足立区の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

足立区の解体費用相場

  • 5.1万円
  • (価格幅: 1.5万円から9.8万円)
木造住宅4.0万円 / 坪
鉄骨造住宅4.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋3.2万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体3.7万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

足立区-の構造別工事の見積例(13件中1-13件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都足立区
建物種類木造住宅
坪数36.5坪
階層2階建

建物価格:1,221,160円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
養生シート 架け払い220.0600132,000
木造2階建 上屋 解体片付処分120.668,5001,025,610
木造2階建 基礎 斫り解体処分78.222,500195,550
立木・植込 伐採伐根処分1.060,00060,000
庭石・敷石 斫り解体処分0.550,00025,000
物置 解体片付処分8.266,50053,690
ブロック塀 斫り解体処分48.582,800136,024
カーポート 土間コンクリート 解体片付処分1.0ヶ所50,00050,000
ネットフェンス 解体片付処分6.751,50010,125
居室内外残置物 2t車×1台 分別片付処分6.011,50069,000
現場経費 建設リサイクル法届出含む1.080,00080,000
値引1.0--28,848-28,848
総合計金額: 1,808,151(税抜)

備考: 家財道具の費用は概算

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都足立区
建物種類鉄骨造住宅
坪数88.3坪
階層3階建

建物価格:4,125,500円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
外部足場養生 単管防音シート520.01,800936,000
鉄骨3階建解体工事 内装解体292.02,500730,000
鉄骨3階建解体工事 建屋解体292.08,0002,336,000
鉄骨3階建解体工事 基礎撤去工事99.06,000594,000
鉄骨3階建解体工事 基礎ガラ処分費133.0t3,500465,500
重機回送費1.060,00060,000
端数値引き1.0--21,000-21,000
総合計金額: 5,100,500(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都足立区
建物種類鉄骨造住宅
坪数88.5坪
階層3階建

建物価格:5,152,500円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
建物1階部分解体工事費30.055,0001,650,000
建物2階部分解体工事費30.055,0001,650,000
建物3階部分解体工事費(手毀し)28.565,0001,852,500
足場養生費(単管防音シート掛け)420.01,300546,000
RC塀解体カッター入れ1.030,00030,000
土間解体撤去11.06,00066,000
総合計金額: 5,794,500(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都足立区
建物種類鉄骨造住宅
坪数88.6坪
階層3階建

建物価格:6,795,996円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
単管・防音シート 架け払い450.02,3001,035,000
重機回送 回送4.070,000280,000
鉄骨造3階建 内装解体工事292.982,600761,748
鉄骨造3階建 同上搬出運搬処分292.984,0001,171,920
鉄骨造3階建 人力躯体解体工事193.235,000966,150
鉄骨造3階建 同上搬出運搬処分193.238,6001,661,778
鉄骨造3階建 機械併用解体工事99.755,000498,750
鉄骨造3階建 同上搬出運搬処分99.757,000698,250
鉄骨造3階建 基礎解体工事99.754,400438,900
鉄骨造3階建 同上搬出運搬処分99.756,000598,500
現場経費1.0450,000450,000
値引1.0--45,875-45,875
総合計金額: 8,515,121(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都足立区
建物種類木造住宅
坪数21.5坪
階層2階建

建物価格:787,500円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
建物解体工事費21.535,000752,500
塔屋解体工事7.05,00035,000
足場養生費1.0200,000200,000
ブロック塀解体撤去(13段)8.0m13,000104,000
ゲヤ解体撤去3.05,00015,000
土間解体撤去4.05,00020,000
総合計金額: 1,126,500(税抜)

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都足立区
建物種類鉄骨造住宅
坪数54.5坪
階層3階建

建物価格:4,360,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
鉄骨建物解体工事費54.580,0004,360,000
足場養生費(単管防音シート掛け)1.0500,000500,000
ガードマン2名30.027,000810,000
水道使用1.0100,000100,000
リサイクル法に基づく届出および近隣対策費1.050,00050,000
総合計金額: 5,820,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都足立区
建物種類鉄骨造住宅
坪数53.5坪
階層3階建

建物価格:5,217,500円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
足場養生(防音シート)388.03,0001,164,000
電線防護管1.060,00060,000
仮設水道工事1.0200,000200,000
鉄骨3階建内装解体処分53.540,0002,140,000
鉄骨3階部分、2階一部手解体20.050,0001,000,000
鉄骨3階建解体処分33.545,0001,507,500
基礎・土間撤去処分60.09,500570,000
交通誘導員20.018,000360,000
値引処理1.0--29,278-29,278
総合計金額: 6,972,222(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都足立区
建物種類その他の建物
坪数46.5坪
階層2階建

