相馬郡新地町の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

相馬郡新地町の解体費用相場

  • -万円
  • (価格幅: -万円から-万円)
木造住宅3.4万円 / 坪
鉄骨造住宅3.8万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

相馬郡新地町の解体工事補助金

ブロック塀等撤去費補助金

ブロック塀等の倒壊による事故を未然に防ぐため、公衆用道路等に面して設置されたブロック塀等の撤去に関し、予算の範囲内において撤去費用の一部を助成。

対象要件

※以下の全てを満たしているもの

(1)ブロック塀等(コンクリートブロック造、れんが造その他これらに類する構造の塀及び門柱)で倒壊の恐れがあるもの
(2)公衆用道路(建築基準法第42条に規定する道路)に面し、道路からの高さが1.2メートル以上であるもの
(3)ブロック塀等の基礎までを含めまたは基礎以外の部分を解体し撤去するもの

補助金の額

※次のうち、いずれか少ない方の額を補助金として交付。(上限10万円)

(1)塀の撤去にかかる経費の2/3の額
(2)塀の面積1平方メートルあたり1万円を乗じた額の2/3の額

※公衆用道路(建築基準法第42条に規定する道路)に面している部分のブロック塀等が補助対象となる。
※1,000円未満の端数がある場合は切り捨てとなる。

※申し込み方法等、詳しくは新地町ホームページをご覧ください。

注意事項

・補助対象外となる要件もあるので、問い合わせること。

被災者生活再建支援制度(東日本大震災)

地震により住宅に被害があった世帯を対象に支援金を支給。

対象世帯

・住宅が全壊した世帯
・住宅が半壊、または住宅に被害が生じ、やむを得ず解体した世帯
・住宅が半壊し、大規模な補修を行わなければ居住することが困難な世帯(大規模半壊世帯)
・敷地に被害が生じ、その住宅をやむを得ず解体した世帯

補助金の額

【全壊世帯】
・基礎支援金:100万円
・加算支援金
建築・購入:200万円
補修:100万円
賃借:50万円

【大規模半壊世帯】
・基礎支援金:50万円
・加算支援金
建築・購入:200万円
補修:100万円
賃借:50万円

※単身世帯は、各々の支援金の受領金額が「4分の3」になる。

※申し込み方法等、詳しくは新地町ホームページをご覧ください。
https://www.shinchi-town.jp/site/fukkou/hukkousienseido-saikenshien.html

注意事項

・まだ申請されていない世帯が該当となる。
・「基礎支援金」は被災状況に、「加算支援金」は再建方法に応じた申請となる。
・世帯主が亡くなられている場合は、「当該世帯主に準じる者」として同一世帯員が申請すること。
・世帯員全員が亡くなられている場合は、申請することはできない。
・申請期間
基礎支援金:令和2年4月10日まで
加算支援金:令和2年4月10日まで

被災者生活再建支援制度(令和元年台風第19号)

自然災害により住宅に被害があった世帯を対象に支援金を支給。

対象世帯

(1)住宅が「全壊」した世帯
(2)住宅が半壊、又は住宅の敷地に被害が生じ、その住宅をやむを得ず解体した世帯
(3)災害により危険な状態が継続し、住宅に居住不能な状態が長期間継続している世帯
(4)住宅が半壊し、大規模な補修を行わなければ居住することが困難な世帯(大規模半壊世帯)

補助金の額

支給額は、以下の2つの支援金の合計額。(世帯数が1人の場合は、各該当欄の金額の3/4の額)
【基礎支援金】
・全壊・解体・長期避難:100万円
・大規模半壊:50万円

【加算支援金】
・建築・購入:200万円
・補修:100万円
・賃借(公営住宅以外):50万円

※申し込み方法等、詳しくは福島県ホームページをご覧ください。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16025b/shienhou.html

注意事項

基礎支援金 令和2年11月11日
加算支援金 令和4年11月11日