泉佐野市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

泉佐野市の解体費用相場

  • 4.4万円
  • (価格幅: 3.3万円から5.0万円)
木造住宅4.1万円 / 坪
鉄骨造住宅4.5万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

泉佐野市-の構造別工事の見積例(4件中1-4件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所大阪府泉佐野市
建物種類木造住宅
坪数17.2坪
階層1階建

建物価格:574,300円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
仮設工事 養生シート 4面W28.6m×H6m171.6600102,960
仮設工事 重機回送費1.039,00039,000
解体工事 木造2階建解体・積込み(手壊し解体含む)56.75,000283,500
解体工事 基礎解体・積込み31.32,00062,600
運搬処分 木材19.24,00076,800
運搬処分 コンクリート8.3t4,00033,200
運搬処分 がれき類12.3t8,00098,400
運搬処分 その他廃棄物2.29,00019,800
付帯工事 門柱・CB塀撤去処分4.03,00012,000
付帯工事 テラス撤去処分19.55009,750
付帯工事 土間コンクリート撤去処分12.05006,000
付帯工事 家財道具撤去処分 2t4.036,000144,000
その他 現場経費1.044,40044,400
出精値引1.0--7,002-7,002
総合計金額: 925,408(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所大阪府泉佐野市
建物種類木造住宅
坪数17.14坪
階層2階建

建物価格:644,550円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
解体工事 1階8.4530,000253,500
解体工事 2階(人力解体)8.6945,000391,050
解体工事 粗大ゴミ撤去処分費1.060,00060,000
解体工事 養生・足場組外し1.060,00060,000
総合計金額: 764,550(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所大阪府泉佐野市
建物種類木造住宅
坪数41.7坪
階層2階建

建物価格:2,070,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造二階解体工事 躯体解体・一部手壊し138.012,0001,656,000
木造二階解体工事 基礎解体・整地69.06,000414,000
玄関部・洋室解体工事 躯体解体・一部手壊し106.598,000852,720
土間・物入解体工事 躯体解体・基礎解体17.164,00068,640
内装解体工事 土間残し56.12,500140,250
仮設工事(解体養生) 単管ビケ足場230.0700161,000
諸経費 重機回送費1.050,00050,000
諸経費 諸届出・機械損料他1.050,00050,000
調整値引1.0-19-19
総合計金額: 3,392,591(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所大阪府泉佐野市
建物種類木造住宅
坪数55.1坪
階層2階建

建物価格:2,517,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
仮設工事 養生シート325.0500162,500
仮設工事 重機回送費1.078,00078,000
仮設工事 散水ジェット1.020,00020,000
解体工事 木造2階建解体・積込み 一部手壊し182.08,0001,456,000
解体工事 基礎解体・積込み138.01,500207,000
解体工事 内装解体・積込み34.04,000136,000
運搬処分 木材70.03,000210,000
運搬処分 コンクリート36.0t3,000108,000
運搬処分 がれき類39.0t7,000273,000
運搬処分 その他廃棄物7.07,00049,000
付帯工事 テラス、ポーチ撤去処分 2t18.01,80032,400
付帯工事 ブロック塀撤去処分2.02,5005,000
付帯工事 土間コンクリート撤去処分11.01,80019,800
その他 建設リサイクル・特定建設作業届出1.020,00020,000
その他 諸経費1.090,00090,000
値引1.0--6,036-6,036
総合計金額: 2,860,664(税抜)

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

泉佐野市の解体工事補助金

木造住宅除却工事補助金【住まいの除却工事(耐震改修促進)】

昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅につきまして、市域の耐震性の不足している木造住宅の立替を促進するため補助。

対象要件

・昭和56年5月31日以前に原則建築確認を受けて建築された木造住宅
・併用住宅、長屋、共同住宅を含む(賃貸住宅は除く)
・下記のいずれかの方法で耐震性がないと判断されたもの
1.耐震診断の結果、評点1.0未満
2.「誰でもできるわが家の耐震診断」に基づく診断にあっては評点が7以下
3.「住宅の不良度判定基準(木造住宅等)」に基づく判定で100点以上
・耐震改修補助を受けた者は対象外
・現に住んでいるか、住む予定の方
・申請者の直近の課税所得金額が5,070,000円未満の方
・固定資産税、都市計画税に滞納がないこと

補助金の額

・1戸あたり80万円限度額
・長屋、共同住宅にあっては1棟あたり80万円

※申し込み方法等、詳しくは泉佐野市ホームページをご覧ください。
http://www.city.izumisano.lg.jp/kakuka/toshi/toshi/menu/akiya_taisaku/1522316627916.html

木造住宅除却工事補助金【空家の除却工事(空家対策)】

平成30年度から空家対策として、現に住んでいるか、住む予定の方以外についても、除却工事について補助。

対象要件

・補助対象建築物が、住宅改良法第2条第4項に規定のある「不良住宅」であること若しくは、空家を除却して跡地を地域の活性化に供するものとする場合
・併用住宅、長屋、共同住宅を含む(賃貸住宅は除く)
・耐震改修補助を受けた者は対象外
・申請者の直近の課税所得金額が5,070,000円未満の方
・固定資産税、都市計画税に滞納がないこと

補助金の額

・1戸あたり80万円限度額
・長屋、共同住宅にあっては1棟あたり80万円

※空家を除却工事して住もうとする場合に、補助金の上乗せがある。(1戸当たり130万円限度額)
1年以上、上水道の使用量が全く無い空家が対象となる。

※申し込み方法等、詳しくは泉佐野市ホームページをご覧ください。
http://www.city.izumisano.lg.jp/kakuka/toshi/toshi/menu/akiya_taisaku/1522316627916.html

