安芸郡田野町の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

安芸郡田野町の解体費用相場

  • -万円
  • (価格幅: -万円から-万円)
木造住宅3.2万円 / 坪
鉄骨造住宅3.5万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

安芸郡田野町の解体工事補助金

老朽建物除却事業補助金

田野町内にある老朽化が進んだ建物のうち、防災・防犯面で危険と判断される建物の解体除却を促進し、住環境の整備改善を図るため、解体工事費用の一部を補助。

対象要件

※次の要件のすべてを満たすもの。

・以下(1)~(3)に該当する老朽建築物に該当すること。
(1)老朽建築物:大地震等により倒壊等のおそれがある建築物(戸建住宅、共同住宅及び長屋等)。
(2)居住用老朽建築物:居住の用に供する建築物
(ひとつの世帯が独立して生活を営むことができるように建築又は改造され、店舗、作業場、事務所など業務に使用するために設備された部分がないもの)
(3)その他の老朽建築物:店舗、作業所、事務所、倉庫等の用に供する建築物。
・町の現場調査等により、「木造の住宅等の老朽度の測定基準」、「鉄筋コンクリート造の住宅等の老朽度の測定基準」、「コンクリートブロック造等の住宅等の老朽度の測定基準」のいずれか該当する測定による評点が100点以上になるものであること。
・申請者は、田野町内に所在する老朽建築物の所有者であること。ただし、当該所有者と親子関係にある者等、町長が特に必要と認めた者についてはこの限りでない。

※次のいずれかに該当する場合においては補助の対象としない。
・町税等を滞納している者。
・暴力団又は、暴力団員等である者。

補助金の額

(1)田野町避難用道路計画に基づく避難ルート沿いについては、災害時の避難路の確保につなげるため、除却費用の全額を補助。

(2)上記(1)以外の場合、次のとおりとする。
~「居住用の老朽建築物」の場合~
1坪あたり30,000円で算出した額、又は、除却工事見積金額に10分の8を乗じて得た額のいずれか少額のもの(上限100万円)
~「その他の老朽建築物」の場合~
1坪あたり20,000円で算出した額、又は、除却工事見積金額に10分の6を乗じて得た額のいずれか少額のもの(上限100万円)
※上記算出した補助金額については、1,000円未満の端数が生じた場合には、これを切り捨てる。

※申し込み方法等、詳しくは田野町ホームページをご覧ください。
http://tanocho.jp/kurashi/kurashi-1206

注意事項

・工事業者について、町の指定等はないが、「建築業法」に基づく業種の許可を得ている必要がある。
・申請受付期間:令和2年6月29日(月)~7月10日(金)
・令和3年3月末までに事業完了できないものは受付できない。
・予算額に達し次第募集を終了する。
・この制度を利用される方は、補助金交付要綱に基づく補助金交付申請を行うこと。申請前に解体工事を実施した場合は、補助対象にならない。
・建築物を除却した場合、住宅用地の特例措置が適用されなくなり、土地の固定資産税が上がることがある。

ブロック塀等対策推進補助金

避難路に面している危険性の高いコンクリートブロック塀等の撤去または安全な塀への改修費を補助。

対象者

・ブロック塀の所有者であること。
(ただし、ブロック塀の所有者と親子関係にある者等町長がやむを得ないものとして認めた者はこの限りでない。)
・田野町税等を滞納していない世帯であること。

対象要件

町内にある危険性が高いコンクリートブロック塀等の安全対策を行うもの

補助金の額

・上限400,000円
・補助対象経費が400,0000 円に満たない場合は、その額とする。(1,000円未満切り捨て)

※申し込み方法等、詳しくは田野町ホームページをご覧ください。
http://tanocho.jp/1520

注意事項

・先着順に受付を行い、予算達した時点で終了となる。
・着手前に申請すること。
・安全対策に明らかに寄与しない工事で費用を分離すべきものは、当該工事を分離して算定し補助対象経費から除外する。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00