野洲市の解体費用相場と坪単価

【見積無料】工事会社からの営業電話なし

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

野洲市の最安値が分かる!解体費用相場と坪単価

  • 5.6万円
木造住宅5.3万円 / 坪
鉄骨造住宅-万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

野洲市-の構造別工事の見積例(6件中1-6件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所滋賀県野洲市
建物種類内装解体・原状回復
坪数22.39坪
階層0階建

建物価格:105,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
間仕切り撤去74.060044,400
運搬費1.010,00010,000
処分費1.040,00040,000
経費1.05,6005,600
総合計金額: 100,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所滋賀県野洲市
建物種類木造住宅
坪数28.5坪
階層2階建

建物価格:1,140,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造2階建解体工事28.540,0001,140,000
仮設養生足場(単管)1.0180,000180,000
外構撤去処分(ブロック、土門、生木)1.0250,000250,000
総合計金額: 1,570,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所滋賀県野洲市
建物種類木造住宅
坪数27.4坪
階層2階建

建物価格:916,600円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
仮設工事 防塵・飛散養生 東面、防炎シート+丸太、H=4.0~6.0m55.090049,500
仮設工事 防塵・飛散養生 西面、防炎シート+丸太、H=4.0~6.0m43.090038,700
仮設工事 防塵・飛散養生 南面、防炎シート+丸太、H=4.0~6.0m42.090037,800
木造日本瓦葺き二階建て住宅解体 上屋解体 重機解体90.522,500226,300
木造日本瓦葺き二階建て住宅解体 屋根瓦降し 人力撤去67.070046,900
木造日本瓦葺き二階建て住宅解体 内部人力解体 建具・畳等・二階に一部造作あり90.5250045,260
木造日本瓦葺き二階建て住宅解体 布基礎コンクリート撤去 内部土間コンクリート共60.911,50091,365
付帯物撤去及び外部撤去工事 家具解体撤去 タンス類9棹、子供ベッド2棹、学習机2本9.03,50031,500
付帯物撤去及び外部撤去工事 ブロック塀撤去 オーヤブロック H=1.5m(基礎共)29.01,00029,000
付帯物撤去及び外部撤去工事 ポーチ土間コンクリート撤去10.81,20012,960
付帯物撤去及び外部撤去工事 樹木撤去 高木1.05,0005,000
付帯物撤去及び外部撤去工事 樹木撤去 中木2.03,0006,000
付帯物撤去及び外部撤去工事 カーポート撤去1.010,00010,000
産業廃棄物運搬処分工 木くず処分費 梁材・柱材11.01,00011,000
産業廃棄物運搬処分工 木くず処分費 板材・角材無垢材8.04,50036,000
産業廃棄物運搬処分工 木くず処分費 合板・ベニヤ類、家具を含む6.05,60033,600
産業廃棄物運搬処分工 木くず処分費 生木1.04,5004,500
産業廃棄物運搬処分工 木くず処分費 枝・葉2.08,00016,000
産業廃棄物運搬処分工 木くず処分費 根1.010,00010,000
産業廃棄物運搬処分工 コンクリートがら処分費6.02,30013,800
産業廃棄物運搬処分工 瓦・ガラスくず処分費4.015,00060,000
産業廃棄物運搬処分工 内装材混合廃棄物処分費 分別不可能な廃棄物(埋立型)3.015,00045,000
産業廃棄物運搬処分工 ガレキ類混合廃棄物処分費 外壁ラスモルタルなど5.015,00075,000
産業廃棄物運搬処分工 廃プラスチック処分費 軒樋・竪樋など1.010,00010,000
産業廃棄物運搬処分工 畳処分費1.518,75028,125
産業廃棄物運搬処分工 同上運搬費49.52,500123,750
重機運搬費 バックホー0.25㎥級 往復1.040,00040,000
諸経費1.0170,000170,000
端数値引き1.0--4,577-4,577
総合計金額: 1,302,483(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所滋賀県野洲市
建物種類鉄骨造住宅
坪数15.8坪
階層2階建

建物価格:523,200円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
軽量鉄骨瓦葺二階建て 手バラシ52.3210,000523,200
増築分12.57,50093,750
14.03,00042,000
駐車場土間コン撤去12.923,00038,760
側溝補強、土間カッター入れ1.020,00020,000
残留ゴミ じゅうたん、洗濯機、他2.010,00020,000
養生133.270093,240
大きな基礎は、全体とは思えませんから先端機器をリースします。先端部部のみ取り替えコンクリートを割るものです1.010,00010,000
総合計金額: 840,950(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所滋賀県野洲市
建物種類鉄骨造住宅
坪数15.0坪
階層2階建

建物価格:850,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
建物15.055,000825,000
建物内 物品処分1.025,00025,000
階段・土間他取壊し 処分1.050,00050,000
敷き砕石12.0t5,00060,000
ガラス・パイプ処分0.5t20,00010,000
基礎コンクリートガラ3.05,00015,000
残土処分4.010,00040,000
養生シート1.0150,000150,000
交通整理員・経費1.0220,000220,000
値引1.0-6,111-6,111
総合計金額: 1,388,889(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所滋賀県野洲市
建物種類木造住宅
坪数19.5坪
階層2階建

