交野市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

交野市の解体費用相場

  • -万円
  • (価格幅: -万円から-万円)
木造住宅4.1万円 / 坪
鉄骨造住宅4.5万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

交野市の解体工事補助金

木造住宅除却補助制度

老朽化により危険な状態にある空き家の自主的な解体を促進し、安全で安心な住環境の向上を図るため、その解体費用の一部を補助。

対象 建築物

・昭和56年5月31日以前の旧耐震基準によって建築された木造住宅(長屋・共同住宅を含む)
・すでに診断されたもので、構造評点数値が1.0未満、若しくは、一般財団法人日本建築防災協会編集の「誰でもできるわが家の耐震診断」の結果が7点以下であるもの。

補助金の額

・補助金限度額は40万円。
・長屋又は共同住宅の区分所有建築物にあっては40万円に戸数を乗じて得た額。

※申し込み方法等、詳しくは交野市ホームページをご覧ください。
https://www.city.katano.osaka.jp/docs/2017032100019/

注意事項

・令和2年度(4月から)に補助金の申請を希望される方は登録希望用紙の提出をすること。
・補助を受けるにあたっては除却工事の実施前に申請する必要がある。
・過去に交野市木造住宅耐震改修補助金又は除却工事において他の要綱等に基づく補助金の交付を受けたものは補助対象外。
・補助金の交付は申請者1回限り。

ブロック塀等撤去・改修促進事業補助金制度

地震発生時における歩行者への被害を防止する観点から、市内全域でコンクリートブロック塀等の改善工事費の一部を補助。

対象 ブロック塀等

・撤去するブロック塀等の高さ(道路面からの高さをいう。以下同じ。)が、60cm以上のものであること。
・ブロック塀等の一部を撤去する場合は、撤去した後のブロック塀等の高さがすべて60cm以下になること。
・ブロック塀等が道路内に残存、または水路等の公共施設に突出しないこと。
・改修により新たなブロック塀等を設置する場合、その高さがすべて60cm以下とし、60cmを超える場合は、軽量なフェンスとすること。
・改修により生垣を設置する場合は、延長1メートル当たり2本以上連続して植えること。
・国、府または市の施行する公共事業等の補償の対象となっていないもの。
・撤去するブロック塀等がなく、新たに設置する場合は、補助対象外。

対象要件

・交野市内に存するブロック塀等の所有者であって、当該ブロック塀等を撤去及び改修するもの。
・市税の納付が滞っていないもの。
・暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員でないもの。
・建設工事に係る資材の再資源化に関する法律に基づき、適正な分別解体、再資源化等を実施するもの。

補助金の額

※次のうち、いずれか少ない方の額を補助金として交付する。
ただし、1,000円未満の端数がある場合は切り捨てる。

①撤去の場合 撤去費用に相当する額の80%に相当する額で、上限100,000円
②改修の場合 改修費用に相当する額の80%に相当する額で、上限200,000円

※申し込み方法等、詳しくは交野市ホームページをご覧ください。
https://www.city.katano.osaka.jp/docs/2018062600012/

注意事項

・補助は予算の範囲内となるので、上限に達した場合は年度途中で受付を終了することがある。
・過去に補助金の交付を受けたものは補助対象外。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00