建物価格:1,732,500円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
灯篭解体撤去5.015,00075,000
庭石撤去1.075,00075,000
庭石撤去(1m以上のもの)15.020,000300,000
庭木伐採伐根1.0200,000200,000
立木伐採伐根(20本以上)1.0200,000200,000
立木伐採伐根(2本)1.0250,000250,000
出精値引1.0--8,000-8,000
建物木造部分解体工事費30.030,000900,000
建物鉄骨部分解体工事費16.545,000742,500
軽量鉄骨洗い場部分(土間共)4.520,00090,000
足場養生費(単管防音シート掛け)1.0130,000130,000
建物裏残材、ゴミ片づけ等1.0100,000100,000
出精値引1.0--19,500-19,500
総合計金額: 3,035,000(税抜)

備考: 木造部分と鉄骨部分あり

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都足立区
建物種類鉄骨造住宅
坪数35.98坪
階層2階建

建物価格:1,769,460円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
足場養生203.01,000203,000
屋根コロニアル手解体96.31,00096,300
屋根材コロニアル処分費(レベル3)3.050,000150,000
鉄骨造2階建家屋2階部分一部手解体(木造部分)10.035,000350,000
鉄骨造2階建家屋2、1階部分機械解体(木造・鉄骨造部分)25.9830,000779,400
鉄骨造2階建内装解体24.6116,000393,760
土間コンクリート撤去処分90.03,500315,000
屋根折半撤去処分(一部)1.050,00050,000
敷地内残置物撤去処分1.050,00050,000
重機回送2.030,00060,000
端数処理1.0--3,015-3,015
総合計金額: 2,444,445(税抜)

備考: アスベスト屋根材撤去費用含む

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都足立区
建物種類アパート・長屋
坪数89.9坪
階層2階建

建物価格:4,399,892円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
解体工事 養生シート 架け払い280.0800224,000
解体工事 2×4 2階建 基礎残す297.2914,8004,399,892
解体工事 フェンス 再利用1.0200,000200,000
解体工事 現場経費 建設リサイクル法届出含む1.0250,000250,000
値引き1.0--73,892-73,892
総合計金額: 5,000,000(税抜)

備考: 木造アパート解体

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都足立区
建物種類木造住宅
坪数94.9坪
階層2階建

建物価格:4,550,100円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
架設工事 単管シート張り養生200.0600120,000
架設工事 諸官庁届け出申請費1.030,00030,000
木造2階建て解体工事 内装ボード撤去313.7500156,850
木造2階建て解体工事 同上搬出処分費15.716,000251,200
木造2階建て解体工事 木造2階建屋撤去313.73,5001,097,950
木造2階建て解体工事 同上木くず処分費95.15,000475,500
木造2階建て解体工事 同上混合物処分費142.718,0002,568,600
諸経費 諸経費 フェンス再利用費含む1.0235,005235,005
値引き1.0--85,105-85,105
総合計金額: 4,850,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都足立区
建物種類アパート・長屋
坪数90.0坪
階層2階建

建物価格:1,350,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
建物解体 基礎土間残す90.015,0001,350,000
シート養生250.0800200,000
フェンス撤去(外すだけ) フェンスは残す1.0150,000150,000
ベランダ鉄骨処分1.050,00050,000
便槽、フロ場撤去1.0150,000150,000
値引1.0--2,000-2,000
総合計金額: 1,898,000(税抜)

備考: 木造アパート解体

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所東京都足立区
建物種類木造住宅
坪数56.0坪
階層2階建

建物価格:1,456,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
足場養生318.5700222,950
木造家屋2階・1階機械解体56.026,0001,456,000
土間コンクリート撤去処分40.63,000121,800
鉄骨階段撤去処分1.020,00020,000
重機回送費2.030,00060,000
諸経費1.050,00050,000
値引処理1.0--78,899-78,899
総合計金額: 1,851,851(税抜)

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

足立区の解体工事補助金

不燃化特区の助成制度

不燃化特区内で「昭和56年5月31日以前(旧耐震)に建築された木造又は軽量鉄骨造の建物」を建替え・解体する際に助成。

対象区域

・西新井駅西口周辺地区
・足立区中南部一帯地区

対象住宅

【老朽建築物の解体】
※下記のいずれかの条件を満たす老朽建築物。

・昭和56年5月31日以前に建築された(旧耐震)木造又は軽量鉄骨造の建築物
・区の調査によって危険であると認められた建築物
(詳しくは建築安全課または密集地域整備課に問い合わせること)
・延焼防止上危険な木造建築物として国が定めた基準に該当する建築物

※建て替えの内容については、HPを参照すること。

補助金の額

【老朽建築物の解体】
上限210万円

※申し込み方法等、詳しくは足立区ホームページをご覧ください。
http://www.city.adachi.tokyo.jp/misshu/machi/toshi/adatikutyuunannbuittaitikufunennkatokkunituite.html

