豊後大野市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

豊後大野市の解体費用相場

  • 2.5万円
  • (価格幅: 2.4万円から2.5万円)
木造住宅2.8万円 / 坪
鉄骨造住宅3.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

豊後大野市-の構造別工事の見積例(2件中1-2件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所大分県豊後大野市
建物種類木造住宅
坪数21.4坪
階層1階建

建物価格:513,900円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
解体工事費 木造平屋母屋16.526,000429,000
解体工事費 木造平屋倉庫3.818,00068,400
解体工事費 木造平屋庇1.115,00016,500
仮設養生シート 1面 H=9.0m L=4.0m36.01,00036,000
諸経費1.066,00066,000
調整値引き1.0--16,570-16,570
総合計金額: 599,330(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所大分県豊後大野市
建物種類鉄骨造住宅
坪数40.0坪
階層2階建

建物価格:1,000,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
火災家屋解体処分工事40.025,0001,000,000
養生足場(3面)1.0100,000100,000
総合計金額: 1,100,000(税抜)

備考: 火災案件

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

豊後大野市の解体工事補助金

老朽危険空き家の除却に対する費用の一部を補助

市では、良好な生活環境を保全するため、老朽化し危険な空き家を除却する場合に、除却費用の一部を補助します。

対象 

市内に所在し、かつ補助対象者が所有し、又は管理している物件
所有権以外の権利が設定されていない物件
事前調査にて「老朽危険空き家」に該当する物件

対象者

所有者や管理者等
市税の滞納がない者
暴力団員もしくは暴力団員と密接な関係を有していないこと

対象工事

敷地内の補助対象物件すべてを除却する工事
補助対象者が請負契約を締結する工事
市内事業者が行う工事

補助金の額

除却工事費の5分の2 (限度額 50万円)
※家財の処分費は補助の対象になりません。

※申し込み方法等、詳しくは豊後大野市ホームページをご覧ください。
https://www.bungo-ohno.jp/docs/2018052400233/

必ずお読みください

・補助金交付決定前に、除却工事を行った場合は、補助対象とならないので注意願います。
・住宅を取り壊すことにより、税務課に「家屋の滅失届」の提出が必要です。詳しくは税務課固定資産税係までお尋ねください。【電話番号 0974-22-1001 内線2108】
・申請受付期間:12月28日(月)まで(開庁時間内8時30分から17時00分 土・日・祝日除く)
・受付戸数が予算の範囲を超えた時点で受付終了します。
・申請受付は、先着順とし、補助要件に満たない場合は、順次繰り上げを行います。

危険ブロック塀等除却事業補助金交付

地震発生時等におけるブロック塀等の倒壊による被害を未然に防ぎ、避難路の確保を図るため、危険なブロック塀等の解体撤去(以下「除却」という。)を行った者に対し、予算の範囲内において豊後大野市危険ブロック塀等除却事業補助金(以下「補助金」という。)を交付する。

補助対象者

補助金の交付の対象者(以下「補助対象者」という。)は、本市内においてブロック塀等を所有し、又は管理する者で、補助金の交付対象となるブロック塀等(以下「補助対象ブロック塀等」という。)の除却を行う者とする。
2、前項の規定にかかわらず、次に掲げる者に対しては、補助金を交付しない。
(1) 本市の市税に滞納がある者
(2) 補助対象ブロック塀等が設置されている敷地で、すでにこの告示に基づく補助金又は他の同様の補助事業の交付を受けたことがある者
(3) 豊後大野市暴力団排除条例(平成23年豊後大野市条例第9号)第6条第1号に規定する暴力団関係者

補助対象ブロック塀等

補助対象ブロック塀等は、次の各号のいずれにも該当し、市長が危険であると認めたものとする。
(1) 道路(建築基準法(昭和25年法律第201号)第42条に規定する道路をいう。)に面していること。
(2) 高さが1メートル以上であること。
(3) ひび割れ、傾き等が認められること。
2、前項の規定にかかわらず、前項の規定に該当しないブロック塀等についても地震等の発生により倒壊のおそれがあり、かつ、避難路を確保するために市長が特に必要と認める場合は、当該ブロック塀等を補助対象ブロック塀等とする。

補助金の額

・助金の交付の対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は、補助対象ブロック塀等の除却に要する費用とする。
・補助金の額は、補助対象経費に2分の1を乗じて得た額(その額に1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)とし、100,000円を限度額とする。
※申し込み方法等、詳しくはこちらををご覧ください。
https://www.bungo-ohno.jp/_dynamic/reiki/reiki_honbun/r160RG00001486.html