建物価格:579,600円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
仮囲い 単管足場組防炎シート168.0700117,600
既設住宅 軽鉄造セメント瓦葺2階建64.49,000579,600
その他取り壊し 庇1.020,00020,000
残置物撤去処分 庇の中1.030,00030,000
重機回送費1.030,00030,000
諸経費1.050,00050,000
値引1.0-3,376-3,376
総合計金額: 823,824(税抜)

【見積無料】工事会社からの営業電話なし

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

野洲市の解体工事補助金

空家解体促進事業補助金事業


市民の安全・安心の確保、住環境の改善及び良好な景観の促進を図ることを目的に、危険な空家等の解体工事(以下「解体工事」という。)を実施する所有者等に対し、予算の範囲内において野洲市空家解体促進事業補助金(以下「補助金」という。)を交付する。

補助対象空家

補助金の交付の対象となる空家(以下「補助対象空家」という。)は、次に掲げる要件の全てに該当するものとする。
(1) 危険空家であること。
(2) 住宅又は店舗の用に供されていた空家であること。
(3) 市内に存ずる1年以上使用されていない空家であること。ただし、当該空家が長屋又は共同住宅である場合は、全戸において1年以上使用されていないものに限る。
(4) 個人が所有する空家であること。
(5) 補助金の交付を受ける目的で空家を故意に破損させたものではないこと。
(6) 所有権以外の権利が設定されていない空家であること。ただし、所有権以外の権利が設定されている場合であっても、当該権利の権利者が当該空家の解体について同意するときは、この限りでない。

補助対象者

補助金の交付の対象となる者(以下「補助対象者」という。)は、次に掲げる要件の全てに該当する個人とする。
(1) 補助対象空家の所有者等であること。ただし、当該空家が共有物(民法(明治29年法律第89号)第249条に規定する共有物をいう。)である場合は当該空家の除却について他の共有者の同意を得なければならず、相続人が複数である場合は全ての相続人からの同意を得なければならない。
(2) 市税を滞納していないこと。
(3) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団若しくは同条第6号に規定する暴力団員又は暴力団員と密接な関係を有する者(以下これらを「暴力団員等」という。)でないこと。
(4) この告示による補助金の交付を受けた者でないこと。

補助対象事業

補助金の交付の対象となる事業(以下「補助対象事業」という。)は、補助対象者が解体業者に依頼して行う工事であって、次に掲げる要件の全てに該当するものとする。
(1) 補助対象空家及び当該空家が建設されている土地に存する建築物(補助対象空家を除く。)、埋設物、工作物、草木等の全てを除去し、当該土地を更地にする工事であること。ただし、市長がやむを得ないと認めたものは、この限りでない。
(2) 建設リサイクル法に基づき適正な分別解体、再資源化等を実施する工事であること。
(3) 他の制度に基づく助成等の対象となる工事でないこと。
(4) 補助金の交付を決定する前に着手した工事でないこと。
(5) 法第14条第2項の勧告を受けていないこと。
(6) 補助対象事業は当該年度2月末日までに完了する工事であること。
(7) 暴力団員等が関与する工事でないこと。

補助金額

交付すべき補助金の額(以下「補助金額」という。)は、補助対象経費に2分の1を乗じて得た額(1,000円未満の端数は、これを切り捨てる。)とし、補助対象空家1軒当たり500,000円を限度額とする。

※申し込み方法等、詳しくはホームページをご覧ください。
自治体ホームページはこちら

ブロック塀等撤去事業補助金制度

地震等の災害におけるブロック塀等の倒壊による人身事故の防止及び避難通路の確保をすることにより、地震に強い安全なまちづくりを推進するため、道路に面した危険なブロック塀等の撤去をする者に対し、予算の範囲内で補助金を交付します。

補助対象者

・市内に存するブロック塀等(※1)の所有者等(国、地方公共団体が所有するものは除く。)であって、当該ブロック塀等を撤去する人。(※1ブロック塀等とは、鉄筋コンクリート塀、コンクリートブロック塀、鉄筋コンクリート組立塀及び組積(石、レンガ等)造の塀等に該当するものをいう。)
・補助金の交付を受けようとする年度の2月末までに、補助金の対象となる工事を完了する見込みのある人。
・市税等の滞納がない人。
・暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団及び同条第6号に規定する暴力団員でない人。
・国、地方公共団体等から他の補助金等の交付を受けていない人。
・過去にこの要綱に基づく補助金の交付を受けていない人。

補助対象の工事

補助対象工事において撤去するブロック塀等は、次に掲げる要件を満たすものとします。
・撤去するブロック塀等が道路(※2)に面しており、倒壊による被害が道路に及ぶおそれがあること。(※2道路とは、市内にある住宅や事業所等から「野洲市地域防災計画」に示す指定避難所や福祉避難所、一時避難場所となりうる都市公園や自治会館へ至る経路及び「野洲市地域防災計画」に定められた緊急輸送道路をいう。)
・撤去するブロック塀等の高さは、60センチメートル以上であること。ただし、道路面との差がある場合は、ブロック積の部分とする(土留などに使用しているブロック土留の部分は対象外)。
・撤去した後のブロック塀等の高さが全て道路面からの高さ60センチメートル未満になること。
・改修については、軽量なフェンス等を設置するためにブロック塀を併用する場合は、その高さは道路面からの高さ60センチメートル未満とすること。
・ブロック塀等が道路内に残存し、又は突出しないこと。

補助金の額

補助対象経費の1/2を補助。ただし、一敷地当たり10万円を限度とする。
※申し込み方法等、詳しくはホームページをご覧ください。
自治体ホームページはこちら