安来市の解体費用相場と坪単価

10社の口コミと最安値が瞬時に分かる!

ご自身の解体費用を
調べてみませんか?

くらそうねなら、オンラインで
各社の予想工事金額を
調べることができます。

安来市の解体費用相場

  • 坪単価: -万円
  • (価格幅: -万円から-万円)
木造住宅3.1万円 / 坪
鉄骨造住宅3.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

ご自身の解体費用を
調べてみませんか?

くらそうねなら、オンラインで
各社の予想工事金額を
調べることができます。

安来市の解体工事補助金

老朽危険建築物等除却助成事業

老朽化による倒壊等危険性のある不良住宅や空き家の除却費用の一部を助成。

対象 空き家

※以下に掲げるすべての要件に該当する建築物となる。
ただし、空家等対策の推進に関する特別措置法による命令に係る部分は除く。

・老朽危険建築物等〔(A)から(C)のいずれか〕
(A)不良住宅(以下に掲げるすべての要件に該当する木造住宅)
・主として居住の用に供される木造住宅でその構造が著しく不良であるため居住の用に供することが著しく不適当なもの
・一戸建ての住宅、長屋、共同住宅又は店舗等併用住宅(自己の居住の用に供する部分の床面積が2分の1以上)であるもの
・敷地周辺に及ぼす危険性が著しいと認められるもの(国道・県道・市道・隣家に接する建物等)
・蔵、物置、倉庫、納屋など居住の用に供されていない建築物は対象外
(B)空き家住宅:おおむね1年以上使用されておらず、かつ、今後も居住の用に供される見込みのない住宅であって、除却後の跡地が10年以上地域活性化のための計画的利用に供されるもの
(C)空き建築物:おおむね1年以上使用されておらず、かつ、今後も従来の用途に供される見込みのない建築物であって、除却後の跡地が10年以上地域活性化のための計画的利用に供されるもの

※附属する門若しくは塀、工作物又は建築設備を除く
※当該建築物の登記事項証明書に所有者以外の権利が設定されていないこと。ただし、権利者の同意を得た場合は、この限りでない

対象者

※市税の滞納がない人で、次の要件のいずれかに該当すること。

・老朽危険建築物等の所有者
・老朽危険建築物等の所有者の相続人(相続関係がわかる資料の提出をすること)
・老朽危険建築物等の存する土地の所有者(老朽危険建築物等の所有者又は相続人及び共有者から除却について同意を得た者に限る)

対象工事

・補助対象者が実施する補助対象建築物の除却工事で、建築工事業、土木工事業及び解体工事業の許可又は島根県知事の解体工事業登録を受けた者が施工するもの
・補助金交付申請日の属する年度の3月末日までに実績報告をする見込みのあるもの

※以下の場合対象外とする。
・補助金の交付の決定前に着手した工事
・この補助金の交付のほか、併せて他の制度等による補助金の交付を受けて行う工事。ただし、補助対象となる費用が重複しない場合で市長が認める場合は、この限りでない。
・補助対象建築物の全部を除却しない工事
・この補助金の交付を受けて既に除却した又は除却しようとする建築物と同一の敷地内の建物を除却する工事
・申請者本人が施工する工事
・公共事業による移転、建替え等の補償対象となっている建物を除却する工事
・その他市長が不適当と認める工事

補助金の額

対象工事に要する費用(標準除却費〔令和元年度26,000円/平方メートル〕を限度)の5分の4に相当する額。

限度額は以下のとおりである。
・市内に事業所等を有する法人又は市内に住所を有する個人事業主の場合:限度額100万円
・それ以外の場合:限度額90万円

※予算の範囲内で交付(当該額に1,000円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)
※補助対象建築物以外の塀、樹木、家財、地下埋設物その他これらに類する物の除却に要する費用を除く

※申し込み方法等、詳しくは安来市ホームページをご覧ください。
https://www.city.yasugi.shimane.jp/kurashi/sumai/shien-seido/rokyu-jokyo.html

注意事項

・助成予定期間:令和4年3月31日まで
・市では、施工業者の斡旋や指定はしていない。
・建物を解体することで、特例が適用されなくなるため土地の固定資産税が増える場合がある。
・予算の範囲内で交付するので、予算が無くなり次第終了となる。
・交付決定を受ける前に、工事に着手された場合は、本補助金の対象とならない。
・「補助金交付申請書」の提出前に事前審査(現地調査)が必要。状況により、日数がかかる場合もあるので、余裕を持って「老朽危険建築物等調査申請書」を提出すること。
・「老朽危険建築物等調査申請書」は交付申請ではない。補助金の交付を受けたい場合は、補助金の交付申請が必要。
・「調査結果通知書」は、交付決定を確約するものではない。
・その他要件があるので、詳しい内容や手続きの方法、様式等は、問い合わせること。

