八幡浜市の解体費用相場と坪単価

【見積無料】工事会社からの営業電話なし

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

八幡浜市の最安値が分かる!解体費用相場と坪単価

  • -万円
木造住宅-万円 / 坪
鉄骨造住宅-万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

八幡浜市-の構造別工事の見積例(2件中1-2件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所愛媛県八幡浜市
建物種類木造住宅
坪数53.22坪
階層2階建

建物価格:2,196,600円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
2階建空屋解体(人力)53.2230,0001,596,600
2面養生足場等組立1.0120,000120,000
道路狭幅の為人力持出し1.0600,000600,000
産廃分別処分費1.0280,000280,000
諸経費1.0129,830129,830
総合計金額: 2,726,430(税抜)

備考: 道路狭幅の為人力持出し

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所愛媛県八幡浜市
建物種類木造住宅
坪数36.8坪
階層2階建

建物価格:1,458,960円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造2階建解体121.5812,0001,458,960
外部養生足場1.0144,000144,000
総合計金額: 1,602,960(税抜)

【見積無料】工事会社からの営業電話なし

  • 10年で10,000件以上の解体工事をクラッソーネがサポート!
  • 全国の空き家対策を加速させる目的として国交省や地方自治体と連携
  • 安心保証パックで万が一のトラブルにも安心!
※安心保証パックとは
フォーム入力で最大6社に一括見積依頼!
どのような解体をご希望ですか?

八幡浜市の解体工事補助金

八幡浜市老朽危険空家除却事業について

老朽化により倒壊する恐れがあり、周囲に対して被害を及ぼす危険性の高い空き家(住宅に限る)に対して、除却にかかる費用の一部を補助します。
※老朽危険空き家除却判定審査会により補助対象となる空き家かどうか判断します。
※申込多数の場合は、上記審査会において緊急性が高いと判断したものを優先します。

募集戸数

35戸(先着ではありません。)

募集期間

令和4年4月11日(月)~令和4年5月20日(金)

補助対象となる空き家

・八幡浜市内の空き家であること。(長屋を含む)
・老朽危険度が市の定める基準を満たし、仮に倒壊した場合、道路に悪影響を及ぼすもの。
※不良度の測定基準において100点以上の住宅であり、かつ、沿道・接道要件を満たすもの。
・他の補助金などの交付金を受けていないこと。
・公共工事による補償の対象となっていないこと。

申込資格

・空き家の所有者、相続権者等であること。
・市税の滞納がないこと。

補助対象工事

・補助対象となる空き家全部の除去及び処分。
(家財道具、機械、車両等の処分は除く)
・除却工事の施工者は、市内に本店・支店又は営業所を置いている者に限る。

補助率及び補助上限額

・除却工事費用の4/5以内
・補助限度額80万円(大島地区に限り160万円)
※延べ面積1平方メートルあたりに換算した単価の査定があります。

除却後の要件

・除去撤去後1年を経過しないうちに住宅等の建築や当該敷地の譲渡を行わないこと。
・土砂等の流出や雑草の繁茂等、地域の居住環境を阻害しないよう、跡地の適正管理を行うこと。

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。
自治体ホームページはこちら

ブロック塀等安全対策事業(除却・新設)

対象となるブロック塀等

老朽危険度及び道路への悪影響の程度が市で定める基準に満たすもの
※申し込み(募集期間:令和4年4月1日~同5月27日)後、職員が現地調査を行い判定します。審査により補助決定を行うため、着工可能な時期は7月初旬以降となる予定です。

補助対象者

対象となる住宅の所有者(親子関係含む)等で市に対する税の滞納が無い者

補助金の額

補助対象額(8万円/m以内)の3分の2(限度額30万円)

募集期間

令和4年4月1日~同5月27日
※診断申込に対する交付決定総額が予算額を下回った場合は、随時受付となります。

対象件数

予算の範囲内

※申し込み方法等、詳しくは自治体のホームページをご覧ください。