朝倉市の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

朝倉市の解体費用相場

  • 2.6万円
  • (価格幅: 2.2万円から3.0万円)
木造住宅2.8万円 / 坪
鉄骨造住宅3.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋2.2万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

朝倉市-の構造別工事の見積例(2件中1-2件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所福岡県朝倉市
建物種類木造住宅
坪数25.7坪
階層2階建

建物価格:776,720円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造2階建て 建屋解体85.125,000425,600
木造2階建て 階段通路解体7.63,50026,600
木造2階建て 基礎解体92.723,500324,520
仮設足場養生 白シート張り154.0850130,900
カーポート撤去2棟 上部撤去23.971,00023,970
カーポート撤去2棟 土間コンクリート撤去処分50.851,50076,275
カーポート撤去2棟 重機回送費 0.25㎥2.015,00030,000
総合計金額: 1,037,865(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所福岡県朝倉市
建物種類アパート・長屋
坪数24.6坪
階層2階建

建物価格:539,580円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
仮設工事費 仮囲いシート養生200.0800160,000
解体工事費 屋根材撤去50.060030,000
解体工事費 内部造作物解体81.270056,840
解体工事費 木造2階建アパート上屋解体81.22,200178,640
解体工事費 基礎解体40.62,00081,200
産業廃棄物運搬処分費 発生廃材、コンクリート塊運搬処分9.06,00054,000
産業廃棄物運搬処分費 発生廃材、木くず運搬処分12.58,000100,000
産業廃棄物運搬処分費 発生廃材、ガラスくず運搬処分0.69,0005,400
産業廃棄物運搬処分費 発生廃材、廃プラスチック運搬処分1.06,5006,500
産業廃棄物運搬処分費 発生廃材、廃石膏ボード運搬処分1.518,00027,000
産業廃棄物運搬処分費 発生廃材、繊維くず運搬処分1.114,00015,400
外構解体工事費 カーポート解体撤去処分1.035,00035,000
外構解体工事費 隣接部一部人力解体手間工 家屋側1.065,00065,000
諸経費 重機回送費共1.080,00080,000
総合計金額: 894,980(税抜)

備考: 木造アパート解体

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

朝倉市の解体工事補助金

不良空家等解体撤去補助金交付事業

申請者

空家等の所有者又は所有者の相続関係者であること。

補助対象

以下のいずれにも該当する建築物とします。
・市内に所在する木造又は軽量鉄骨造の居宅で、居住その他の使用がなされていな い空家であるもの又は平成29年7月九州北部豪雨の被害を受けて住めなくなったもの
・不良度判定の結果、不良空家等に該当するもの
※市職員が現地を確認し、一定の基準に基づいて判定します。
申請前に判定が必要となりますので、都市計画課へ事前にご相談ください。
・次に掲げる要件を満たしたもの
(1) 所有権以外の権利が設定されていない建築物
(2) 法人が所有権を有していない建築物
(3) この制度以外の解体撤去又は移転に係る補助及び補償等を受けていない、 又は受ける予定がない建築物
※前述にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する場合は、補助金の交付対象となりません。
(1) 補助を受ける目的で故意に建築物を破損させた場合
(2) 既に不良空家等の解体撤去に着手している場合
(3) 解体業者との契約を結ばずにご自身で不良住宅を解体撤去した場合
(4) 申請者が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律 第77号)第2条第6号に規定する暴力団員 又は同条第2号に規定する 暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有する者である場合

補助金額

不良空家等の解体撤去及び処分に要する費用の50%(上限50万円)
※申し込み方法等、詳しくはホームページをご覧ください。
https://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1522298697526/index.html

ブロック塀撤去費補助金交付事業

補助金を受けようとする前に予定している事業について、必ず市と事前協議を行い、市が 定める診断を受けていただき、事業の対象となると認められた場合、補助金交付申請書に 関係書類を添えて提出をお願いします。
また、交付決定前に事業に着手している場合は、この事業の対象とはなりませんのでご注意 ください。(交付決定を受けた年度の2月末までに事業完了報告書が提出できる事業が対象とな ります。)(※詳しくは、ホームページにてご確認ください。)

交付対象者

補助金の交付を受けることができる施行者は、次に掲げる要件を全て満たすもの

・ ブロック塀等の撤去を行う所有者等であること。
・ 同一敷地において、この要綱に基づく補助金の交付を過去に受けたことがないこと。
・ 本市の市税等を滞納していないこと。
・ 補助金の交付を受けようとするブロック塀等の撤去の実施に関する工事の契約を補助金の交付決定の前に締結していないこと。
・ 施行者及びその同一世帯に属する者全員が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する
法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと又はそれらと 密接な関係を有しないこと。

補助対象工事

補助金の交付の対象となる工事(以下「補助対象工事」という。)は、次に掲げる要件を 全て満たすブロック塀の全部又は一部を撤去する工事になります。

・ 朝倉市内にあるブロック塀等であるもの (道路に面する高さが1メートル以上のものに限る。) 〈ブロック塀の全てを撤去する場合〉

・ 要綱の別表に定める基準において40点未満のもの 〈ブロック塀の一部を撤去する場合〉

・ 事業完了後に別表に定める基準において70点以上となるもの

・ 事業完了後にブロック塀等の高さが1.2メートル以下となるもの

・ 建築基準法(昭和25年法律第201号)第42条に規定する道路内に存しないもの

補助金の額

対象工事費の2分の1(1,000円未満切捨て)又は10万9,000円のいずれか 低い額とします。
※申し込み方法等、詳しくはホームページをご覧ください。
https://www.city.asakura.lg.jp/www/contents/1544679703489/index.html

注意事項

◎補助金交付を希望される方は、必ず工事着手前に申請してください。
◎本事業は当該年度の予算が終了次第受付を終了します。
◎この補助制度は、他の補助制度等との併用できません。