下野市の解体費用相場と坪単価

10社の口コミと最安値が瞬時に分かる!

ご自身の解体費用を
調べてみませんか?

くらそうねなら、オンラインで
各社の予想工事金額を
調べることができます。

下野市の解体費用相場

  • 坪単価: 2.6万円
  • (価格幅: 2.2万円から3.1万円)
木造住宅3.3万円 / 坪
鉄骨造住宅3.6万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

下野市の構造別工事の見積例(3件中 1-3件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所栃木県下野市
建物種類木造住宅
坪数39.0坪
階層2階建

建物価格:1,197,190円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
仮設工事 仮設水道立上げ1.015,00015,000
仮設工事 重機回送費1.040,00040,000
木造2階建解体工事 内装解体125.83,500440,300
木造2階建解体工事 上屋解体125.82,000251,600
木造2階建解体工事 基礎解体97.724,500439,740
木造2階建解体工事 木造下屋解体7.33,50025,550
付帯工事 残置ゴミ撤去処分16.012,000192,000
諸経費及び安全対策費一式1.071,00071,000
総合計金額: 1,475,190(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所栃木県下野市
建物種類木造住宅
坪数39.0坪
階層2階建

建物価格:860,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造2階建住宅解体撤去運搬処分39.022,000858,000
残置物(生活系ゴミ)撤去運搬処分20.012,000240,000
重機回送費2.010,00020,000
端数値引きサービス1.0-18,000-18,000
総合計金額: 1,100,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所栃木県下野市
建物種類木造住宅
坪数35.0坪
階層2階建

建物価格:925,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造瓦葺き2F建て住居解体35.025,000875,000
土間コンクリート撤去10.02,00020,000
便槽撤去1.010,00010,000
重機回送2.025,00050,000
諸経費1.050,00050,000
総合計金額: 1,005,000(税抜)

ご自身の解体費用を
調べてみませんか?

くらそうねなら、オンラインで
各社の予想工事金額を
調べることができます。

下野市の解体工事補助金

老朽危険空家等除却促進事業補助制度

下野市では、市民が安全で安心して暮らすことができる地域社会の実現を図るため、倒壊等のおそれがある危険な空家等の除却を促進するため、市が認定した老朽危険空家等の除却工事に要する費用について、予算の範囲内でその一部を補助します。

対象となる空家等の要件

◎ 以下の全てに該当する空家
・ 市が老朽危険空家等であると認定したもの(事前調査により認定・事前調査は随時実施)
・ 空家等対策の推進に関する特別措置法第14条第2項の勧告の対象となっていないこと
・ 一戸建ての住宅(併用住宅を含む)であり、個人が所有するもの(貸家は対象外)
・ 所有権以外の権利が設定されていないこと
・ 公共事業等の補償の対象になっていないこと
・ 補助を受ける目的により、故意に破損させたものでないこと

補助対象者の要件

◎ 対象空家等の所有者又は相続人であって、以下の全てに該当する方
・ 所有権を有する方が複数ある場合には、対象空家等の除却について全員の同意があること
・ 市税等を滞納していないこと
・ 暴力団関係者でないこと
・ 建設業の許可又は建設リサイクル法の登録等を受けた市内の事業者(本店所在地が市内にある法人又は個人)に解体工事を依頼できること
・ 補助金の交付を受けていないこと

補助金額

補助対象経費(工事費)の1/2 (1,000円未満切り捨て)
・ 特定空家:最大50万円
・ 不良空家:最大30万円
※申し込み方法等、詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.city.shimotsuke.lg.jp/1436/info-0000005808-5.html

注意事項等

・ 交付決定前に工事着手した場合や、対象空家等の一部のみを除却する工事は、補助の対象とはなりません
・ 建物を除却することにより、固定資産税の課税額が大幅に増加することがあります
・ 事前調査の結果又は予算の都合により、補助金の交付を受けられない場合があります
(予算の上限に達した時点で、申請受付を締め切ります)

ブロック塀等撤去費補助制度

下野市では、地震等によるブロック塀等の倒壊、転倒の事故を未然に防止し、災害に強いまちづくりを推進するため、ブロック塀等の撤去等を行う所有者等に対して、ブロック塀等の撤去・一部撤去に係る費用の一部を助成します。

補助の対象となるブロック塀等

市内に存するコンクリートブロック造、石造、レンガ造等であって、道路等に接面し、地盤面からの高さが80センチメートル以上のもので、かつ、「ブロック塀等の点検のチェックポイント」に掲げる基準に適合しない項目が一つでもあるもの
※ 民地間に設置されているブロック塀等は、補助の対象外となります。

補助の対象となる工事

ブロック塀等の全て又は道路等の地盤面からブロック塀等の頂部までの高さを80センチメートル以下の高さに除却する工事。

補助対象者

次に掲げるいずれの要件も満たす方とします。
(1) 市内に存するブロック塀等の所有者等
(2) 同一のブロック塀等の撤去等に対して、補助金の交付を受けていない方
(3) ブロック塀等の撤去等を市内に事務所若しくは事業所を有する法人又は市内に住所を有する個人事業者に請け負わせる方
(4) ブロック塀等撤去が設置されている土地又は付属する建物の販売に伴い行うものでない方
(5) ブロック塀等が、国又は地方公共団体が行う移転補償に係る事業の対象になっていない方
(6) 国税・県税・市税の滞納のない方

補助金額

通学路に面している場合
撤去工事費と対象工事の塀等の長さに15,000円/メートルを乗じて得た額(1,000円未満切り捨て)とを比較して、いずれか少ない方の額に3分の2を乗じて得た額
上限:200,000円
通学路以外の道路に面している場合
撤去工事費と対象工事の塀等の長さに15,000円/メートルを乗じて得た額(1,000円未満切り捨て)とを比較して、いずれか少ない方の額に2分の1を乗じて得た額
上限:150,000円
※申し込み方法等、詳しくはホームページをご覧ください。
https://www.city.shimotsuke.lg.jp/1606/info-0000005666-1.html

相場より安い費用で工事を行うためのポイント! "地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

解体費用の相場はいかがだったでしょうか?一般的に、同じ条件であっても業者によって費用が3割程度変動することは珍しくありません。解体工事を成功させるためのポイントは

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

地元で最安値の業者を探す

国内最大級

  • 月間利用者数17万人以上
  • 登録解体工事会社800社以上
顧客満足度91.2%
工事取扱い高40億円
ご相談件数50,000件以上
※1 ユニークブラウザー数※2 くらそうねサービス全体の利用者数

「手間を掛けずにコストを削減したい」
という方はお気軽にご活用ください!

お客様の個人情報はプライバシーマーク制度及びISMSに準拠して安全に管理されます。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00