長久手市の解体費用相場と坪単価

10社の口コミと最安値が瞬時に分かる!

ご自身の解体費用を
調べてみませんか?

くらそうねなら、オンラインで
各社の予想工事金額を
調べることができます。

長久手市の解体費用相場

  • 坪単価: -万円
  • (価格幅: -万円から-万円)
木造住宅3.1万円 / 坪
鉄骨造住宅3.4万円 / 坪
RC造住宅-万円 / 坪
アパート・長屋-万円 / 坪
ビル・マンション-万円 / 坪
店舗・工場-万円 / 坪
内装解体-万円 / 坪
その他解体-万円 / 坪

※掲載している見積金額は、当サイトが個別に取得した実際の見積書を元に作成しています。

ご自身の解体費用を
調べてみませんか?

くらそうねなら、オンラインで
各社の予想工事金額を
調べることができます。

長久手市の解体工事補助金

木造住宅除却工事費補助制度

自己所有の旧基準木造住宅(昭和56年5月31日以前に着工された在来軸組構法及び伝統構法の戸建て)の除却工事を行う方に対し、予算の範囲内においてその工事に要する費用の一部を補助。

対象木造住宅

※以下のすべてに該当する木造住宅であること。

・前年度までに長久手市が実施した無料耐震診断で判定値が1.0未満と診断された旧基準木造住宅。
・財団法人愛知県建築住宅センターが実施した耐震診断で得点が80点未満と診断された旧基準木造住宅。
・延べ床面積30平方メートル以上の住宅。
・過去に長久手市民間木造住宅耐震改修費補助金交付要綱又は長久手市民間木造住宅耐震シェルター整備費補助金交付要綱による補助金の交付を受けたことのない住宅。

補助金の額

上限20万円

※申し込み方法等、詳しくは長久手市ホームページをご覧ください。
https://www.city.nagakute.lg.jp/keikaku/sumai/taishin/taishinjokyaku.html

注意事項

・旧基準木造住宅の所有する方であること。(現にその建物に居住する者で所有者の同意が得られるものを含む。)
・市税(市民税、固定資産税、軽自動車税、都市計画税、国民健康保険税)の滞納をしていないこと。
・暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。
・補助対象住宅を全て解体し、運搬し、及び処分する除却工事が対象。
・適正な分別解体、再資源化等を実施すること。
・2月末日までに除却工事を完了すること。
・工事契約及び工事着手は交付決定通知後にすること。(補助対象経費に係る契約締結後は補助金の交付申請ができない。)
・工事内容を変更する場合は、必ず工事前に都市計画課に相談し、変更承認申請書を提出すること。

ブロック塀等撤去費補助事業

市民の生命、身体及び財産を地震による災害から保護するため、ブロック塀等の撤去を実施するものに対し、一定の要件に基づき、予算の範囲内においてその工事に要する費用の一部を補助するものです。

対象 

以下のすべてに該当するブロック塀等が補助の対象となります。
市内の道路等に面するブロック塀等を当該所有者等が撤去する工事。
道路等からの高さが1メートル以上のもの又は道路等と敷地地盤面の高さが異なる場合は、道路等からの高さが1メートル以上かつ敷地地盤面からブロック塀等の高さが20センチメートル以上のブロック塀等を撤去するもの。
一団の土地における道路等に面するブロック塀等は原則としてすべて撤去するもの。

補助金の額

補助金額は、撤去に要した経費と撤去したブロック塀等の面積に1平方メートル当たり10,000円を乗じて得た額のいずれか少ない額の2分の1の額とし、200,000円を限度とします。

※申し込み方法等、詳しくは長久手市ホームページをご覧ください。
https://www.city.nagakute.lg.jp/keikaku/toshiseibi/block-bei.html

相場より安い費用で工事を行うためのポイント! "地元の優良業者から相見積を取ってみよう"

解体費用の相場はいかがだったでしょうか?一般的に、同じ条件であっても業者によって費用が3割程度変動することは珍しくありません。解体工事を成功させるためのポイントは

  • 同じ条件で相見積もりを取る
  • 見積書の内容を詳細まで精査する
  • 好条件の業者に値段交渉をする

等が挙げられます。まずはお近くの業者を探して、相見積を取ってみましょう。

地元で最安値の業者を探す

国内最大級

  • 月間利用者数17万人以上
  • 登録解体工事会社800社以上
顧客満足度91.2%
工事取扱い高40億円
ご相談件数50,000件以上
※1 ユニークブラウザー数※2 くらそうねサービス全体の利用者数

「手間を掛けずにコストを削減したい」
という方はお気軽にご活用ください!

お客様の個人情報はプライバシーマーク制度及びISMSに準拠して安全に管理されます。

フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00