佐伯市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

佐伯市の解体費用相場

  • 2.3万円
  • (価格幅: 2.2万円から2.5万円)
木造住宅2.8万円 / 坪
鉄骨造住宅3.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

佐伯市-の構造別工事の見積例(4件中1-4件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所大分県佐伯市
建物種類木造住宅
坪数25.0坪
階層2階建

建物価格:625,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
家屋解体処分25.025,000625,000
養生足場(1面)45.01,00045,000
重機運搬費1.030,00030,000
交通誘導員1.030,00030,000
総合計金額: 730,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所大分県佐伯市
建物種類木造住宅
坪数25.0坪
階層2階建

建物価格:625,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
家屋解体処分25.025,000625,000
養生足場(1面)45.01,00045,000
重機運搬費1.030,00030,000
交通誘導員1.030,00030,000
総合計金額: 730,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所大分県佐伯市
建物種類木造住宅
坪数39.6坪
階層2階建

建物価格:857,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造家屋分別解体131.04,000524,000
産業廃棄物選別・運搬・処分(木類)11.0t8,00088,000
産業廃棄物選別・運搬・処分(がれき類)15.0t10,000150,000
産業廃棄物選別・運搬・処分(コンクリート類)19.0t5,00095,000
生活残存物(一般ゴミ)撤去1.0100,000100,000
庭木撤去1.050,00050,000
ブロック撤去・復旧3.010,00030,000
重機回送費1.060,00060,000
諸経費1.087,70087,700
総合計金額: 1,184,700(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所大分県佐伯市
建物種類木造住宅
坪数39.6坪
階層2階建

建物価格:868,800円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
解体工事費 ①木造2F27.822,000611,600
解体工事費 ②木造平屋8.622,000189,200
解体工事費 ③ブロック造平屋1.225,00030,000
解体工事費 ④木造平屋倉庫2.019,00038,000
植栽撤去 伐根共29.02,50072,500
残存物撤去処分費1.035,00035,000
ブロック塀撤去・復旧費 侵入路畑鉄板・ブロック共1.050,00050,000
調整値引き1.0-38,300-38,300
総合計金額: 988,000(税抜)

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

佐伯市の解体工事補助金

佐伯市老朽危険空き家除却促進事業

市民の安全・安心で良好な居住環境を確保するため、老朽危険空き家の除却に要する費用に対し、予算の範囲内において佐伯市老朽危険空き家除却促進事業補助金(以下「補助金」という。)を交付する

対象 

次の各号のいずれにも該当する建築物とする。
・市内にある木造建築物で、個人が所有するもの(長屋・共同住宅・店舗は除く)
・空き家の老朽度や隣地等への危険度が、市の定める基準を満たすもの
・同一敷地内に、この補助金の交付を受けた建築物がないもの
・公共工事等による移転、建替え等の補助の対象となっていないもの
・この補助金に類する補助等を受けていないもの

対象者

次の各号のいずれかに該当する者(以下「所有者等」という。)とする。
(1) 補助対象空き家の所有者として、登記記録(未登記の場合は、固定資産課税台帳)に記録されている者又はその相続人。ただし、法人等を除く。
(2) 前号に規定する者から補助対象空き家の除却について同意を得た者。ただし、地方自治法(昭和22年法律第67号)第260条の2第7項に規定する認可地縁団体以外の法人等を除く。
2 前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する者は、補助対象者としない。
(1) 市税を滞納している者
(2) 佐伯市暴力団排除条例(平成23年佐伯市条例第43号)第6条第1号に規定する暴力団関係者である者
(3) 補助対象空き家が複数人の共有又は相続財産である場合において、当該共有者全員又は相続人全員から補助対象空き家の除却について同意を得られない者。ただし、補助金の交付の申請をしようとする者が、紛争等が生じた場合の誓約書(様式第1号)を提出できるときは、この限りでない。
(4) 補助対象空き家に所有権以外の権利の設定がある場合において、当該権利者全員から補助対象空き家の除却について同意を得られない者
(5) 補助対象空き家の除却について、法令等の規定による命令を受けている者
(6) 虚偽の申請をした者
(7) その他市長が不適当と認める者

対象工事

・建設業又は解体業の許可等を受けた市内に本店、支店等を有する者が請け負う除却工事
・補助金の交付決定後に着手した工事
・補助対象空き家の全てを除却する工事

補助金の額

・補助対象経費に2分の1を乗じて得た額(その額に1,000円未満の端数がある場合は、その端数を切り捨てた額)
・上限額は50万円(離島:大入島60万円、大島75万円、屋形島・深島90万円)

※申し込み方法等、詳しくは佐伯市ホームページをご覧ください。
https://www.city.saiki.oita.jp/kiji0032269/index.html

佐伯市ブロック塀等除却支援事業

災害時におけるブロック塀等の倒壊による被害を防止することを目的として、道路等に面した危険ブロック塀等の除却を行う所有者等に対して予算の範囲内において佐伯市ブロック塀等除却支援事業補助金を交付する

対象 

次の1及び2に該当する危険ブロック塀等(コンクリートブロック造、石造、れんが造 その他の塀(フェンスその他これに類するものと混用されたものを含む。)及び門柱をいう。)が対象です。
1個人の所有するものであること。
2高さが1メートル以上であること。

補助金の額

補助対象経費に2分の1を乗じて得た額(その額に1,000円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)以内とし、10万円を限度とする。

※申し込み方法等、詳しくは佐伯市ホームページをご覧ください。
http://www.city.saiki.oita.jp/03shisei/03_07reikishu/reiki_int/reiki_honbun/r159RG00001484.html

 

注意事項

・この補助事業は、すでに行われた除却工事に対して補助金を支払うものではありません。
補助を受けるには、事前に申し込み等の手続きが必要ですので、御注意ください。
・危険ブロック塀等除却工事の実施は、補助金交付決定通知後になります。
・補助金の支払いを受けるためには、事業の完了報告を令和3年1月29日(金)までに行う必要があります。
・受付期間:令和2年5月15日(金)から令和2年11月30日(月)まで
・ 受付予定件数:7件
申請件数が受付予定件数に達した場合は、受付を締め切ります。