北群馬郡吉岡町の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

北群馬郡吉岡町の解体費用相場

  • -万円
  • (価格幅: -万円から-万円)
木造住宅3.3万円 / 坪
鉄骨造住宅3.6万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

北群馬郡吉岡町の解体工事補助金

老朽危険空家除却支援事業

吉岡町では、老朽化により倒壊のおそれのある空家の除却を促進し、地域の住環境の向上を図るため、老朽危険空家除却に要する費用の一部を補助します。

対象 

次に掲げる要件をすべて満たすもの
町内に所在する1年以上使用されておらず、今後も居住の見込みがない、居住用の床面積が延べ床面積の2分の1以上のもの
住宅地区改良法施行規則第1条各号に掲げる住宅の区分に応じ、町が行う現地調査により判定基準に達し、老朽危険空家とされたもの
倒壊等により近隣住民等に悪影響を及ぼすおそれがあること
公共事業等による移転または建替えの補償の対象でないこと
国、地方公共団体、独立行政法人等が所有権等を有していないこと

対象者

次のすべてに該当する人
町税等の滞納がない人
空家の登記事項証明書に所有者として登録されている個人または法定相続人
※ただし、該当する人であっても、他の権利者からの同意を得られない人および暴力関係者は対象となりません。

補助金の額

除却に要する設計費や工事費、工事管理費総額5分の4(上限50万円)

※申し込み方法等、詳しくは吉岡町ホームページをご覧ください。
https://www.town.yoshioka.gunma.jp/kurashi/jutaku/sumai/roukyu_akiya.html

ブロック塀等除却補助金事業

吉岡町では、地震発生時におけるブロック塀の倒壊などによる人命被害を減らすため、緊急輸送道路、通学路に面する危険なブロック塀を除却する方に一部、除却費の補助を行います。対象になるかなど、お気軽にお問い合わせください。

補助対象となるブロック塀・工事

次のいずれにも該当するものとします。
・町内に設置されたもの
・道路面からの高さが80cmを超えるもの(擁壁の上にブロック塀が設置されている場合は、当該擁壁の高さを含む) (※1)
・道路に面したブロック塀であるもの(道路に直接面していないが、ブロック塀の高さが当該ブロック塀から道路までの水平距離より高いものを含む)(※2)
・国、地方公共団体(本町を含む)等の公共用地の取得に伴う損失補償の対象になっていないもの
・別表第1または別表第2の点検表により点検し、不適合の項目が1つ以上あり安全対策が必要と判断されたもの
・ブロック塀の全部又は一部(基礎、擁壁又は土留め等として設置されている部分以外の部分)を除却する工事
対象となるブロック塀の種類
・補強コンクリートブロック造の塀、コンクリートブロック造の塀、石造の塀、レンガ造の塀
対象となる道路
・国、群馬県、吉岡町が管理する道路(里道等を含む)のうち緊急輸送道路並びに学校指定通学路(※3)

補助対象者

次のいずれにも該当する者とします。
・ブロック塀を所有又は管理する個人(法人を除く)であり、当該ブロック塀を除却する者
・暴力団員でない者
・固定資産税の滞納がない者
・ブロック塀に対して除却の補助金の交付を受けたことがない者
・ブロック塀が複数人の共有又は相続財産である場合で、当該共有者全員又は相続人全員からブロック塀の除却についての同意を得られる者

補助金額

1mあたり2万円または除却費用の2/3の低い方(上限20万円)
ただし、 1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額とします。
※申し込み方法等、詳しくはホームページをご覧ください。
https://www.town.yoshioka.gunma.jp/kurashi/jutaku/sumai/post_41.html

ご注意

・ブロック塀によっては対象とならないものもありますので、事前にご相談ください。
・事前申請のため、着工後、除却後は補助対象となりません。
・新たな塀などをつくる場合、建築基準法及びその他関連法令に適合させてください。
※特に建築基準法第42条第2項の道路に面している場合、現状の位置から敷地側へ後退が必要になる場合があります。
・要綱の規定に違反した場合、補助金の返還を求める場合があります。
・期間:申請期間:6月1日~11月30日まで。
※予算がなくなり次第、受付を終了します。
※3月10日までに除却工事を完了し、工事完了報告書が提出できるように計画してください。
※工事の着手については補助金の交付の決定後となります。