富田林市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

富田林市の解体費用相場

  • -万円
  • (価格幅: -万円から-万円)
木造住宅4.1万円 / 坪
鉄骨造住宅4.5万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

富田林市の解体工事補助金

老朽危険空家除却補助金

老朽化により危険な状態にある空き家の自主的な解体を促進し、安全で安心な住環境の向上を図るため、その解体費用の一部を補助。

対象要件

・概ね1年以上居住またはその他の使用をしていない木造の空家(戸建住宅・長屋・共同住宅)であること(延べ床面積の過半が居住用に限る)
・長屋・共同住宅にあっては、一棟がすべて空家になっていること
・「建築物の不良度の判定基準」による各判定点の合計が100点以上であること
・過去に耐震改修補助を受けていないもの
※事前調査申込書を受付後、市で現地調査を行い、判定点を決定する。

対象者

※次の要件のすべてを満たすもの。

・該当する空家の所有者または法定相続人の代表者(所有者または法定相続人が複数人存在する場合は、すべての者の同意が得られていること)
・直近の市民税所得割額が304,200円未満であること
・富田林市税の滞納がないこと
・暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に規定する暴力団員または市暴力団排除条例に規定する暴力団密接関係者に該当しない者

補助金の額

※次の2つを比較して、いずれか低い額を補助。(上限額100万円)

・補助対象空家の除却に要した費用の3分の1
・国が通知する1平方メートルあたりの除却工事費に空家の延べ床面積を乗じて得た額の3分の1

※申し込み方法等、詳しくは富田林市ホームページをご覧ください。
https://www.city.tondabayashi.lg.jp/soshiki/32/1125.html

注意事項

・原則、所有者が申請者となる。手続きを委任する場合は、委任状が必要。
・申請前に除却工事をした場合は、補助制度を利用できない。
・補助対象空家に該当するか確認をするため、市は空家の敷地内に立ち入り、必要部分の写真撮影を行う。
・予算がなくなり次第、終了する。

緑化推進事業助成制度

緑あふれる快適なまちづくりを進める「みどりの基金」事業の一環として、新たに生け垣づくり、地域緑化(植樹)をする人に、費用の一部を助成する「緑化推進事業助成金交付制度」を設けています。

対象 

新たに生け垣を設置するために、既存のコンクリートブロック、フェンスなどを撤去するとき。

対象工事

既存ブロック塀などの撤去

補助金の額

経費の3分の1以内、限度額3万円。

※申し込み方法等、詳しくは富田林市ホームページをご覧ください。
https://www.city.tondabayashi.lg.jp/soshiki/34/1384.html

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00