舞鶴市の解体費用相場と坪単価

10社の口コミと最安値が瞬時に分かる!

ご自身の解体費用を
調べてみませんか?

くらそうねなら、オンラインで
各社の予想工事金額を
調べることができます。

舞鶴市の解体費用相場

  • 坪単価: 3.0万円
  • (価格幅: 3.0万円から3.1万円)
木造住宅3.3万円 / 坪
鉄骨造住宅3.7万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

舞鶴市の構造別工事の見積例(1件中 1-1件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所京都府舞鶴市
建物種類木造住宅
坪数109.2坪
階層2階建

建物価格:3,348,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
建物解体工事 木造瓦葺平屋建て 上屋基礎共257.07,0001,799,000
建物解体工事 蔵 瓦葺2階建て 上屋基礎共68.07,500510,000
建物解体工事 物置倉庫36.05,000180,000
建物解体工事 アルミカーポート 上屋1.020,00020,000
建物解体工事 足場シート養生280.0800224,000
その他撤去工事 石灯篭 大小共4.04,50018,000
その他撤去工事 庭石1.070,00070,000
その他撤去工事 樹木類 大小共8.012,00096,000
その他撤去工事 ブロック塀 門扉共38.01,80068,400
その他撤去工事 土間コンクリート 車庫部分 玄関アプローチ共40.02,20088,000
重機等回送費1.030,00030,000
端数切捨1.0--3,400-3,400
総合計金額: 3,100,000(税抜)

ご自身の解体費用を
調べてみませんか?

くらそうねなら、オンラインで
各社の予想工事金額を
調べることができます。

舞鶴市の解体工事補助金

空き家除却支援

倒壊等のおそれがある空き家の除却を行う場合に、その費用の一部を補助。

対象 空き家

※次の要件のすべてを満たすもの。

・本市の都市計画区域内に建つ木造住宅
(延べ面積の2分の1以上を住宅として使用していたもの)
・使用されていないことが常態であり、今後も使用される見込みのないもの
・個人が所有するもの
・抵当権その他の権利が設定されていないもの
・公共工事による補償の対象となっていないもの
・国の基準による不良住宅と判断されるもの
(住宅地区改良法施行規則第1条第1項の規定により合算した評点が100以上であるもの)

対象者

※次の要件のすべてを満たすもの。

・空き家の所有者、又は、空き家が建つ土地の所有者(個人に限る)
・市税を滞納していない方

対象工事

市内に本社・本店を有する事業者と契約を交わして行う空き家の除却工事

※事業者は、除却に必要な建設業の許可又は建設リサイクル法に基づく登録を受けている必要がある。
※空き家に附属する倉庫その他の建物のみの除却工事は対象とならない。
※申込み前に工事を着工している場合は、補助の対象とならない。

補助金の額

30万円を限度に、工事費の3分の1
※1,000円未満の端数は切り捨て。

※申し込み方法等、詳しくは舞鶴市ホームページをご覧ください。
https://www.city.maizuru.kyoto.jp/0000002842.html

注意事項

・申込んだ年度の3月末までに、工事を完了すること。
・募集期間:令和元年6月3日~
・募集戸数:3戸
・先着順で受け付けている。

ブロック塀等安全対策支援

地震により倒壊するおそれのある危険なブロック塀等の除却を行う場合に、その費用の一部を補助。

対象 ブロック塀等

※次の要件のすべてを満たすもの。

・市内にある、補強コンクリートブロック造又は組積造の塀(塀と一体となっている物を含む)
・道路、一般の通行の用に供する道、公園、公益的施設(教育施設、医療施設、社会福祉施設など)の敷地に面するもの
・地面からの塀の高さが80センチメートル以上のもの
・公共工事による補償の対象となっていないもの
・建築基準法などの基準に適合していないもの(別紙、点検表の点検項目に不適合があるもの)

対象者

※次の要件のすべてを満たすもの。

・ブロック塀等の所有者、又は、所有者の同意を得てブロック塀等の除却を行う方(借家の居住者、マンション管理組合など)
・市税を滞納していない方

対象工事

ブロック塀等の全ての部分を除却する工事(基礎を除く全ての部分を除却するものを含む)で、市内に本社・本店を有する事業者と契約を交わして行うもの

※事業者は、除却に必要な建設業の許可又は建設リサイクル法に基づく登録を受けている必要がある。
※申込み前に工事を着工している場合は、補助の対象とならない。

補助金の額

15万円を限度に、工事費の4分の3
※1,000円未満の端数は切り捨て。

※申し込み方法等、詳しくは舞鶴市ホームページをご覧ください。
https://www.city.maizuru.kyoto.jp/0000004878.html

注意事項

・申込んだ年度の3月末までに、工事を完了すること。
・募集期間:令和元年6月3日~
・募集件数:5件
・先着順で受け付けている。

地域再建被災者住宅支援事業

市内の住居に自ら居住し、床上浸水以上の被害を受けられた方を対象に対しての支援制度。

対象者

・被災住宅に居住していた方で、被災住宅又は新たに取得した住宅へ居住する方。
・床上浸水、一部損壊以上の被災を受けたとしてり災証明が発行される方。
※原則、借家は対象とならない。

補助金の額

(1)住宅再建経費:住宅の補修、建替え、被災した住宅に代わる住宅の購入
補助上限額
・半壊:150万円
・一部破損・床上浸水:50万円

(2)住宅再建関連経費:被災住宅の清掃費、家具・家電製品の買換えの費用など
補助上限額:5万円

※なお、(1)と(2)を合わせて利用される場合は、(1)の上限額に(2)を含む。

※申し込み方法等、詳しくは舞鶴市ホームページをご覧ください。
https://www.city.maizuru.kyoto.jp/0000003503.html

注意事項

・事業期間:令和2年11月末まで(約3年間)
・受付期間
(1)平成31年2月28日までに工事完了のうえ、領収書などの必要書類を添えて実績報告ができるもの
受付期間:平成30年4月1日~平成31年2月28日
(2)上記以降に完了するもの
受付期間:平成31年4月1日以降

相場より安い費用で工事を行うためのポイント! "地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

解体費用の相場はいかがだったでしょうか?一般的に、同じ条件であっても業者によって費用が3割程度変動することは珍しくありません。解体工事を成功させるためのポイントは

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

地元で最安値の業者を探す

国内最大級

  • 月間利用者数17万人以上
  • 登録解体工事会社800社以上
顧客満足度91.2%
工事取扱い高40億円
ご相談件数50,000件以上
※1 ユニークブラウザー数※2 くらそうねサービス全体の利用者数

「手間を掛けずにコストを削減したい」
という方はお気軽にご活用ください!

お客様の個人情報はプライバシーマーク制度及びISMSに準拠して安全に管理されます。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00