フリーダイヤル0120-479-033
平日9:00-18:00

解体工事会社に必要な許可は何かありますか?

これから解体工事業者を探そうと考えています。中には違法業者やもぐりの業者がいるので注意をと聞いたのでそのような業者を避けたいのですが、それを判断するために、解体業者が所有すべき許可を知っておきたいと思います。解体工事を行うのに必要な許可にはどんなものがありますか?

必須の許可は建設業許可か、解体工事業登録のどちらか一方です。また、あるとより良い許可として、産業廃棄物収集運搬業許可、産業廃棄物処分業許可、一般廃棄物収集運搬業許可が挙げられます。

必須の許可

解体工事を行うにあたって、次のどちらかの一方が必須になります。

建設業許可

建設業法によって定められた28種類の業種のうち、土木工事業、建築工事業、とび・土工工事業のどれかが必要になります。この許可を保有していれば請負金額の制限なく、解体工事が可能です。

解体工事業登録

建設リサイクル法で定められた、都道府県知事の解体工事業登録です。この許可を持っていれば、税込み請負金額500万円未満の工事に限り請け負うことができます。

持っているとより良い許可

下記の許可に関しては工事にあたって必須ではありませんが、持っているとより良い許可であるといえます。

産業廃棄物収集運搬業許可

他人が排出した産業廃棄物の運搬を業として営むための許可です。解体工事会社が自社で取り壊しを行った場合、解体工事会社が排出事業者としてみなされるためこの許可は必要ではありません。しかし、業者の指標を計るための水準の一つであり、持っていた方がより良いと言えます。

産業廃棄物処分業許可

他人が排出した産業廃棄物の処分を業として営むための許可です。この許可を持っているということは、十分な処理施設を持っているということにつながるため、自社での処分が可能な業者だといえます。工事を一本化できれば、より合理的に工事を進めることができ、見積り費用も割安になることがあります

一般廃棄物収集運搬業許可

建物内のタンス・食器棚・ベッドといった家具や、テレビ・エアコン・冷蔵庫といった家電製品は一般廃棄物に分類され、収集運搬を業として営むためには一般廃棄物収集運搬業許可が必要になります(産業廃棄物収集運搬業許可では不可)。解体工事会社に残置物撤去を依頼した場合、一般廃棄物収集運搬業者に発注をするか、詰め込みのみを解体工事会社が行い収集運搬は外注することが多いです。しかし、この許可を持っていれば自社での一環施工が可能となるため、より効率的です。

同義語:必須,不可欠,免許,認可,ライセンス,法的,法律上,義務,教えて,知りたい

https://kaitai-takumi.com/qa/343/

解体工事をお考えですか?
それなら…

  • 顧客満足度91.2%
  • 工事取扱高40憶円
  • ご相談件数50,000件以上

くらそうね解体

手配を手軽に、費用を安く!
解体工事の一括見積もりサービス

国内最大級!月間利用者数17万人以上!登録解体工事会社800社以上!
解体工事会社の見積もり比較サービス

無料一括見積もり

こちらの記事も読まれています

人気の記事

  1. アスベストの有無を築年数・築何年かで判断できますか?
  2. アスベストの撤去・除去に掛かる費用はいくらぐらいですか?
  3. 古い建物を解体すると、土地の固定資産税も変わると聞いたのですが、本当でしょうか?
  4. 空き家などの譲渡にかかる3,000万円控除の特例
  5. 空き家は売却した方がいい? 売却しやすくするポイントや注意点を解説
  6. 亡くなった両親(父・母)が住んでいた家を壊すことになりました。未相続なのですが解体は可能ですか?
  7. 抵当権のついた建物・住宅を解体できますか?
  8. 木造古民家に使われている古材を買い取ってもらえるのでしょうか?
  9. 単独・合併浄化槽の汲み取り費用はどれくらいかかるのでしょうか?
  10. 「解体工事費用が他社と比べて80万円もお安くなりました!」 長崎県諫早市 木造住宅の解体工事 N様
  11. 工事前の近隣あいさつ文の書式は?
  12. 滅失登記の時期、方法、費用を教えてください。
  13. 解体工事をする際、登記等の手続きや申請にはどんなものがあるの?
  14. 隣家の外壁がない場合、補修費用も負担する必要がありますか?

\ 解体工事は /
「くらそうね」に
お任せください!

  • コストダウン

    工事会社と直接契約で工事費用の
    コストダウンが可能!

  • 最良の工事会社

    相見積もりで最良の工事会社
    簡単に出会える!

  • サポート窓口

    分からないことを相談できる
    サポート窓口も有り!

解体工事について相談してみる