中央区の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

中央区の解体費用相場

  • 3.9万円
  • (価格幅: 2.9万円から5.4万円)
木造住宅4.0万円 / 坪
鉄骨造住宅4.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

中央区-の構造別工事の見積例(5件中1-5件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都中央区
建物種類木造住宅
坪数56.2坪
階層3階建

建物価格:3,043,600円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
家屋解体56.228,0001,573,600
足場シート養生1.0150,000150,000
基礎撤去 基礎撤去~整地迄60.05,000300,000
発生材運搬・処分 柱、梁などの木材運搬及び処分費15.0t18,000270,000
発生材運搬・処分 外壁、内壁等の混合廃棄物運搬及び処分費40.015,000600,000
発生材運搬・処分 基礎解体によるコンクリートガラ運搬及び処分費50.06,000300,000
特別値引き1.0--43,600-43,600
総合計金額: 3,150,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都中央区
建物種類木造住宅
坪数50.0坪
階層3階建

建物価格:1,450,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造3F建物解体工事 先行手壊し重機解体50.014,000700,000
同上発生材運搬処理 3t使用30.025,000750,000
養生工事 単管+シート 4面270.0500135,000
諸官庁手続費 リサイクル届1.018,00018,000
総合計金額: 1,603,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都中央区
建物種類木造住宅
坪数38.0坪
階層2階建

建物価格:1,410,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
建物解体工事 木造38.020,000760,000
同上発生材運搬処理 隣コインパーキング設置3t車1.0650,000650,000
養生足場工事 単管パイプ+シート160.050080,000
諸官庁手続 リサイクル届1.010,00010,000
総合計金額: 1,500,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都中央区
建物種類木造住宅
坪数29.3坪
階層2階建

建物価格:1,159,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
仮設工事 単管・防炎シート養生 架け・払い・運搬149.01,200178,800
木造2階建(瓦葺・モルタル張)住宅解体 木造住宅上屋解体 機械壊し・手壊し併用 産廃・積込・搬出・処分96.710,000967,000
木造2階建(瓦葺・モルタル張)住宅解体 同上基礎 機械壊し 産廃・積込・搬出・処分64.03,000192,000
重機回送費 大型セルフ2.030,00060,000
役所申請 リサイクル法届け他1.040,00040,000
諸経費・現場経費 近隣挨拶1.0140,000140,000
端数値引き1.0--6,800-6,800
総合計金額: 1,571,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都中央区
建物種類木造住宅
坪数31.0坪
階層2階建

建物価格:925,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
足場養生100.080080,000
木造家屋2階手解体15.035,000525,000
木造家屋1階機械解体16.025,000400,000
ブロック塀撤去処分4.03,50014,000
土間コンクリート撤去処分19.04,00076,000
植栽・花壇撤去処分(鉢含む)1.050,00050,000
重機回送2.035,00070,000
重機使用料 ※PC30(アタッチメント含む)8.029,000232,000
値引き1.0--2,556-2,556
総合計金額: 1,444,444(税抜)

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

中央区の解体工事補助金

特定沿道建築物耐震化助成制度

特定緊急輸送道路沿道建築物の所有者に対し、補強設計・耐震改修等に要する費用を助成。

対象 建築物

※以下のすべてに該当するものが緊急輸送道路沿道等建築物となる。

・敷地が緊急輸送道路等に面する建築物。
・旧耐震基準の建築物(昭和56年5月31日以前に工事に着手したもの)。
・高さが道路幅員のおおむね2分の1以上の建築物。

補助金の額

すべての建物を対象に、工事費用の3分の1から6分の1。

※床面積、基準単価による制限がある。
※床面積が5,000平方メートルを超える部分は助成率が6分の1となる。

※申し込み方法等、詳しくは中央区ホームページご覧ください。
https://www.city.chuo.lg.jp/kurasi/sumai/taisintaisaku.html

注意事項

・除却の適用期間は令和7年度末までとする。
・除去以外の助成内容は、HP内を参照すること。
・特定緊急輸送道路の沿道にあり、緊急輸送道路沿道建築物の要件を満たす「特定沿道建築物」の所有者は次のことが必要となる。
※耐震診断や改修の実施状況を報告する。
※耐震診断を実施していない場合には耐震診断を実施する。
※耐震性能を満たしていない場合には、耐震改修等の実施に努める。
※延べ面積10,000平方メートル以下の特定沿道建築物等の耐震診断、及び耐震改修等を実施した場合は、30日以内にその結果を様式にて区に報告。