注意事項

・補助金の予算枠が一杯のため、受付を保留している。来年度以降の予定を含めて今後検討される場合は、相談すること。
・跡地が地域の活性化に供するものの例:ポケットパーク、避難スペース等

住宅除却工事補助金

平成30年9月4日の台風第21号により被害を受けた市内の住宅の除却工事について、除却工事に要した費用の一部を補助。

対象住宅

・罹災証明書が発行された住宅
・市内の一戸建て住宅、長屋住宅、共同住宅(賃貸住宅は除く)

対象者

・交付対象住宅の所有者
・法人でないこと
・市税について未納の税額がないこと

対象工事

被災した住宅の除却工事

補助金の額

・1件あたり80万円限度額
※1年以上、上水道の使用量が全くない空家の場合は最大50万円加算

※申し込み方法等、詳しくは泉佐野市ホームページをご覧ください。
http://www.city.izumisano.lg.jp/kakuka/toshi/toshi/menu/21goujokyaku.html

注意事項

・罹災証明書が必要。
・交付対象期間:令和2年9月15日までに完了報告書の提出が必要です。申請受付は、令和2年7月31日までとなります。
・補助金の交付決定前に行われた除却工事は対象外となる。住宅改修工事の支援金の手続とは異なる。

特定空家等対策事業

特定空家等に指定された空家等のうち、所有者等に除却費用等を負担する資金的能力が無いと認められる等、一定の条件を満たす場合に、土地建物を市において寄付受けし、市が建物を除却する制度。

寄附対象住宅

特定空家に指定された空家及びその敷地、並びに所有者等が所有権を放棄した動産

寄附対象要件

・所有者等に寄附する意思があること
・所有者等に除却費用を負担する資金的能力がないこと
・土地、建物を同時に寄附することができること
・土地、建物に抵当権等、第三者の権利が設定されていないこと
・寄付受けにより、公共の福祉の増進と地域の振興に寄与することが認められること

※土地未確定の場合、公簿での寄付を可とする。

※申し込み方法等、詳しくは泉佐野市ホームページをご覧ください。
http://www.city.izumisano.lg.jp/kakuka/toshi/toshi/menu/akiya_taisaku/1516693406889.html

老朽家屋・不良住宅除却工事法人補助金

まちなみの形成を阻害している特定空家もしくは特定空家になる可能性のある住宅について、宅地建物取引業者が当該住宅を取得後、除却を行い2年以内に建築を行う場合に、除却工事費用の一部を補助。

対象要件

・令和元年10月1日以降に宅地建物取引業者が、当該制度を利用する旨の説明を行ったうえで、取得した住宅(賃貸は除く)のうち、下記のいずれかに該当する住宅
1.特定空家に指定された空家
2.住宅地区改良法に規定する不良住宅
3.「住宅の不良度判定基準(木造住宅等)」に基づく判定で50点以上
・補助対象住宅を除却後、2年以内に新たに建築する者
・営業状態に問題が無い者

補助金の額

・1戸あたり80万円限度額
・長屋、共同住宅にあっては1棟あたり80万円限度額

※申し込み方法等、詳しくは泉佐野市ホームページをご覧ください。
http://www.city.izumisano.lg.jp/kakuka/toshi/toshi/menu/akiya_taisaku/1568938288941.html

注意事項

・令和2年度末までの期間に限定して実施。
・補助金の予算枠が一杯になり次第、受付を終了する。
・補助金の交付決定前に行われた除却工事は対象外となる。

ブロック塀等除却・軽量フェンス等設置工事補助金

ブロック塀等の倒壊に伴い生じる被害を未然に防止し、人身事故の防止及び避難路の確保を目的として、コンクリートブロック塀等の改善工事費の一部を補助。

対象要件

道路(住宅や事業所等から避難所や避難地等へ至る経路)に面したブロック塀等の除却工事であること
(民地と民地の間のブロック塀等は補助の対象ではありません。)

※道路:不特定多数の人が使用する通路(住宅や事業所等から避難所や避難地等へ至る経路)をいう。
※ブロック塀等:道路に面したコンクリートブロック塀、石塀、コンクリート塀、レンガ塀又は土塀をいう。
※除却工事:除却工事施工者により、原則ブロック塀等の基礎を含めてすべて除却する工事を言う
(ただし、ブロック塀等が面している道路幅員が4m以上である時は、部分的な除却を可とする。)
※軽量フェンス等:塀の頂部分から基礎部分までの柱等、一体的に構成された軽量なもの等をいう。
※軽量フェンス等の設置工事については、道路幅員等の条件により、既存のブロック塀設置位置から後退して設置が必要な場合等、補助対象となるための詳細要件があるので、補助金交付要綱第3条を確認すること。

補助金の額

・道路(住宅や事業所等から避難所や避難地等へ至る経路)に面したブロック塀等を除却する工事費用について、上限15万円
(工事費が15万円未満の場合はその額、ただし1,000円未満切捨て)

・上記ブロック塀等の除却工事に引続き、軽量フェンス等設置する工事費用について、上限20万円
(工事費が20万円未満の場合はその額、ただし1,000円未満切捨て)

※除却工事のみも補助金の対象。

※申し込み方法等、詳しくは泉佐野市ホームページをご覧ください。
http://www.city.izumisano.lg.jp/kakuka/toshi/toshi/menu/1531382876007.html

注意事項

・申込日:令和2(2020)年5月1日から

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00