解体工事のプロセス

図の工程表が解体工事の大まかな流れになります。
解体工事会社の工事の空き状況のによってはすぐに工事に入れない可能性がありますので、解体工事を完了されたい3~4か月前には見積もり依頼を済ませるようにする事がベストです。

解体工事前

工事会社が解体工事を出来るようになるまでの流れをご説明いたします。
こちらが完了していないと工事会社は解体工事を着手する事が出来ません。

見積もり~契約

解体工事会社へ見積もり依頼をし、おおよそ1週間程度で見積書が提出されます。
見積書が手元に届きましたら、ご希望に沿う解体工事会社へ解体工事の依頼をします。
どんな小さな工事であっても、トラブルを防ぐため契約書を締結する事が必要です。
契約書で記載されている内容に間違いが無いかご確認ください。
お支払いは解体工事会社によりますので、契約のタイミングで解体工事会社と話し合いの上お決めください。

申請書類の提出

80㎡以上の解体工事をする際に必要なリサイクル法の届出、場合によっては、道路使用届出、騒音、振動届出、歩道占有届出等の提出が必要となります。
ほとんどの場合は代理で解体工事会社から提出してもらえます。
また、マニフェストの提出も解体工事会社が行っております。

解体工事の準備

お客様ご自身で解体工事までに残置物(不用品)の処分及び、ライフラインの停止が必要です。
残置物の処分はご自身で行っていただかなければなりません。

「くらそうね」では、不用品処分を専門とする業者をご紹介可能です。
ぜひご活用くださいませ。

引込配管、配線の撤去の手配

電気、ガス、電話、ケーブルテレビ、セキュリティサービスをお客様ご自身で停止のご連絡をする必要がございます。
遅くとも工事の一週間前には各契約会社へ連絡してください。。
水道は停止する必要ございません。解体工事をする際に粉塵が舞わないための散水で使用いたします。

また、解体工事の際、騒音、振動、ホコリなど、近隣の方には様々な迷惑をかけることになりますので、近隣挨拶も行う事が一般的です。
解体工事会社とお客様でご挨拶されることが望ましいです。

解体工事中

解体工事中の工事会社が行っている作業をご説明いたします。
近隣への配慮をし、きちんと分別しながら解体工事を行っています。

外構の解体

外構の解体

まず、重機の搬入や足場・養生の設置をするため、カーポートや樹木、ブロック塀などお外回りの解体・撤去を行います。

足場・養生の設置

足場・養生の設置

騒音や粉じんによる近隣へのご迷惑を軽減するため足場・養生を設置します。

屋根・内装の解体

屋根・内装の解体

断熱材、建具、畳、サッシ、瓦、内部造作、石膏ボードなど屋根と建物内部で解体が出来る全て物を手作業で解体します。

建設リサイクル法により分別が義務付けられているため、とても重要な作業になります。
こちらの作業をせずに重機で解体をしている解体工事会社は違法となります。

建物本体の解体

物本体の解体

壁、梁、柱などの主要構造物を解体します。粉塵が舞わないよう散水をして解体を行います。

重機を使用し、解体する事が一般的ですが、立地条件により手作業での解体工事を行う場合があります。
その場合は費用が多く掛かる事を想定しておきましょう。

建物基礎の解体

建物基礎の解体

建物基礎を解体します。
近年の建物であればコンクリートと鉄筋を使用し強度を高めている事が多いため、騒音・振動が大きくなります。
その後、分別し、建物解体で出た産業廃棄物の運搬を行います。
産業廃棄物収集運搬許可を所有している工事会社しか運搬は出来ません。

建物の解体工事が完了したら、地中にコンクリートガラやお皿などが埋まっていない事を確認します。
地中埋設物は土地を掘り起こしてからでないと有無や量の確認が出来ないため、追加費用となります。

整地

整地

解体工事で掘り起こされた土地を平らに整備していきます。 以上で解体工事は完了です。

解体工事後

解体工事後は解体工事会社より引き渡しを受けた後、滅失登記を行う必要があります。

引き渡し

整地

解体工事が完了したら、解体工事会社とお客様の立会の元、引き渡しを受けましょう。
その際、契約内容と作業の相違が無いか確認ください。

滅失登記申請

滅失登記申請

解体工事後は登記簿に登録している建物が無くなった事を登記する申請になります。
必要書類の取り壊し証明書、マニフェストを発行してもらいましょう。
1か月以内に法務局へ申請する事が義務付けられています。
家屋調査士への依頼代金3~4万円程ですが、「くらそうね」ではご自身で滅失登記を進められるようにアドバイスをしています。

この記事を書いた人

くらそうね運営

くらそうね運営

この作者の記事一覧

解体工事をお考えですか?
それなら…

  • 顧客満足度91.2%
  • 工事取扱高40憶円
  • ご相談件数50,000件以上

くらそうね解体

手配を手軽に、費用を安く!
解体工事の一括見積もりサービス

国内最大級!月間利用者数17万人以上!登録解体工事会社800社以上!
解体工事会社の見積もり比較サービス

【無料】見積もり開始

こちらの記事も読まれています

人気の記事

  1. コロナ禍の解体工事への影響による変化は?お得に解体するなら今!注意点は?
  2. 空き家を解体をすべきか否か?相続予定の方が知るべきポイント
  3. アスベスト大気汚染防止法改正時の解体工事の影響はどうなるか?
  4. アスベストの有無を築年数・築何年かで判断できますか?
  5. アスベストの撤去・除去に掛かる費用はいくらぐらいですか?
  6. 古い建物を解体すると、土地の固定資産税も変わると聞いたのですが、本当でしょうか?
  7. 空き家などの譲渡にかかる3,000万円控除の特例
  8. 空き家は売却した方がいい? 売却しやすくするポイントや注意点を解説
  9. 亡くなった両親(父・母)が住んでいた家を壊すことになりました。未相続なのですが解体は可能ですか?
  10. 解体工事の見積もり前に現場立会いを行うメリット
  11. 抵当権のついた建物・住宅を解体できますか?
  12. 隣家の外壁がない場合、補修費用も負担する必要がありますか?
  13. 木造古民家に使われている古材を買い取ってもらえるのでしょうか?
  14. 単独・合併浄化槽の汲み取り費用はどれくらいかかるのでしょうか?
  15. 「解体工事費用が他社と比べて80万円もお安くなりました!」 長崎県諫早市 木造住宅の解体工事 N様
  16. 工事前の近隣あいさつ文の書式は?
  17. 滅失登記の時期、方法、費用を教えてください。
  18. 解体工事をする際、登記等の手続きや申請にはどんなものがあるの?

地域の解体工事事情を見る

\ 解体工事は /
「くらそうね」に
お任せください!

  • コストダウン

    工事会社と直接契約で工事費用の
    コストダウンが可能!

  • 最良の工事会社

    相見積もりで最良の工事会社
    簡単に出会える!

  • サポート窓口

    分からないことを相談できる
    サポート窓口も有り!

AIの予想金額を見る・電話相談可