可児市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

可児市の解体費用相場

  • 1.2万円
  • (価格幅: 0.7万円から2.0万円)
木造住宅2.9万円 / 坪
鉄骨造住宅3.3万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体1.4万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

可児市-の構造別工事の見積例(3件中1-3件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所岐阜県可児市
建物種類その他の建物
坪数11.7坪
階層1階建

建物価格:96,550円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
本工事 鉄骨造倉庫解体撤去38.622,50096,550
本工事 サシカケ部、鉄扉撤去1.020,00020,000
残置処分 建物内混載廃棄物2.010,00020,000
重機回送 0.15クラス1.015,00015,000
諸経費1.013,66913,669
値引1.0--5,219-5,219
総合計金額: 160,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所岐阜県可児市
建物種類鉄骨造住宅
坪数10.7坪
階層1階建

建物価格:70,600円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
単管・防炎シート 図面点線部分25.9m21,10028,490
上屋35.3m22,00070,600
鉄製ゲート11.1m23503,885
トタン庇14.1m25007,050
トタン塀11.4m22502,850
鉄柵2.4m2300720
混合廃棄物 指定業者に委託6.0m310,50063,000
片側交互通行 施工初期時道路使用の為1.027,00027,000
バリケード等1.06,0006,000
重機回送  往復、道路1.038,00038,000
仮設材運搬  往復、道路284.0kg154,260
道路使用許可1.027,50027,500
道路占用許可 占用料含む1.036,00036,000
値引1.0-6,355-6,355
総合計金額: 309,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所岐阜県可児市
建物種類その他の建物
坪数12.0坪
階層1階建

建物価格:240,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
鉄骨亜鉛メツキ鋼板葺平屋建12.020,000240,000
建物内残置物撤去処分一式1.030,00030,000
総合計金額: 270,000(税抜)

備考: 倉庫撤去工事

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

可児市の解体工事補助金

空き家リフォーム・除却助成金

登録された空き家を対象として、改修・除却費用の一部を助成。

対象 空き家

・可児市空き家・空き地バンク登録台帳に登録された住宅のうち、過去に可児市空き家
・空き地活用促進(住宅リフォーム等)助成事業の交付を受けていない。
・入居者又は入居予定者が決定している住宅。
※店舗・事務所等を併用する住宅は居住部分のみとする。
・土地の売却・賃貸目的で除却する住宅。

対象者

※次の要件をすべて満たす者。

・可児市の市税や負担金等を滞納していない人。
・工事を行う住宅の所有者、入居者又は入居予定者。
※入居者=所有者との賃貸借契約の締結によりバンク登録物件を賃借することが決定している方又は売買契約の締結により新たにバンク登録物件の所有者になることが決定している方。
※入居予定者=賃貸借契約又は売買契約が未締結の場合で、登録物件の賃貸借又は売買に係る所有者の同意が書面により得られており、工事が完了するまでに賃貸借契約又は売買契約が締結できる方。

対象工事

※次の要件をすべて満たしていること。

・工事費が50万円以上(消費税を除く)となる工事。
・着工前の工事であること。
・申請日の属する年度の4月1日以降に契約し、6ケ月以内かつ年度内に完成する工事
・入居者又は入居予定者が申請する場合は、賃貸借契約又は売買契約を締結した日の属する年度の翌年度内に完了する工事。
・市内に本社を有する事業所や、市内で事業を営む個人事業者(可児市に住民登録がある個人)と契約して行う工事。
・他の制度により補助を受けていない工事。
・住宅や外構の修繕、模様替え、改築又は除却等を行う工事。
※ただし、新築、増築、太陽光発電設備、公共下水道工事への切り替え工事、植栽、造園、塀、さく(フェンス)等の築造工事は除く。

補助金の額

工事費の10%相当額(1,000円未満切り捨て)。上限10万円。
※昭和56年3月31日までに着工された建物の除却に限り工事費の20%相当額(1,000円未満切り捨て)。上限30万円。

※申し込み方法等、詳しくは可児市ホームページをご覧ください。
https://kani-suki.jp/life/house/1249.html

注意事項

・同一住宅につき一回とする。
・予算範囲内の助成となるため先着順となる。

吹き付けアスベスト等処理事業

地域コミュニティ活動の活発化を促すため、自治会で活動拠点となる集会施設に対する補助制度を設けており、吹き付けアスベスト等処理費用の一部を補助。

※申し込み方法等、詳しくは可児市ホームページをご覧ください。
http://www.city.kani.lg.jp/2827.htm

ブロック塀等撤去費補助金交付制度

地震によるブロック塀等の倒壊による被害や避難時等の通行の妨げになることを防止するため、令和2年5月7日より補助金の受付を開始します。

補助対象となるブロック塀等

次に掲げる要件全てに該当するものとします。
(1) 市内に存するブロック塀等で道路及び公共施設等に面する高さ60センチメートルを超えるものであること。
(2)道路又は公共施設等の接する部分からブロック塀等までの距離がブロック塀等の高さ以内のものであること。
(3) ブロック塀等の撤去は、基礎を含む全撤去又はブロック塀等の高さを60センチメートル以下とする一部撤去であること。(建築基準法第42条第2項に規定する道路に面するものは地盤面までを取り除くものに限る。)

補助金の交付対象者

次に掲げる要件全てに該当する者とします。
(1)補助対象ブロック塀等の所有者。
(2)ブロック塀等の撤去に係る他の制度による補助等の交付を受けていない者。
(3)同一の利用に供されている敷地において、過去に補助金の交付を受けていない者。
(4) 市税を滞納していない者。
※上記以外で、国、地方公共団体その他これらに準ずる者や、道路改良その他の公共事業の補償の対象となるブロック塀等の撤去を行う者は補助対象外です。

補助金の額

次のうち、いずれか少ない方の額の3分の2以内の額を補助金として交付します。ただし、1000円未満の端数は切り捨てるものとし、限度額は10万円です。
(1)撤去するブロック塀等の長さに1メートル当たり1万円を乗じて得た額
(2)撤去に要する費用(見積額)
※申し込み方法等、詳しくは可児市ホームページをご覧ください。
https://www.city.kani.lg.jp/15490.htm

募集要件・受付期間

・令和2年度募集件数:10件
・受付期間:令和3年5月10日~令和3年12月27日
(募集件数に達し次第終了となります。)
※年内に撤去工事を完了し、完了実績報告し、請求書を提出するものに限ります。