丹羽郡大口町の解体費用相場と坪単価

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

丹羽郡大口町の解体費用相場

  • 坪単価: -万円
  • (価格幅: -万円から-万円)
木造住宅3.1万円 / 坪
鉄骨造住宅3.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

口コミの良い工事会社に
一括見積依頼しませんか?

丹羽郡大口町の解体工事補助金

空家の除却に関する補助制度

 平成31年度から大口町内にある空家のうち、管理不全の空家で倒壊や建築材の飛散の恐れのある危険な住宅(不良住宅)の除却を推進することによって、地域住民の安全な生活環境を確保する目的として、「危険空家除却費補助金」を実施します。

対象 

以下のいずれかに該当すること。
(1)住宅地区改良法に規定する不良住宅であり、かつ延べ面積の2分の1以上が居住用である木造住宅(住宅の不良度の判定基準による評点100点以上)であること。
(2)住宅以外の建築物もくしは木造住宅以外の住宅で、町長が定める判定基準または大口町空家等対策協議会で危険空家と判断された建築物

対象工事

対象となる危険空家を除却する工事で、大口町内に事務所を有する事業者が行う工事とします。
 ただし、建設リサイクル法に基づき、適正な分別除却、再資源化等を実施するものに限ります。
 また、他の制度に基づく補助金等の交付を受けたことがないものに限ります。

補助金の額

対象となる工事の額に5分の4を乗じて得た額とし、上限40万円とします。
なお、補助金の額に1,000未満の端数があるときは切り捨てた額とします。
平成36年4月1日以降は、上限20万円になります。

※申し込み方法等、詳しくは大口町ホームページをご覧ください。
https://www.town.oguchi.lg.jp/5384.htm

注意事項

・補助金の交付決定通知を受け取る前に除却工事に着手した場合、補助対象となりません。
・補助金の交付は1敷地1回限りです。敷地の中に危険空家以外の樹木や工作物が残る場合は、適正な管理を行う必要があります。
・除却後の活用を検討される場合は、空家総合相談窓口をご活用ください。
この補助金の交付は1敷地について1回限りです。

ブロック塀等の撤去費補助

突然の大地震でご自宅のブロック塀が倒壊し、家族や通行人にけがをさせたり、道路をふさいで避難や緊急車両の通行ができず、多くの人が二次災害に巻き込まれたりしないよう、この機会にブロック塀等を撤去しようとする方を対象に、撤去工事費用の一部を補助します。

対象 

1 専門家や役場職員による診断の結果、建築基準法施行令の基準を満たしていない、または明らかに安全性を欠く塀であると判定された(役場が定めた様式による判定)
2 塀が大口町内にある
3 塀が道路等に面している
4 塀の高さ・長さがそれぞれ1メートル以上ある
5 塀がコンクリートブロック造またはレンガ・大谷石などの組積造である

対象者

対象となるブロック塀等を所有している方(所有者から委任をされた方を含みます。)で、解体業者等に撤去工事を依頼し、当該ブロック塀等の全部または一部を撤去する方

対象工事

原則、ブロック塀等の全部を撤去していただきます。

補助金の額

(1)または(2)のうち、いずれか少ない額に2分の1を乗じて得た金額
 (1) ブロック塀等の全部又は一部の撤去工事に要する費用
 (2) ブロック塀等の長さの延長に1m当たり1万円を乗じて得た金額
※限度額は10万円です。千円未満の端数は切り捨て。

※申し込み方法等、詳しくは大口町ホームページをご覧ください。
https://www.town.oguchi.lg.jp/5222.htm

注意事項

※必ず、撤去工事に取り掛かる前に申請してください。
※一部を撤去することで安全性を確保できる場合は、高さが1m未満としていただきます。
※撤去後再度ブロック塀等を設置される場合は、必ず建築基準法施行令に規定する基準及び町が定めた基準に適合するブロック塀等にしていただきます。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00