木造住宅耐震化等促進事業

木造住宅耐震化等促進事業に要する費用の一部を助成。

対象住宅

※次の要件のすべてを満たすもの。

・昭和56年5月31日以前に建築され、又は着工された木造2階建て以下の住宅のうち、一戸建て住宅、長屋、共同住宅、店舗等併用住宅又はこれらに類する住宅で、現に居住の用に供していること。
(店舗等併用住宅:店舗等の用に供する部分の床面積が延べ面積の2分の1未満のものに限る。)
・在来軸組構法、伝統的構法又は枠組壁工法による住宅であること。
・国、地方公共団体その他の公的団体が所有する住宅でないこと。

対象者

【解体事業の場合】
※次の要件のすべてを満たすもの。

・市内に住宅を所有している者
・同一世帯に属する者全員が市税の滞納がない者

対象工事

補助対象者が実施する木造住宅耐震化等促進事業で、補助金交付決定日の属する年度の3月末日までに実績報告をする見込みのあるもの。

※以下の場合対象外となる。
・補助金の交付の決定前に着手した工事
・この補助金の交付のほか、他の助成制度を受けた場合
・その他市長が不適当と認める工事

補助金の額

【解体事業の場合】
・補助金の額:補助対象経費の100分の23以内の額
・補助限度額:住宅1棟当たり400,000円(ただし、除却工事を施工する業者が市外業者の場合は、300,000円)

※除却工事に要する経費:耐震診断の結果、上部構造評点が1.0相当未満と判定された木造住宅の全てを除却する工事

※申し込み方法等、詳しくは松江市ホームページをご覧ください。
http://www1.city.matsue.shimane.jp/machidukuri/kentiku/taishin/taishin_shien/mokuzou_kaisyuu.html

注意事項

・助成予定期間:平成28年4月1日から令和4年3月31日
・耐震診断事業・耐震改修事業・住宅修繕事業の補助内容については、HPを参照すること。
・市では、耐震診断士及び施工業者の斡旋や指定はしていない。
・予算の範囲内で交付するので、予算が無くなり次第終了する。
・交付決定を受ける前に、工事に着手された場合は、本補助金の対象とならない。
・その他要件があるので、詳しい内容や手続きの方法、様式等は、問い合わせること。

ブロック塀等安全確保助成事業

ブロック塀等の除却および建替えに要する費用の一部を助成。

対象 ブロック塀等

※以下に掲げるすべての要件に該当すること

・通学路に接する敷地に設置されたもの(通学路かどうかは、電話等で問い合わせること。)
・通学路に面して設置されたもの
・ブロック塀等の高さが0.8mを超えるもの
・耐震診断の結果、倒壊の危険性があると判断されたもの
・建築基準法の規定に適合すること又は既存不適格であること
※耐震診断とは補助対象ブロック塀等の点検表に基づき、一級及び二級建築士またはブロック塀診断士が塀の安全性を診断すること。

※建替えによる塀等(生垣および植栽等を除く。)は次の要件にも該当するもの
・法の規定に適合するものであること。
・地震に対して安全な構造とすること。

対象者

※以下に掲げるすべての要件に該当すること

・市内にブロック塀等を有している者
・市税の滞納がない者

対象工事

・補助対象者が実施する補助対象ブロック塀等の除却または建替えで、補助金交付決定日の属する年度の末日までに実績報告をする見込みのあるもの。

※以下の場合は、対象外となる。
・補助金の交付の決定前に着手した工事
・この補助金の交付のほか、他の助成制度を受けた場合(詳しくは問い合わせること)
・補助対象ブロック塀等の全部(基礎部分を除く。)を除却しない工事
・この補助金の交付を受けて既に除却したまたは除却しようとする補助対象ブロック塀等と同一の敷地内で行う工事
・申請者本人が施工する工事
・公共事業による移転、建替え等の補償対象となっている補助対象ブロック塀等を除却する工事
・そのほか市長が不適当と認める工事

補助金の額

対象工事に要する費用(補助対象ブロック塀等の長さ1メートル当たり8万円を限度)の3分の2に相当する額。(限度額一敷地当たり264,000円)
(当該額に1,000円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)

※申し込み方法等、詳しくは安来市ホームページをご覧ください。
https://www.city.yasugi.shimane.jp/kurashi/sumai/shien-seido/burokkubei.html

注意事項

・助成予定期間:令和元年10月1日から令和4年3月31日
・市では施工業者当の斡旋や指定はしていない。
・予算の範囲内で交付するので、予算が無くなり次第終了となる。
・工事の着手とは請負契約を締結した時点となる。交付決定を受ける前に契約した場合は、本補助金の対象とならない。
・そのほか要件があるので、詳しい内容や手続きの方法、様式等は問い合わせること。

相場より安い費用で工事を行うためのポイント! "地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

解体費用の相場はいかがだったでしょうか?一般的に、同じ条件であっても業者によって費用が3割程度変動することは珍しくありません。解体工事を成功させるためのポイントは

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

地元で最安値の業者を探す

国内最大級

  • 月間利用者数17万人以上
  • 登録解体工事会社800社以上
顧客満足度91.2%
工事取扱い高40億円
ご相談件数50,000件以上
※1 ユニークブラウザー数※2 くらそうねサービス全体の利用者数

「手間を掛けずにコストを削減したい」
という方はお気軽にご活用ください!

お客様の個人情報はプライバシーマーク制度及びISMSに準拠して安全に管理されます。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00