宇和島市の解体費用相場と坪単価

10社の口コミと最安値が瞬時に分かる!

ご自身の解体費用を
調べてみませんか?

くらそうねなら、オンラインで
各社の予想工事金額を
調べることができます。

宇和島市の解体費用相場

  • 坪単価: 3.6万円
  • (価格幅: 2.9万円から4.3万円)
木造住宅3.1万円 / 坪
鉄骨造住宅3.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

宇和島市の構造別工事の見積例(2件中 1-2件を表示)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所愛媛県宇和島市
建物種類木造住宅
坪数15.13坪
階層1階建

建物価格:448,850円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
解体工事に要する費用 本体解体工事費 木造平屋建50.02,000100,000
解体工事に要する費用 分別解体費50.01,80090,000
解体工事に要する費用 重機回送費2.018,00036,000
仮設費 丸太足場養生 北面54.075040,500
運搬費 運搬車輛(2t車)28.04,800134,400
特定建設資材廃棄物の再資源化等に要する費用 木くず24.73,50086,450
特定建設資材廃棄物の再資源化等に要する費用 コンクリートがら7.62,50019,000
その他の産業廃棄物処理費 紙くず(障子、襖)0.43,5001,400
その他の産業廃棄物処理費 繊維くず(畳)1.04,5004,500
その他の産業廃棄物処理費 廃プラスチック類0.25,5001,100
その他の産業廃棄物処理費 金属くず(スクラップ)1.22,5003,000
その他の産業廃棄物処理費 混合廃棄物2.04,5009,000
付帯工事(撤去処分物等) 下屋(さし掛け)12.03,50042,000
付帯工事(撤去処分物等) 屋根裏残材類 2t車1.030,00030,000
諸経費 事務手数料 近隣挨拶、マニフェスト管理等1.030,00030,000
資源循環促進税相当額1.05,0005,000
値引き1.0--2,350-2,350
総合計金額: 630,000(税抜)

お見積結果

  • 重機解体
  • 手解体
工事住所愛媛県宇和島市
建物種類木造住宅
坪数15.0坪
階層1階建

建物価格:640,000円(税抜)※建物以外の付帯工事や諸経費を除く

品名数量単位単価金額
木造解体工事1.0640,000640,000
調整1.0--1,904-1,904
総合計金額: 638,096(税抜)

ご自身の解体費用を
調べてみませんか?

くらそうねなら、オンラインで
各社の予想工事金額を
調べることができます。

宇和島市の解体工事補助金

老朽危険空家除却事業補助金

老朽化等で放置すれば倒壊につながるおそれがあり、周辺の生活環境の保全を図る観点から放置することが不適切である状態にある空家に対して、除却費用の一部を補助。

対象 空き家

・市内にあり居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの
・住宅地区改良法に基づく不良度判定で評点の合計が100以上となるもの
・建物が立ち並ぶ沿道にあり倒壊すれば敷地と道路との境界線を越え、避難等に支障をきたすおそれがあり、次の各号のいずれかに該当する住宅
(1)地域防災計画による「緊急輸送道路」または「避難路」の沿道に位置する住宅
(2)耐震改修促進計画に位置づけられた「避難路」の沿道に位置する住宅
(3)津波避難計画に位置づけられた「避難路」の沿道に位置する住宅
(4)建築物(住宅等)が立ち並んでいる道の沿道に位置する住宅

対象者

・空家の所有者、相続権者等(法人を除く)
・市税等に滞納がない者

対象工事

・工事に要する費用が50万円以上であること
・建設業法に基づく土木工事業、建築工事業または解体工事業の許可、または建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律に基づく解体工事業の登録を受けている市内の業者が施工するもの

補助金の額

補助対象経費の5分の4以内(上限80万円)

※申し込み方法等、詳しくは宇和島市ホームページをご覧ください。
https://www.city.uwajima.ehime.jp/soshiki/29/akiyajokyakuhojo.html

注意事項

・令和元年度の受付期間は終了している。(・事前調査申請書の募集期間及び提出先:令和元年6月3日から令和元年7月5日の期間内に申請書を建築住宅課まで)
・助金の交付を受けようとする人は事前調査申請書を提出すること。
・申請書は建築住宅課の窓口で配布される。
・募集戸数:15件(先着順ではない。15件を超える場合は緊急性の高いものから補助を行う。)

