仲多度郡まんのう町の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

仲多度郡まんのう町の解体費用相場

  • 2.1万円
  • (価格幅: 2.1万円から2.1万円)
木造住宅2.8万円 / 坪
鉄骨造住宅3.2万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

仲多度郡まんのう町-の構造別工事の見積例(1件中1-1件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所香川県仲多度郡まんのう町
建物種類木造住宅
坪数33.0坪
階層1階建

建物価格:690,305円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
母屋解体工事(屋根葺き材取外し)33.01,20039,600
母屋解体工事(内装材取外し)33.02,00066,000
母屋解体工事(既存家屋 解体・整地)建屋・建屋基礎33.04,000132,000
母屋解体工事(既存家屋 解体・整地)重機手元33.02,10069,300
母屋解体工事(上記発生材 処理)運搬33.05,000165,000
母屋解体工事(上記発生材 処理)処分33.09,000297,000
その他解体工事(庭木撤去・処分)3.09,50028,500
その他解体工事(物置撤去・処分)1.080,00080,000
その他解体工事(アプローチ撤去・処分)30.01,00030,000
その他解体工事(ブロック立上り垣撤去・処分)20.0m2,30046,000
その他解体工事(テレビ)1.03,0003,000
その他解体工事(椅子、ソファ等)2.02,5005,000
その他解体工事(廃タイヤ、木製家具類、混合物)1.0500500
その他解体工事(上記発生材)集積・小運搬・積込1.53,0004,500
その他解体工事(上記発生材)運搬1.05,0005,000
共通仮設・直接仮設工事(重機回送セルフ)2.018,00036,000
共通仮設・直接仮設工事(クレーン車両)0.553,00026,500
共通仮設・直接仮設工事(飛散養生)0.01,0000
諸経費1.051,69551,695
値引き1.0-78,595-78,595
総合計金額: 1,007,000(税抜)

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

仲多度郡まんのう町の解体工事補助金

民間危険ブロック塀等撤去補助事

地震発生時における危険ブロック塀等の倒壊による事故を防止するとともに、道路等の機能及び安全性を確保するため、道路等に面した民間の危険ブロック塀等の撤去を行う所有者等に対し、予算の範囲内において撤去費の一部を補助します。

補助対象となる危険ブロック塀

下記の要件をすべて満たすもの
(1)道路面からの高さが120cmを超えるもの
(2)道路面に面したブロック塀で、点検表(まんのう町民間危険ブロック塀等撤去補助事業補助金交付要綱を参照)に従い点検した結果、不適合項目が1以上あり、倒壊のおそれがあると判定されたもの
○道路…香川県が定める「香川県耐震改修促進計画(第二次計画)」で位置づけた避難や救援救護活動、緊急物資の輸送等の機能を確保する必要がある緊急輸送路、まんのう町地域防災計画で位置づけた緊急輸送路、通学路または一般の交通の用に供されている道路もしくは通路で、町長が認めた道
○ブロック塀等…補強コンクリートブロック造、コンクリートブロック造、れんが造、石造その他の組積造による塀(フェンスその他これらに類するものと混用の場合を含む。)及びこれらに付属する門柱

対象となる撤去工事

危険ブロック塀等を全部または一部を取り除き処分し、ブロック塀の安全性を向上させる工事

対象者

下記の要件をすべて満たす者
(1)補助対象危険ブロック塀等が設置されている土地の所有者、その土地に在する建築物の所有者または危険なブロック塀等の所有者であって、当該補助対象危険ブロック塀等を撤去する者
(2)町税を滞納していない者

補助金の額

次に掲げる額のうち、いずれか少ない額
・撤去工事に要する経費の5分の4
・1敷地あたり16万円
※申し込み方法等、詳しくはまんのう町のホームページをご覧ください。
https://www.town.manno.lg.jp/kurashi/kurashi_guide/bosai_syobo/bosai/entry-1952.html

注意事項

・申請前に建設土地改良課に事前相談をお願いします。
・補助金交付決定前に工事契約を行った場合は、補助を受けることができません。
・同一の敷地について、二度の補助を受けることはできません。
・補助事業に関係する書類・図面などは、補助事業が完了した年度から5年間保存しておいてください。
・補助金を他の用途に使用するなど、この事業の要綱に違反した場合は、補助金の返還を求める場合があります。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00