建物種類木造住宅
坪数28.0坪
階層2階建

建物価格:1,036,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
本体解体手間 解体撤去処理費28.037,0001,036,000
ブロック撤去、木 撤去、石 移動1.050,00050,000
総合計金額: 1,086,000(税抜)

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

国分寺市の解体工事補助金

木造住宅耐震改修及び除却費用の助成

耐震性のない住宅について、耐震改修・除却・建替え工事を実施する場合、費用の一部を補助。

対象工事

・耐震改修
耐震診断で、耐震性能に問題があると判定された建物を必要な耐震強度まで引き上げるための補強工事。
耐震改修工事の例としては、建物の基礎の補強、柱・土台・筋交いなどの接合部の補強、壁の増強、屋根の軽量化などがある。
・除却
耐震診断で耐震性能に問題があると判定された建物全て(基礎含む)を除却する工事。
・建替え工事
助成の対象となる住宅を取壊し、引き続き同じ土地で同じ方が新築工事を行うものをいう。

対象者

耐震診断の結果、評点が1.0未満と診断された建築物の所有者、市税を滞納していない方 等

補助金の額

【耐震改修工事】
工事にかかる費用の8/10(上限100万円)
【除却工事】
工事にかかる費用の1/3(上限70万円)
【建替え工事】
建替え工事のうち,除却工事にかかる費用の8/10(上限70万円)

※申し込み方法等、詳しくは国分寺市ホームページをご覧ください。
http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/kurashi/koutsuu/jutaku/1002258.html

注意事項

・申請する場合は事前にまちづくり推進課相談すること。
・申請期間:令和2年4月1日~令和3年1月29日
・耐震改修を行うにあたっては工事監理費も発生しますが助成の対象外。
・除却について、アスベストや工作物の除却に要する費用は対象外。
・改修,除却,建替え工事の契約前に市からの交付決定を受ける必要がある。
・場合によっては交付決定までに2ヶ月以上かかることがある。

特定緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等助成

沿道建築物の耐震改修などに係る費用を助成。

対象 建築物

・敷地が特定緊急輸送道路に接する建築物
・昭和56年6月1日施行の耐震基準改正前に建築された建築物
・緊急輸送道路の幅員に応じ,HP内の図に示す高さ(斜線)を超える建築物

対象者

対象建築物の所有者
※分譲マンションの場合は管理組合または区分所有者の代表者、共同で所有する建築物の場合は共有者全員によって合意された代表者

補助金の額

耐震改修等:耐震改修等費用の5/6(耐震改修等助成規則別表第2に定める限度額以内) 

※申し込み方法等、詳しくは国分寺市ホームページをご覧ください。
http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/kurashi/koutsuu/keikaku/1002345.html

注意事項

・特定緊急輸送道路((1)五日市街道、(2)府中街道、(3)市役所通りの一部(市役所から恋ヶ窪交差点の間))が指定されている。

ブロック塀等撤去工事等助成金

ブロック塀などの撤去工事等にかかる費用の一部を助成。

対象要件

・道路等、および隣地に面して設置された、高さ1メートルを超えるコンクリートブロック塀、石塀、万年塀等と門柱の撤去工事
・道路に面したブロック塀等の撤去に伴うブロック塀およびフェンス等の設置工事

※販売を目的として整地や解体工事をする際に撤去を行う場合は助成できない。
※撤去工事について、道路の路面または地盤面から60センチメートル以下となるようにブロック塀などの上部を撤去する場合も助成の対象となる。
(ただし、建築基準法第44条(道路内の建築制限)の規定を満たすもののみ対象となる。)
※設置工事について、以下の場合が助成の対象となる。
(1)ブロック塀等を設置する場合は道路の路面から60センチメートル以下(法適合した塀が助成対象。基礎形状などに注意すること。)
(2)フェンス等を設置する場合は道路の路面から2m以下。

補助金の額

・撤去費用と、塀の長さに1メートルあたり6千円を乗じた額とを比較して少ない方の額。
・設置費用と、塀の長さに1メートルあたり4千円を乗じた額とを比較して少ない方の額。
・国産木材を使用した塀設置費用のうち,80,000円/mを超える額(最大196,000円/mまで)を助成金に加算(延長上限25m)。

※申し込み方法等、詳しくは国分寺市ホームページをご覧ください。
http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/kurashi/koutsuu/jutaku/1002259.html

注意事項

・必ず事前に建築指導課へ相談すること。
・助成予定額が終了した時点で申請締切りとなる。
・申請書は必ず工事の契約を締結する前、かつ工事に着手する前に建築指導課へ提出すること。また、工事契約・工事着手は、市の助成金交付決定を受けてから行うこと。
・撤去及び新設工事完了後、工事費の支払いを終えてから、申請した年度の2月末までに完了届を提出すること。
・既にこの助成金の交付を受け、撤去工事を行った箇所に設置されたブロック塀等は助成対象外。

生け垣造成補助金

緑豊かな生活環境と災害時の安全性確保のため、一定条件を満たす生け垣を新設する際にかかった費用の一部を補助。

対象要件

※次のすべてを満たす生け垣の造成が対象となる。

・新設の生け垣であること(ブロック塀などを撤去して生け垣を造成する場合を含む)。
・原則として幅員4メートル以上の道路に面していること。
・生け垣の総延長は2メートル以上とすること。
・生け垣に適した樹高80センチメートル以上の苗木を使用し、道路境界から奥行き30センチメートルから50センチメートル程度の場所に設置すること。
・植栽間隔は、生け垣延長1メートルあたり2本以上、相互に葉が触れ合うように植えること。
・縁石やブロック塀を設置する場合は、高さ60センチメートル以下とすること。

※以下の場合、補助対象にならない。
・国、地方公共団体、その他これに準ずる団体が設置するもの。
・宅地建物取引業を営むもの、又は開発事業を行うものが販売を目的として設置するもの。
・一時的に設置するもの。

補助金の額

生け垣造成費は、延長1メートルあたり8,000円を上限に補助。

※申し込み方法等、詳しくは国分寺市ホームページをご覧ください。
http://www.city.kokubunji.tokyo.jp/kurashi/1011090/1011425/1002422.html

注意事項

・移動式植栽桝(プランター)の使用は、補助対象外。
・必ずブロック塀撤去工事、生け垣造成工事の着手前に申請し、補助金の交付決定を受けてから各工事を着工すること。
・工事着工後の申請は補助対象にならない。
・内容審査および現地確認を実施するため、申請があってから補助金の交付決定までにある程度日数がかかる。工事の着手前には余裕を持って申請すること。
・造成した生け垣は、長期間に渡り保護育成に努めること。