注意事項

・助成は、2020年度まで。
・事前相談の際は、現況の写真や建物と土地の権利が分かる書類等を可能な限り準備をすること。
・更地を適正に管理することにより、最長5年度分8割の減免が受けられる可能性がある。

木造住宅・建築物の耐震改修工事等助成

耐震診断助成を受けて実施した耐震診断の結果、「耐震性が不足している」と判定された住宅・建築物に対し、耐震改修工事費用の一部を助成。

対象要件

・おおむね2年以内に足立区の耐震診断助成を受け、補強の必要があると認められたもの
・耐震改修工事の実施前に助成申請を行うこと(事前申請が必要となる)
・耐震改修工事の助成をすでに受けていないこと(2回目以降は助成できない)
・耐震診断士が工事監理を行うこと
・耐震シェルター・ベッドに対する助成をうけた方は、耐震改修工事助成はうけられない

※耐震診断の助成を受けることができても、耐震改修工事の助成を受けることができるとは限らない。
※このほか、建築基準法に違反しているものなどは、助成ができない場合があります。

補助金の額

【解体工事の場合】
~戸建住宅・共同住宅~
・除却工事費の2分の1以下
・上限50万円

~特定建築物~
・除却工事費の2分の1以下
・上限100万円

※消費税は助成対象外となる。また、助成額は千円未満を切り捨てた額とななる。
※その他、建物の延べ床面積による限度額算定も行なう。
※除却工事についても、区の助成を受けた耐震診断が必要。

※申し込み方法等、詳しくは足立区ホームページをご覧ください。
http://www.city.adachi.tokyo.jp/k-anzen/machi/taishinka/sokushin-taishin.html

注意事項

・解体工事以外の補助内容については、HPを参照すること。
・助成金申請者と工事等契約者の名前が違うと、振込まれない。同じにするか、工事契約書類等に助成金申請者を連名にすること。
・見積書にて出精値引き等は、税込金額から行なわないこと。
・全て事前申請となる。事後の申請は助成不可となる。
・宅地建物取引業(売買・仲介)の方の、転売目的の診断及び補強等の助成はできない。

特定地域木造住宅・建築物の耐震改修工事等助成

特定地域で耐震診断助成を受けて実施した耐震診断の結果、「耐震性が不足している」と判定された住宅・建築物に対し、耐震改修工事費用の一部を助成。

対象地域

・千住地域
・中川地域
・小台宮城地域
・本木梅田周辺地域

対象要件

・昭和56年5月31日以前の建築(旧耐震)で、かつ2階建以下の木造建物
・耐震診断で改修の必要があると診断され、耐震改修または解体する場合

補助金の額

【解体工事の場合】
~戸建住宅・共同住宅~
・特定地域は9/10で最大100万円

※消費税は助成対象外となります。また、助成額は千円未満を切り捨てた額となる。
※その他、建物の延べ床面積による限度額算定も行なう。

※申し込み方法等、詳しくは足立区ホームページをご覧ください。
http://www.city.adachi.tokyo.jp/k-anzen/machi/taishinka/jyoseikakujyuu.html

注意事項

・助成期間は、2021年3月まで。

特定緊急輸送道路沿道建築物への助成制度

特定緊急輸送道路の沿道で、一定の要件を満たした建物について、補強設計・耐震改修の費用の一部を助成。

対象 建築物

※以下のすべてに該当すること。

・敷地が特定緊急輸送道路に接していること
・昭和56年6月1日施行の耐震基準改正前に建築されたもの
・道路幅員のおおむね2分の1以上の高さの建築物
・耐震診断を行ない構造耐震指標が一定以下のもの

補助金の額

【耐震改修・建替え・除却工事の場合】
~助成対象費の算定方法~
・延べ面積×50300円/平方メートル
※ただし、免震工法等を使用する場合は延べ面積×82300円/平方メートル

・住宅(マンションを除く)場合は延べ面積×33500円/平方メートル

・分譲マンションの場合は延べ面積×49300円/平方メートル

~補助率と助成限度額~
1.延べ面積5000平方メートル以下の部分:助成対象費の6分の5
※ただし下記の条件あり
(1)助成対象費が3000万円を超えて6000万円以下の場合:助成対象費の2分の1+1000万円
(2)助成対象費が6000万円を超えた場合:助成対象費の3分の1+2000万円

2.延べ面積5000平方メートルを超える部分:助成対象費×6分の1
1.2.の合計額以下で限度額5億300万円/棟(分譲マンションは4億9300万円/棟)

※建替え・除去工事の助成費用は、耐震補強工事にかかる費用と比較して、低い額が助成対象費となる。
ただし、建替えに用いる延べ面積は、建替前と後の建物の延べ面積のうちいずれか小さい方とし、耐震改修工事に要する費用相当分と比較し低い方の額とする。

