加美郡加美町の解体費用相場と坪単価

【見積無料】工事会社からの営業電話なし

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

加美郡加美町の最安値が分かる!解体費用相場と坪単価

  • 5.0万円
木造住宅5.0万円 / 坪
鉄骨造住宅-万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

【見積無料】工事会社からの営業電話なし

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

加美郡加美町の解体工事補助金

加美町危険ブロック塀等除却事業

この要綱は、地震災害の防止をはかり安全で快適なまちづくりを進めていく一環として、住宅敷地で道路に面した場所の既存のブロック塀等の除去を行う者及び生け垣やフェンス等をつくる者に対し、予算の範囲内において助成金を交付する

対象 

補助金の交付対象となる事業は、道路に面したブロック塀等で道路からの高さ1メートル(擁壁上の場合は0.4メートル)を超えるものの全部又は一部を除却する事業(以下「除却事業」という。)とし、補助金の交付を受けることができるのは、一つの宅地につき1回限りとする。
2 除却事業の補助対象となるブロック塀等の面積は、除却するブロック塀等の道路側からの見付面積とする。ただし、フェンス等との混用塀については、フェンス等部分の面積は、その見付面積の2分の1とし、門柱についてはその表面積の2分の1を補助対象とする。
3 除却事業において、やむをえず高さを減じる一部除却をする場合には、当該ブロック塀等を建築基準法施行令に定める構造基準に適合させなければならない。
4 除却事業は、会計年度の3月末日までに完了しなければならない。

対象者

補助金の交付対象者は、町内に存する宅地の所有者及び当該所有者の家族等とし、その者の世帯に町税の滞納がないものとする。

補助金の額

除却事業の補助金額は、道路からの見付面積に1m2あたり4,000円を乗じて得た金額又は除却事業に要する費用のいずれか少ない額とし、1件あたりの補助金額は15万円を上限とする。
2 補助金の額に1,000円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとする。

※申し込み方法等、詳しくは加美町ホームページをご覧ください。
http://www.town.kami.miyagi.jp/reiki/reiki_honbun/r004RG00000769.html