亀岡市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

亀岡市の解体費用相場

  • 3.1万円
  • (価格幅: 2.6万円から3.8万円)
木造住宅3.3万円 / 坪
鉄骨造住宅3.7万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

亀岡市-の構造別工事の見積例(4件中1-4件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所京都府亀岡市
建物種類木造住宅
坪数34.8坪
階層2階建

建物価格:910,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
手作業・重機併用による解体 木造瓦葺2階建て建屋 延床面積115.07,000805,000
手作業・重機併用による解体 建屋基礎撤去70.01,500105,000
手作業・重機併用による解体 ガレージ土間・CB撤去1.0100,000100,000
建屋横エスロン小屋撤去1.055,00055,000
鉄製カーポート、アルミ製庇、アルミ製物干し台撤去1.050,00050,000
養生足場施工 丸太防災シート 隣接側防音シート張200.035070,000
総合計金額: 1,185,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所京都府亀岡市
建物種類木造住宅
坪数36.6坪
階層2階建

建物価格:1,379,434円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
仮設足場養生工事 建物周囲直接仮設養生足場工事 丸太足場+防音シート養生工(H=均一約6m)210.0800168,000
仮設足場養生工事 上記仮設足場資材運搬費 2t車2.012,00024,000
分別解体工事 木造瓦葺2階建重機分別解体工事 上屋躯体撤去工(人力・機械併用施工解体)121.17,800944,580
分別解体工事 木造瓦葺2階建重機分別解体工事 基礎・土間撤去工(機械施工解体)33.936,600223,938
分別解体工事 木造瓦葺2階建重機分別解体工事 整地仕上げ(機械施工)70.2805,616
分別解体工事 南側(建物正面)外構既存ガレージ土間撤去工事 t=均一5018.65,500102,300
分別解体工事 西側面CB撤去工事(約11.2㎡分) GLカット(基礎残し)(人力・機械併用施工解体)1.085,00085,000
分別解体工事 東側面CB撤去工事(約1㎡分) GLカット(基礎残し)(人力施工解体)1.018,00018,000
重機回送費・諸経費(リサイクル・現場安全管理費含む) 建設重機(8tクラス)回送費2.030,00060,000
重機回送費・諸経費(リサイクル・現場安全管理費含む) 諸官庁申請費(リサイクル届出)1.028,00028,000
重機回送費・諸経費(リサイクル・現場安全管理費含む) 環境対策・現場安全管理費1.055,00055,000
調整値引き1.0--434-434
総合計金額: 1,714,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所京都府亀岡市
建物種類木造住宅
坪数18.5坪
階層2階建

建物価格:594,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
建屋撤去 大屋根・2階部分24.08,500204,000
建屋撤去 下屋根・1階部分37.07,500277,500
建屋撤去 基礎・ドナ・花壇撤去45.02,500112,500
養生足場施工 丸太防災シート 4面200.040080,000
付帯工事 バルコニー撤去1.020,00020,000
付帯工事 アルミ製ルーフ撤去1.05,0005,000
付帯工事 CB塀・門柱撤去24.03,00072,000
付帯工事 便槽撤去1.015,00015,000
施工管理費用 近隣対策・各届出手続手数料1.015,00015,000
総合計金額: 801,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所京都府亀岡市
建物種類木造住宅
坪数20.6坪
階層2階建

建物価格:578,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
仮設工事 足場防音養生150.0700105,000
本体工事 上屋解体工事(基礎共)68.08,500578,000
外構工事 左側境界ブロック撤去処分24.04,00096,000
総合計金額: 779,000(税抜)

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

亀岡市の解体工事補助金

地域再建被災者住宅等支援事業補助金

平成29年台風第21号により生活基盤となる住宅に被害を受けられた市民の方が、被災した住宅の再建に要する経費の一部を補助。

対象者

※次の全ての要件を満たす世帯が対象となる。

・亀岡市内の住宅に自らが居住し、一部破損や床上浸水以上の被害を受けられた方
・亀岡市内で住宅を建替、購入、補修などを行い、引き続き居住される方

※賃貸住宅は、業務用資産として所有者が補修を行うべきものであるため、原則として対象とはならないが、賃借人が所有者の同意書を添付して自らが発注・支払いをして再建する場合は対象となる。

対象経費

被災住宅を再建する経費(建替、購入、補修、賃借)や解体経費など

※土地の取得費は除く。
※半壊、一部破損、床上浸水の場合、賃借経費は対象にならない。
※解体、撤去、整地のみの場合は対象にならない。

補助金の額

【全壊】
・新築または購入:300万円
・補修:200万円
・賃借:150万円
・住宅再建関連経費:5万円(ただし、上記限度額に含む。)

【大規模半壊】
・新築または購入:250万円
・補修:150万円
・賃借:100万円
・住宅再建関連経費:5万円(ただし、上記限度額に含む。)

【半壊】
・新築または購入・補修:150万円
・賃借:適用外
・住宅再建関連経費:5万円(ただし、上記限度額に含む。)

【一部破損・床上浸水】
・新築または購入・補修:50万円
・賃借:適用外
・住宅再建関連経費:5万円(ただし、上記限度額に含む。)

~基本算定式~
補助額=補助対象経費×1/3
※補助限度額を上限とする。補助額は、千円単位とし端数は切り捨てとなる

ただし、計算の結果が50万円未満の場合、補助額は次のとおりとなる。
・補助対象経費が50万円以上の場合・・・・・50万円
・補助対象経費が50万円未満の場合・・・・・補助対象経費全額

※申し込み方法等、詳しくは亀岡市ホームページをご覧ください。
https://www.city.kameoka.kyoto.jp/bousai/h29taifuu21hojyokinn.html

注意事項

・受付期間
交付申請書:災害のあった日から令和2年9月30日まで
実績報告書兼請求書:災害のあった日から令和2年10月31日まで
・原則として年度をまたいで手続きすることはできない。交付申請した年度内に工事などを完了し、実績報告をすること。
・年度とは、毎年4月1日から翌年3月31日までの期間。2月初旬までに交付申請を提出すること。
・書類を提出する際は、念のためご印鑑を持参すること。
・被災住宅の所在地に住民登録が無い場合は、事前に相談すること。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00