※消費税は助成対象外となる。また、助成額は千円未満を切り捨てた額となる。

※申し込み方法等、詳しくは足立区ホームページをご覧ください。
http://www.city.adachi.tokyo.jp/k-anzen/machi/taishinka/kinkyuyuso.html

注意事項

・耐震改修・建替え・除却工事以外の補助内容については、HPを参照すること。
・複数年度にわたって行われる物件については、担当窓口に問い合わせること
・全て契約をする前に申請(事前申請)をして下さい。契約後の申請は助成対象外。
・この助成制度は、工事の契約着手が、2020年3月31日までに行われたものが対象となる時限措置。
・助成対象費の算定において、耐震改修等に要した費用が算定額より少ない場合は、その費用を助成対象費とする。
・助成金額の詳細については、事前に担当窓口に相談すること。

一般緊急輸送道路沿道建築物の耐震改修工事・建替え工事・除却工事助成

一般緊急輸送道路に指定された道路の沿道建築物(旧耐震)への助成。

対象 建築物

※以下のすべてに該当すること。

・敷地が一般緊急輸送道路に接していること
・昭和56年6月1日施行の耐震基準改正前に建築されたもの
・道路幅員12メートル以上=道路幅の2分の1以上の高さの建築物
・道路幅員12メートル以下=6メートル以上の高さの建築物
・耐震診断を行ない構造耐震指標が規定の数値以下のもの

補助金の額

~助成対象費の算定方法~
・延べ面積×50300円/平方メートル
ただし、
・住宅、共同住宅の場合は延べ面積×49300円/平方メートル
・免震工法等の場合は延べ面積×82300円/平方メートル

~補助率と助成限度額~
1.延べ面積5000平方メートル以下の部分:助成対象費の3分の2
2.延べ面積5000平方メートルを超える部分:助成対象費の3分の1
1.2.の合計額以下で限度額3000万円/棟

※建替え・除去工事の助成費用は、耐震補強工事にかかる費用と比較して、低い額が助成対象費となる。
ただし、建替えに用いる延べ面積は、建替え前と後の建物の延べ面積のうちいずれか小さい方とし、耐震改修工事に要する費用相当分と比較し低い方の額とする。
※消費税は助成対象外となる。また、助成額は千円未満を切り捨てた額となる。

※申し込み方法等、詳しくは足立区ホームページをご覧ください。
http://www.city.adachi.tokyo.jp/k-anzen/machi/taishinka/ippan.html

注意事項

・助成対象費の算定において、耐震改修等に要した費用が算定額より少ない場合は、その費用を助成対象費とする。
・助成金額の詳細については、事前に担当窓口に相談すること。

吹付アスベスト対策費助成事業

足立区内に所在する建築物の所有者等が、吹付材のアスベスト含有率の調査や、アスベスト含有吹付材の除去等の工事を行う場合、費用の助成。

※詳細、申し込み方法等、詳しくは足立区ホームページをご覧ください。
http://www.city.adachi.tokyo.jp/kankyo-hozen/asbest_josei.html

ブロック塀等カット工事助成制度

危険と判断されたブロック塀等の所有者が、高さを低くするカット工事や除却工事を行う場合の助成。

対象 ブロック塀等

・足立区内にあるブロック塀等であること
・高さが1.2メートルを超えるもの
・幅員4メートル以上の道路又は人が通行する通路等に面しているもの
・道路等に建築物や塀が突出していないこと
・足立区建築物等耐震アドバイザー派遣制度を活用し、危険なブロック塀等と判定されたもの

※以下、助成の対象とならない場合もある。
・土地又は建物の販売や賃貸を業としている事業者
・ブロック塀等撤去などの同種の助成を受けている者
・既にこの助成を受けている者
・助成内定前に工事の契約・着手をおこなっている場合

※ブロック塀等とは… れんが造、石造、コンクリートブロック造、その他の組積造並びにこれらに類する構造の塀及び門柱

補助金の額

(A)(B)(C)を比較して最も小さい金額を助成(千円未満は切り捨て)

A:カット工事にかかった費用(税抜)×助成率3分の2=計算結果

B:カット工事を行ったブロック塀等の延長×6千円=計算結果

C:助成限度額15万円

※申し込み方法等、詳しくは足立区ホームページをご覧ください。
http://www.city.adachi.tokyo.jp/k-anzen/machi/taishinka/burrokubeitoukattojyosei.html

注意事項

・この助成を受ける場合は助成申請を行った年度の2月中旬までに工事が完了し、かつ、区に工事完了の手続きを行う必要がある。
・まずは耐震アドバイザー派遣制度をご活用いただき、危険なブロック塀等であると判定される必要がある。
・工事を行う前に必ず申請を行うこと。
・カット工事を行った場合に要件を満たせば、申請者ではなく、施工をした工務店等に助成金を直接振り込むことができる。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00