遠賀郡芦屋町の解体費用相場と坪単価

【見積無料】工事会社からの営業電話なし

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

遠賀郡芦屋町の最安値が分かる!解体費用相場と坪単価

  • -万円
木造住宅-万円 / 坪
鉄骨造住宅-万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

【見積無料】工事会社からの営業電話なし

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

遠賀郡芦屋町の解体工事補助金

芦屋町老朽危険家屋等解体補助金制度

芦屋町の住環境の改善、安心・安全のまちづくりを推進するため、町内の老朽危険家屋を解体する方に対し補助金を助成する制度。
老朽危険家屋と認定された住宅・事務所・店舗が対象となり、解体費用の2分の1以内、上限100万円が助成されます。(ただし、基準となる金額があります。)

対象家屋

1.周辺の住環境等を悪化させるおそれがある建築物(ただし倉庫、車庫などは対象外)
2.町が定める「家屋等の老朽度判定基準」の点数が一定以上であること

対象者

1.町税等の滞納がないこと
2.解体しようとする建物の登記事項証明書に所有者として記録されている人
3.(2)の相続関係者
4.暴力団員等でない人

対象工事

解体及び撤去を行う資格を有する町内の事業者による建築物解体工事であること
※ただし、アスベストが検出された場合は、町内業者に限らない

補助額

次の「1.」「2.」を比較して、いずれか低い額の2分の1以内で上限100万円
1.除却に要した額  解体工事業者との契約金額(税抜)
2.町が定める基準額 基準額=面積基準単価×延床面積
※面積基準単価 木造・軽量鉄骨造:13,000円/平方メートル、非木造:19,000円/平方メートル(ただし、除却に必要な車両等の進入が困難等で、機械による解体ができないと認められる場合は、木造・軽量鉄骨造:21,000円/平方メートル、非木造:31,000円/平方メートル)

その他

補助を受けるためには、必ず町との事前相談が必要となります。また、補助金交付決定通知書を受ける前に工事に着工した場合は補助の対象となりませんので、ご注意ください。

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。
自治体ホームページはこちら

芦屋町ブロック塀等撤去費補助金

ブロック塀倒壊による被害防止や災害時の安全な通行を確保するため、芦屋町内の倒壊の危険があるブロック塀等を撤去する際の工事費の一部を補助します。

ブロック塀等とは

・補強コンクリートブロック(鉄筋の入ったブロック)造の塀
・組積造(れんが造、石造、コンクリートブロック造)等)の塀

対象になるブロック塀等【以下の要件をすべて満たす必要があります】

・芦屋町内にあり、通学路または建築基準法第42条に規定する道路に面する高さが1メートル以上であること
・診断カルテ(添付ファイル参照)で40点未満であること

申請できる条件【以下の要件をすべて満たす必要があります】

・ブロック塀等の所有者・管理者であること
・同一敷地内で、過去に補助金の交付を受けてないこと
・暴力団員等でないこと
・町税などの滞納がないこと

町税等の範囲

町民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税、法人税、下水道使用料、保育所使用料、介護保険料、後期高齢者医療保険料、町営住宅使用料、学校給食費、奨学金、学童クラブ保育料

補助金の額

1敷地当たりの撤去工事に必要な経費の3分の2(上限16万円)

補助期間

令和3年4月1日~令和6年3月31日

その他

・補助を受けるためには、必ず町との事前協議が必要になります。
・交付決定前に契約した工事は、対象になりませんのでご注意ください。
・工事完了後の30日以内または工事実施年度の2月末日のいずれか早い日までに、完了実績報告書の提出が必要です。

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。
自治体ホームページはこちら