大田市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

大田市の解体費用相場

  • 3.0万円
  • (価格幅: 2.5万円から3.4万円)
木造住宅3.1万円 / 坪
鉄骨造住宅3.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

大田市-の構造別工事の見積例(4件中1-4件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所島根県大田市
建物種類木造住宅
坪数31.23坪
階層2階建

建物価格:768,535円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
外部養生シート張り60.01,10066,000
木造瓦葺建物解体 母屋95.23㎡、風呂便所8.0㎡103.234,500464,535
立木伐採 運搬処分共1.020,00020,000
木屑、紙屑、繊維屑 運搬処分共51.03,800193,800
瓦礫類(瓦屑、硝子屑) 運搬処分共29.03,800110,200
建物内片付処分 運搬処分共16.08,500136,000
解体用重機回送費 2台1.090,00090,000
諸経費 産業廃棄物税込1.0119,465119,465
総合計金額: 1,200,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所島根県大田市
建物種類木造住宅
坪数29.8坪
階層1階建

建物価格:1,022,390円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
養生足場 単管足場+防炎シート張、運賃含む66.01,40092,400
進入路地盤養生 鉄板、ゴムマット等、運賃含む1.030,00030,000
木造瓦葺平屋家屋解体 内部解体 積込費共98.51,300128,050
木造瓦葺平屋家屋解体 上屋解体 機械+人力併用解体 積込費共98.52,500246,250
木造瓦葺平屋家屋解体 土間、基礎解体 積込費共20.04,00080,000
木造瓦葺外便所解体 上屋解体 積込費共10.42,50026,000
木造瓦葺外便所解体 土間、基礎解体 積込費共2.64,00010,400
木造瓦葺外便所解体 便槽撤去 埋戻し共 積込費共1.05,0005,000
土間コンクリート撤去51.050025,500
石垣撤去 床割り共、入口1m、スロープ床面積5.4m1.05,0005,000
家電製品撤去 処理共3.06,00018,000
ユニットシャワー撤去1.020,00020,000
取壊し発生材運搬費 コンクリート類25.63,60092,160
取壊し発生材運搬費 廃木材33.02,00066,000
取壊し発生材運搬費 ガラス、がれき、廃プラ類11.02,50027,500
取壊し発生材運搬費 瓦11.02,50027,500
取壊し発生材運搬費 天然石1.52,5003,750
取壊し発生材処分費 コンクリート類25.63,60092,160
取壊し発生材処分費 廃木材33.03,600118,800
取壊し発生材処分費 ガラス、がれき、廃プラ類11.06,60072,600
取壊し発生材処分費 瓦11.05,60061,600
取壊し発生材処分費 天然石1.54,0006,000
保全工事 進入路 土留め工事1.030,00030,000
重機回送費 1台往復1.050,00050,000
諸経費1.053,38053,380
値引き1.0--238,050-238,050
総合計金額: 1,150,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所島根県大田市
建物種類木造住宅
坪数32.95坪
階層0階建

建物価格:1,049,020円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
養生足場 単管足場+防災シート張、運賃含む66.01,40092,400
進入路地盤養生 鉄板、ゴムマット等、運賃含む1.030,00030,000
木造瓦葺平屋建家屋解体 内部解体 積込費共98.51,300128,050
木造瓦葺平屋建家屋解体 上屋解体 機械+人力使用解体 積込費共98.52,500246,250
木造瓦葺平屋建家屋解体 土間、基礎解体 積込費共20.04,00080,000
木造瓦葺外便所解体 上屋解体 積込費共10.42,50026,000
木造瓦葺外便所解体 土間、基礎解体 積込費共2.64,00010,400
木造瓦葺外便所解体 便槽撤去 埋戻し共1.05,0005,000
土間コンクリート撤去51.050025,500
石垣撤去 床掘り共、入口1m、スロープ床面5.4m1.05,0005,000
家電製品撤去 処理共3.06,00018,000
ユニットシャワー撤去1.020,00020,000
とりこわし発生材運搬費 コンクリート類25.63,60092,160
とりこわし発生材運搬費 廃木材33.02,00066,000
とりこわし発生材運搬費 ガラス、がれき、廃プラ類11.02,50027,500
とりこわし発生材運搬費 瓦11.02,50027,500
とりこわし発生材運搬費 天然石1.52,5003,750
とりこわし発生材処分費 コンクリート類25.63,60092,160
とりこわし発生材処分費 廃木材33.03,600118,800
とりこわし発生材処分費 ガラス、がれき、廃プラ類11.06,60072,600
とりこわし発生材処分費 瓦11.05,60061,600
とりこわし発生材処分費 天然石1.54,0006,000
保全工事 進入路 土留め工事1.030,00030,000
重機回送費 1台往復1.050,00050,000
諸経費1.053,38053,380
値引き1.0--238,050-238,050
総合計金額: 1,150,000(税抜)

