清瀬市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

清瀬市の解体費用相場

  • -万円
  • (価格幅: -万円から-万円)
木造住宅4.0万円 / 坪
鉄骨造住宅4.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

清瀬市の解体工事補助金

特定緊急輸送道路沿道建築物耐震化支援

特定緊急輸送道路沿道建築物の所有者を対象に耐震化に関する費用の助成。

対象 建築物

※助成対象となるのは、以下のすべてに該当する建築物。

・敷地が特定緊急輸送道路に接する建築物
・昭和56年6月1日施行の耐震基準改正前に建築された建築物
・道路幅員の概ね1/2以上の高さの建築物

補助金の額

【耐震改修、建替え及び除却 】
・助成率:助成対象費用の6分の5
※ただし、分譲マンションを除く5,000平方メートルを超える部分については、助成対象費用の2分の1

・助成対象費用の限度額
耐震改修、建替え又は除却に要した実費用を上限額とした次の額。

耐震改修
【住宅の場合】1平方メートル当たり33,500円として延べ面積を乗じた額
【マンションの場合】 1平方メートル当たり49,300円として延べ面積を乗じた額で1棟当たり493,000,000円 
【建築物の場合】 1平方メートル当たり50,300円として延べ面積を乗じた額で1棟当たり503,000,000円
※なお、免震工法等を含む特殊な工法による場合は、上記1平方メートル当たりを82,300円と読み替えて適用。ただし、住宅は対象外。

※住宅とは、一戸建ての住宅、長屋及び共同住宅をいい、店舗等の用途等の用途を兼ねるもの(店舗等の用に供する部分の床面積が延べ面積の2分の1未満のもの)を含む。
※マンションとは、共同住宅のうち耐火建築物又は準耐火建築物であって、延べ面積が1,000以上であり、かつ、地階を除く階数が原則として3階以上のものをいう。
※建築物とは、住宅以外の建築物をいう。

建替え
耐震改修に要する費用相当分

除却
耐震改修に要する費用以内かつ除却に要する費用以内

※申し込み方法等、詳しくは清瀬市ホームページをご覧ください。
https://www.city.kiyose.lg.jp/s047/010/010/030/20160325142249.html

注意事項

・市内の一般道路では、志木街道・ 小金井街道の一部・そして市役所通りの一部が指定されている。
・適用期間:平成32(2020)年3月31日まで
・適用期間内に補強設計に着手し、平成38(2026)年3月31日までに完了することが条件。
・耐震改修、建替え及び除却以外の補助内容は、HPを参照すること。

生け垣助成制度

生け垣を新たに造成する(既存の塀を撤去して、新たに生け垣に改造する場合を含む) 市内の住宅又は事業所を対象として造成費の一部を補助。

対象生垣

※補助の対象となる生け垣は次の条件を全て満たしているものとなる。

・樹木の高さがおおむね80センチメートル以上であること
・生け垣の総延長が3メートル以上であること
・一般の交通の用に供する幅員4メートル以上の道路に面していること
・生け垣をフェンスなどと併設する場合は、樹木がフェンスよりも道路側に植栽されており、樹木の高さがフェンス より高くなっていること
・樹木は葉が触れ合う程度に植えること
・申請は、施工前にすること

※ただし、次の場合は補助対象外。

・既存の生け垣を作り替える場合
・移転補償等により生け垣等を造成した場合
・不動産業者、開発業者が業として造成する場合
・市税を滞納している場合
・その他、市長が助成金の交付を不適当と認めるもの
・施工後の申請

補助金の額

生け垣の総延長に1メートル当たり1万円を乗じた額(1,000円未満切り捨て
また、限度額は10万円となる。
(助成金は予算の範囲内で交付)

※申し込み方法等、詳しくは清瀬市ホームページをご覧ください。
https://www.city.kiyose.lg.jp/s050/020/010/010/010/20150305105017.html

注意事項

・施工前に相談及び申請が必要。
・この助成金の交付を受けた方は、5年以上生け垣の保護と育成に努め、適正な管理を行うこと。