羽曳野市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

羽曳野市の解体費用相場

  • -万円
  • (価格幅: -万円から-万円)
木造住宅4.1万円 / 坪
鉄骨造住宅4.5万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

羽曳野市の解体工事補助金

木造住宅除却補助制度

一定の要件を満たす木造住宅の除却工事に対し、除却工事費の一部を補助。

対象 建築物

※建物・土地の登記事項証明書により昭和56年5月31日以前に建築されたものであるか確認できる木造住宅で、次のいずれかに該当もの。

・耐震診断の結果の数値が0.7未満と診断されたもの
・「誰でもできるわが家の耐震診断」の結果7点以下と診断されたもの
・空き家再生等推進事業等における外観目視による評点合計が100点以上となるもの

対象者

・補助対象建築物の所有者(個人)となる。
・所有者の直近の課税所得金額が5,070,000円未満であること。
・税等、市に対する滞納がないこと。

※また、次の場合には除却工事実施の同意書が必要となる。
・補助対象建築物が共有名義である場合:共有者全員の同意
・補助対象建築物に所有権以外の権利(抵当権等)が設定されている場合:当該権利者の同意
・占有者(借家人)がある場合:占有者の同意
・補助対象建築物の所有者と土地所有者が異なる場合:土地所有者の同意

補助金の額

・一戸建ての住宅
除却工事に要する費用の2分の1(上限200,000円)

・長屋又は共同住宅
除却工事に要する費用の2分の1、かつ1戸当たり200,000円(上限100万円)

※申し込み方法等、詳しくは羽曳野市ホームページをご覧ください。
https://www.city.habikino.lg.jp/soshiki/toshikaihatu/kenjyuka/taishin/jokyaku.html

注意事項

・必ず事前に申請が必要。
・除却工事に先に着手すると補助対象にはならない。
・除却工事の着手は交付決定後、30日以内に行う必要がある。
・原則4月1日から翌年1月末日までが、申請の受付期間となる。
・受付戸数が予算額に達した場合は受付終了となる。

ブロック塀等撤去補助制度

道路等に面したブロック塀等の撤去を促進する費用の一部を補助。

対象 ブロック塀等

・道路等又は公園等に面しているものであること。
・道路面又は地表からの高さが60センチメートル以上であること。
・建築基準法その他住宅の建築に関する法令に適合しないもの又は倒壊の危険があると認められるものを全て撤去する工事であること。
・土地・建物の登記がされていること。

対象者

・補助対象物の所有者(営利団体または法人は除く)となる。
・税等、市に対する滞納がないこと。

※また、次の場合には撤去工事実施の同意書が必要となる。
・補助対象物あるいは土地が共有名義である場合:共有者全員の同意

補助金の額

※1~3に内でいずれか少ない金額

1.撤去工事に要する費用の3分の2
2.見附面積1平方メートルあたり10,000円の3分の2
3.上限150,000円

※申し込み方法等、詳しくは羽曳野市ホームページをご覧ください。
https://www.city.habikino.lg.jp/soshiki/toshikaihatu/kenjyuka/taishin/8828.html

注意事項

・必ず工事着工前に相談すること。
・既に工事に着手している、または完了している場合は、補助金の交付はできない。
・撤去工事の着手は交付決定後、30日以内に行う必要がある。
・原則、令和3年1月末日までを受付期間とし、令和3年3月15日までにに工事を完了し、完了報告書を提出できるもの。
・受付戸数が予算額に達した場合は受付終了となる。
・新たに設置する場合は、建築基準法を厳守すること。(違反した場合、補助金の返還をすることとなる。)

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00