備考: 木造平屋29.80坪 木造平屋3.15坪

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所島根県大田市
建物種類木造住宅
坪数15.4坪
階層1階建

建物価格:394,800円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
外部養生シート張り 母屋との間51.095048,450
木造建物解体 人力機械併用51.04,500229,500
木屑、紙屑 運搬処分共 自社処理場にて処分25.03,80095,000
瓦礫類 運搬処分共 自社処理場にて処分18.53,80070,300
重機回送費 BF0.251.045,00045,000
諸経費 産業廃棄物税込1.051,75051,750
総合計金額: 540,000(税抜)

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

大田市の解体工事補助金

不良空家等除却事業補助金

不良度が一定の基準を超えかつ、敷地周辺に及ぼす危険性が著しいと認められた不良空家の除却費用の一部を助成。

対象 空き家

・市内にある木造の住宅(おおむね1年以上使用実態がない個人住宅)
・登記事項証明書に所有者以外の権利が設定されていない住宅(同意がある場合は除く)

対象者

(1)不良空家の所有者または相続人(相続関係がわかる資料の提出をすること)
(2)上記(1)の同意を得た土地の所有者

対象要件

・不良空家の確認(判定)を受けること
・補助対象となる不良空家の全部を除却する工事であること
・解体のできる資格を持った施工者が行う工事であること

補助金の額

対象工事に要する費用の(標準除却費)の5分の4に相当する額(限度額50万円)

※蔵、物置、倉庫、納谷など居住の用に供されていない建築物は対象外
※付属する塀、樹木、家財、地下埋設物その他これらに類する物の除却に要する費用を除く

※申し込み方法等、詳しくは大田市ホームページをご覧ください。
https://www.city.ohda.lg.jp/ohda_city/city_organization/22/49/06062/1690

注意事項

・補助を受けるためには、市へ事前調査を申し出て、不良空家等調査申請の確認(判定)を受ける必要がある。なお、要件に満たない場合は、補助の対象にならない。
・募集期間:2020年4 月1 日~2020年7 月31 日(先着順ではない)
・出願多数の場合は、審査により緊急度の高いところから補助する。
・ 募集期日までに募集戸数に満たない場合は、随時受け付ける。
・募集の戸数:2戸(予定)

木造住宅等耐震化促進事業補助金

『耐震診断』・『耐震改修』を行う民間木造住宅の所有者に対して、その事業に要する費用の一部を補助。

対象住宅

・大田市内に所在する住宅
・昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅、または着工された木造住宅
(店舗併用住宅の場合は店舗部分の床面積が述べ面積の2分の1未満)
・階数2階以下の戸建て住宅、併用住宅、長屋建て住宅、共同住宅。

補助金の額

【解体除却工事の場合】
解体除却工事に要する費用に0.23を乗じて得た額。(上限30万円)

※申し込み方法等、詳しくは大田市ホームページをご覧ください。
https://www.city.ohda.lg.jp/ohda_city/city_case/83/20114

注意事項

・耐震診断事業・耐震改修設計事業・耐震改修事業の補助内容については、HPを参照すること。
・解体事業とは、耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満と判定された住宅の解体を行い、更地とすることをいう。