福生市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

福生市の解体費用相場

  • -万円
  • (価格幅: -万円から-万円)
木造住宅4.0万円 / 坪
鉄骨造住宅4.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

福生市の解体工事補助金

空き家住宅除却助成事業

老朽化した空き家住宅の除却を促進するため、空き家を除却する所有者の方に、除却費用の一部を助成。

対象空き家

※福生市内にある住宅で、次のすべての要件を満たす住宅。

・昭和56年5月31日以前に着工されたものであること。
・居住の用に供しない状態で概ね1年以上経過していること。
※ただし、共同住宅にあっては、全住戸のうち2分の1以上の住戸が居住の用に供していない状態で概ね1年以上経過していること。
・地方税法に規定する固定資産課税台帳に建物の種類が居宅、長屋または共同住宅として登録があること。
・建物に所有権以外の権利が存しないこと。
・現住者がいないこと。
・現に公共事業等の補償の対象となっていないこと。

対象空き家

※次のすべての要件を満たす個人または法人。

・空き家住宅の所有者(共有の建物にあっては、共有者によって合意された代表者)であること。
・市税の滞納がないこと。
・暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第2号に規定する暴力団または同条第6号に規定する暴力団員でないこと。

補助金の額

空き家住宅及びこれに附属する門、塀、生垣、柵、物置、自転車置き場、車庫、その他日常の生活において通常必要とされる構造物(植栽を除く。)の除却工事の費用(整地に係る費用を除く。)から消費税額を除いた額に2分の1を乗じて得た額。
(1,000円未満切捨て)

上限額
・戸建て住宅:1戸当たり30万円
・長屋または共同住宅:1棟当たり100万円

※申し込み方法等、詳しくは福生市ホームページをご覧ください。
https://www.city.fussa.tokyo.jp/life/residence/house/1002899.html

注意事項

・除却する住宅が助成の対象かどうかを判断するため、市役所への事前相談が必須となる。
・必要書類は、事前相談の際に渡される。
・書類が整っていないと申請を受け付けることができない。

新設生垣設置費用の補助

市民の皆さんが樹林地及び樹林、生垣を設置し、今後、規定された年数以上にわたって維持管理を行なうことが確約される場合に、奨励金を交付。

対象要件

(1)面的なつながりが700㎡(7アール)以上ある樹林地を設置(所有)する者
(2)樹高が10メートル以上あり、かつ地上高1.5m部分の幹周が1m以上ある樹木を設置(所有)する者
(3)道路に接する部分の幹高が1m以上あり、かつ延長が5m以上ある生垣を設置(所有)する者
※(3)にいう道路とは、次ののいずれかに該当するもの。
・公道
・私道のうち、起点および終点が公道又は幅員が4m以上ある袋小路でない私道に接するもの。
・私道のうち、幅員4m以上でかつ延長が20m以上の袋小路のもの。

対象者

・市内に住所を有し、そこに居住している方
・都市計画税及び固定資産税の滞納のない方
・10年以上にわたり、樹林地、樹木、生垣を維持管理できる方

補助金の額

新たに5m 以上の生垣を設置する方に、1mにつき最大5,000 円の補助。
(ただし、費用の全額以上の請求はできない。)

※また、生垣を設置するに当たり、既存の塀を撤去する場合、以下の補助額を撤去費用として補助。
・石積み塀(裏込めコンクリートを含む。)・コンクリートブロック塀の場合
補助額:4,000円
上限額:40,000円

・万年塀・空石積み塀・板塀の場合
補助額:2,000円
上限額:20,000円

・金網塀及び市長が特に塀と認めるものの場合
補助額:300円
上限額:3,000円

※申し込み方法等、詳しくは福生市生活環境部環境課環境係へお問い合わせください。

注意事項

・補助金を希望の方は環境課環境係まで相談すること。
・協定期間は10年。協定期間内に生垣を維持できなくなった場合、補助金は全額返還となる(撤去費用も同じ)。
・受付は先着順で予算に達し次第打ち切りとする。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00