ブロック塀等の除却等支援

地震発生時における歩行者への被害を防止する観点から、市内全域でコンクリートブロック塀等の改善工事費の一部を補助。

対象 ブロック塀等

(1)補強コンクリートブロック造または組積造(レンガ造、石造、コンクリートブロック造等)の塀
(2)道路または地表面から対象物の上端部までの垂直距離が0.8m以上であるもの
(3)避難路沿道等に面するもの
・緊急輸送道路(危機管理課または建築住宅課にて確認できる。)
・通学路(教育総務課にて確認できます。)
(4)避難路沿道等以外の道路または公園等に面するもの
・道路法に基づく道路
・建築基準法に基づく道路
・都市計画法に基づく公園及び市が管理する児童遊園等
・重要な施設や指定避難所
・その他市長が必要と認めるもの
(5)安全対策が必要と判断されたブロック塀等

対象者

・市内のブロック塀等の所有者
・納期の到来した市税を完納している方

補助金の額

(1)ブロック塀等の延長(m)×8万円
(2)実際の工事費(除却費+建て替え費)

上記1.と2.を比較し、少ない額の3分の2以内の額とし、限度額30万円
※ただし、避難路沿道等以外については、3分の1以内の額とし、限度額15万円

※申し込み方法等、詳しくは宇和島市ホームページをご覧ください。
https://www.city.uwajima.ehime.jp/soshiki/29/mokutaisin-kinkyusien.html

注意事項

・補助金代理受領制度の選択が可能。
・受付期間:平成31年4月1日~令和2年1月31日
・受付は先着順。予算がなくなり次第終了する。

被災者生活再建支援制度

平成30年7月豪雨により住宅被害があった被災世帯の世帯主に対し、支援金が支給される。

※被災者生活再建支援金:被災者生活再建支援法に基づき支給される国の支援金
被災者生活再建緊急支援金:住宅被害があった被災世帯を対象に支給する県・市の支援金

対象者

~被災者生活再建支援金の場合~
(1) 住宅が「全壊」した世帯
(2) 住宅が「半壊」または住宅の敷地に被害が生じ、その住宅をやむを得ず解体した世帯
(3) 住宅が「大規模半壊」した世帯

~被災者生活再建緊急支援金の場合~
(1) 住宅が「全壊」した世帯
(2) 住宅が「半壊」または住宅の敷地に被害が生じ、その住宅をやむを得ず解体した世帯
(3) 住宅が「大規模半壊」した世帯
(4) 住宅が「半壊」した世帯
(5) 住宅が「床上浸水」した世帯

補助金の額

支給額は、居住する住宅の被害程度に応じて支給される基礎支援金と、住宅の再建方法に応じて支給される加算支援金の合計額になる。
※世帯人数が1人の場合は、該当金額が4分の3の額。

~基礎支援金(住宅の被害程度に応じて支給する支援金)~
・全壊・解体:100万円
・大規模半壊:50万円

~愛媛県・市独自の特別支援金(上記支援金に加え以下の特別支援金が支給される。)~
・全壊・解体:75万円
・大規模半壊:75万円
・半壊:37.5万円
・半壊に至らない床上浸水:22.5万円

~加算支援金(住宅の再建方法に応じて支給する支援金)~
・建設・購入:200万円
・補修:100万円
・賃借(公営住宅を除く):50万円

※申し込み方法等、詳しくは宇和島市ホームページをご覧ください。
https://www.city.uwajima.ehime.jp/soshiki/18/seikatsusaiken.html

注意事項

・受付期限
被災者生活再建支援金(基礎支援金):令和2年3月31日
被災者生活再建支援金(加算支援金):令和3年8月4日
被災者生活再建緊急支援金(特別支援金):令和2年3月31日

相場より安い費用で工事を行うためのポイント! "地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

解体費用の相場はいかがだったでしょうか?一般的に、同じ条件であっても業者によって費用が3割程度変動することは珍しくありません。解体工事を成功させるためのポイントは

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

地元で最安値の業者を探す

国内最大級

  • 月間利用者数17万人以上
  • 登録解体工事会社800社以上
顧客満足度91.2%
工事取扱い高40億円
ご相談件数50,000件以上
※1 ユニークブラウザー数※2 くらそうねサービス全体の利用者数

「手間を掛けずにコストを削減したい」
という方はお気軽にご活用ください!

お客様の個人情報はプライバシーマーク制度及びISMSに準拠して安全に管理されます。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00