多治見市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

多治見市の解体費用相場

  • -万円
  • (価格幅: -万円から-万円)
木造住宅2.9万円 / 坪
鉄骨造住宅3.3万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

多治見市の解体工事補助金

多治見市老朽空き家除却工事補助金

多治見市老朽空き家除却工事補助金、多治見市危険空き家除却工事補助金制度の受付を令和3年5月6日から開始します。

対象 

以下のすべてに該当する建築物
多治見市内に存するもの
昭和56年5月31日以前に着工したもの
床面積の2分の1以上が居住の用に供されていたもの
1年以上居住の用に供されていない(長屋または共同住宅にあっては、全戸について該当するものに限る)もの
個人が所有するもの
抵当権、質権その他の所有権以外の権利が設定されていない、または所有者以外の権利者が除却について同意しているもの
公共工事による移転、建替えその他の保証の対象となっていないもの
多治見市建築物等耐震化促進事業補助金又は多治見市空き家再生補助金の交付を受けていないもの
過去に同一敷地内の空き家が、この補助金の交付を受けていないもの。

対象者

1.のア又はイのいずれかに該当し、2.に該当する者
ア 補助対象空き家の所有者又はその相続人(空き家が共有である場合は、共有者全員の同意を得ている者)
イ 補助対象空き家の存する土地の所有者又はその相続人で、当該老朽空き家の除却について当該老朽空き家の所有者(相続人を含む)の同意を得ている者
2. 市税、国民健康保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料、市営住宅使用料、下水道使用料、下水道受益者負担金、し尿処理手数料又は農業集落排水処理施設使用料を滞納していない者(市長に対して分納の誓約をし、かつ、誠実に履行していると市長が認める者を含む)

対象工事

以下のすべてに該当する工事
補助対象空き家の除却工事(解体後の運搬及び処分を含む)
建設業法(昭和24年法律第100号)第3条第1項の許可を受けている者又は建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(平成12年法律第104号)第21条第1項の登録を受けている者が行う工事
補助対象空き家並びに当該空き家に附属する工作物および立木の全部を除却する工事
建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律に基づき、適正な分別解体等及び再資源化等を実施する工事

補助金の額

補助対象工事に要する経費の3分の1に相当する額(千円未満切り捨て)または20万円のいずれか少ない額

※申し込み方法等、詳しくは多治見市ホームページをご覧ください。
https://www.city.tajimi.lg.jp/kurashi/toshikekaku/jutakusesaku/akiyajokyakuhojo.html

アスベスト対策事業補助制度

建築物のアスベスト含有調査およびアスベスト除去等に要する経費の全部または一部を補助。

※申し込み方法等、詳しくは多治見市ホームページをご覧ください。
https://www.city.tajimi.lg.jp/kurashi/kaihatsu/asubesuto.html

ブロック塀等除去補助金

地震等により倒壊したブロック塀等が緊急車両の通行を妨げたり、人命に危険を及ぼしたりすることを防ぐため、公衆用道路に面して設置されたブロック塀等の除去を促進するための補助制度です。

対象となる塀

コンクリートブロック、石、コンクリートまたはレンガによる塀(以下「塀」という)です。
・塀が多治見市内の個人の住宅又は事業所の敷地内にあり、公衆用道路に面して設置されている塀
・除去前の高さが擁壁高を含め敷地面高1.0メートル以上、除去延長が2.0メートル以上の塀

対象となる条件

次の条件すべてに該当することが条件となります。
・市が定める基準を満たす塀(上記「対象となる塀」参照)を除去する工事を行うこと
・申請者に市税等の滞納がないこと
・除去後の塀の高さが0.6メートル未満となる工事を行うこと
(注)工事の完了後、職員が現場の完了検査を行います。検査の際、除去後のブロック塀等の高さが0.6メートルを超過していた場合、補助金の支給はされません。
また、以下の項目に一つでも該当する場合も、補助金の支給はされません。
・本補助制度の趣旨に反する工事を行う場合
・敷地内の建物等の売却を目的とした工事を行う場合
・「多治見市狭あい道路後退用地等整備経費補助金交付要綱」に基づく補助金の交付を受ける部分において補助事業を行う場合
・過去に「多治見市ブロック塀等除去補助金」の交付を受けた敷地において補助事業を行う場合

補助金額

次のうち、いずれか少ない方の額を補助金として交付します。ただし、100円未満の端数がある場合は切り捨てます。補助限度額は20万円です(通学路の場合「30万円」)。
・塀の延長1メートルにつき10,000円を、除去延長に乗じて得た額
・塀の除去に係る経費の2分の1(通学路の場合「3分の2」)の額
※申し込み方法等、詳しくは多治見市ホームページをご覧ください。
https://www.city.tajimi.lg.jp/kurashi/bosai/bosai/block_hojo/block_hojo.html

募集期間

令和3年4月1日から令和4年2月28日