八女市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

八女市の解体費用相場

  • -万円
  • (価格幅: -万円から-万円)
木造住宅2.8万円 / 坪
鉄骨造住宅3.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

八女市の解体工事補助金

老朽危険家屋等除却促進事業補助金

八女市では、令和元年6月1日より安全で安心なまちづくりの推進と住環境の改善のために、市内の老朽化した空き家を解体する人に対しその工事費用を補助します。

補助金交付対象者

・建築物の所有者又は所有者の相続関係者等※共有者や相続関係者が複数いる場合は委任状が必要です
・市税等を滞納していないこと
・暴力団員または暴力団と密接な関係がないこと
・建築物の所有者が法人でないこと

補助金の対象となる家屋

・周辺環境を悪化させ適正に管理されていない木造若しくは軽量鉄骨造で、本市が定める建築物の不良度判定基準の点数が一定以上である建築物※申請前に事前調査をさせていただきます。
・居住の用に供していた空き家(店舗・倉庫・車庫などの単独建築物は対象外)
・所有権以外の権利が設定されていない建築物(権利を有する者から承諾を得たものを除 く。)
・公共工事に伴う移転、建替えその他の補償の対象となっていない建築物

補助対象費用

補助の対象となる老朽危険家屋等は、市内事業者(市内に本店、支店等の事業所を有する事業者、又は市内の個人事業者)が施工する家屋全ての除却工事にかかった費用とする※家屋の一部解体は補助の対象になりません。

補助金の額等

補助金の額は、補助対象となる経費の額の3分の1の額とし、30万円を限度とし、補助金の額に1,000円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てるものとする。
その他ご不明な点については八女市防災安全課生活安全係までお問い合わせください。
※申し込み方法等、詳しくは八女市のホームページをご覧ください。
http://www.city.yame.fukuoka.jp/soshiki/12/6/2/anzenanshinmachidukuri/akiyataisaku/1559196597153.html

注意事項

・申請後に変更等があった場合はすぐに防災安全課生活安全係までご連絡ください。
・補助金の対象となる建築物と、敷地の所有者等が異なる場合は、解体することを土地の 所有者等に事前に承諾を得ておいてください。
・解体工事に着手する前に、補助金の交付決定が必要です。補助金の交付決定前に工事を 着手した場合は、補助金を受けられません。
・2月末までに完了報告できる工事であることが必要です。
・同一敷地内において老朽危険家屋等に該当する建築物が複数存在する場合は、全てを除 却していただく必要があります。
・家屋等を除却すれば、住宅用地の特例措置が適用されなくなり、土地の固定資産税が上 がることがあります。
・予算額に達し次第、受付を終了します。

ブロック塀等撤去費補助金

地震によるブロック塀等の倒壊による被害防止や避難経路の確保を目的に、通学路や避難路等の道路に面する高さが1メートル以上の危険なブロック塀等の撤去費用の一部を補助します。
補助金を受けようとする前に、必ず市と事前協議をお願いします。現地を確認し補助の対象となるか診断カルテによる診断を行います。
なお、事前に工事着工したものまたは既に完了しているものは補助対象となりませんのでご注意ください。

補助対象者

次の全ての要件を満たす、ブロック塀等の撤去のための工事を行う所有者または管理者
(1)同一敷地において、この要綱に基づく補助金の交付を過去に受けたことがないこと。
(2)本人及び生計を一にする同一世帯の者について、本市の市税等の滞納がないこと。
(3)暴力団員でないこと。また、暴力団もしくは暴力団員と密接な関係を有していないこと。

補助対象ブロック塀等

道路に面する高さ1メートル以上のブロック塀等で、診断カルテの結果が40点未満のもの
※隣地等との境界にあるもの、特定の人が通行する私道に面するものは対象外です。

補助金の額

補助対象工事に要する経費(税抜)の2分の1(1,000円未満切捨)
上限 10万9,000円
※申し込み方法等、詳しくは八女市のホームページをご覧ください。
http://www.city.yame.fukuoka.jp/kurashi/hojyokin/1551932557521.html